野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ミコアイサ ( 41 ) タグの人気記事


2016年 03月 29日

ミコアイサ Ⅶ



その1

d0290240_22120264.gif



その2

d0290240_22122953.gif



その3

d0290240_22124786.gif



その4

d0290240_22130617.gif



その5

d0290240_22132362.gif



その6

d0290240_22134246.gif



その7

d0290240_22135554.gif



その8

d0290240_22140525.gif



その9

d0290240_22141786.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

   今日は久しぶりフィールドに出ています、成果は後日に。
   鳥撮りは
   行かなければ、鳥が居るところでなくては、鳥が居る時間でなくては
   そんな事を思っていても出てくれないのです。
   しかし撮っています私は、人の居ない時間に。



   日の出直後の光はまぶしい、鳥は起きたばかりで寝ぼけ眼。

d0290240_13393699.gif



d0290240_13401009.gif



d0290240_13405514.gif



d0290240_13412566.gif





by ichibannori | 2016-03-29 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 03月 20日

ミコアイサ Ⅵ



その1

d0290240_08131581.gif



その2

d0290240_08132976.gif



その3

d0290240_08134190.gif



その4

d0290240_08135662.gif



その5

d0290240_08141135.gif



その6

d0290240_08142334.gif



その7

d0290240_08143672.gif



その8

d0290240_08145941.gif



その9

d0290240_08151413.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

   元々鳥撮りは休み、風が強い、鳥達は風を避けて静かに下草でも
   摘まんで居る事だろう。この時期一雨ごとに暖かくなり、
   みどりが形成されてる。
   
   珍鳥追っ掛け隊のみなさんの、検討を祈って、
   10年分の絵の編集は続く。
   明日も旗日もどきか !

  
d0290240_09514416.jpg




by ichibannori | 2016-03-20 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 03月 07日

ミコアイサ Ⅴ

美しき湿原のミコアイサです、ビーク時には雄が六羽居たんです。
しかし今年は雌は見かけませんでした。
この場所ではなかなか近くには来ませんが、よく飛んで場所を移します。
図鑑の解説でも、そのような事が記述されていました。
近くのミコアイサは他の場所で撮れたので、こんなカットを載せるのも余裕です。
美しき湿原の真骨頂で水は清く広大でシャッターを押せない時でも至福の半日を過ごせます、

アリスイの時の表現で「日本一の背景」と記述し、ブロクを見て頂いた方から、日本一の背景って、どんなのか見てみたいと有りました。
一見さんは広いな、遠いなで、待ち時間なしで帰るんです。
MFに、こよなく通い最低半日も居ると見つかるんです。



その1

d0290240_21490492.gif



その2

d0290240_21491889.gif



その3

d0290240_21494403.gif



その4

d0290240_21495793.gif



その5

d0290240_21501142.gif



その6

d0290240_21502729.gif



その7

d0290240_21503898.gif



その8

d0290240_21510722.gif



その9

d0290240_21512126.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

  今日の天気、出ばなを挫かれた。
  近場でも撮れる水辺の鳥に凝っています。
  湿原ではピーク時、白い鳥で賑います。どれがどれだか、遠くでは同じように見えます。
  カンムリカイツブリ、ミコアイサ、ダイサギ、ユリカモメ、カンムリなんどは20羽も居ました。
  これから夏羽になると一変するカンムリカイツブリを探しに行きたい。



  自分では永久保存版の仲間に入れた三枚

d0290240_09591249.gif



d0290240_09594114.gif



d0290240_10001274.gif



  もっと解像していれば、なにせ遠い

d0290240_10004463.gif






by ichibannori | 2016-03-07 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 03月 02日

ミコアイサ Ⅳ



その1

d0290240_17142505.gif



その2

d0290240_17143709.gif



その3

d0290240_17144877.gif



その4

d0290240_17150102.gif



その5

d0290240_17151222.gif



その6

d0290240_17152106.gif



その7

d0290240_17153018.gif



その8

d0290240_17154142.gif



その9

d0290240_17155258.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

   今シーズンのウソは稀にしか見られませんでした。
   作品集としては載せることはできませんでした。


d0290240_20155903.gif



d0290240_20164700.gif



d0290240_20170774.gif





by ichibannori | 2016-03-02 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 02月 25日

ミコアイサ Ⅲ

晴れた日の七色の背景は早起きの特権だ。
日の出から一時間色々変化する、鳥も泳ぎ、位置を変え(結構早い)黄金色だけではない。
背景を黒っぽくするのは曇天の時、マイナス補正で良い感じになる。
一時間が過ぎるとバーダーも多くなり、立ち位置が制限され、明るい絵を狙う。
鳥も動き回り、休憩タイムに入るまでが撮影時間か。



その1

d0290240_15095580.gif



その2

d0290240_15100888.gif



その3

d0290240_15102012.gif



その4

d0290240_15103262.gif



その5

d0290240_15104696.gif



その6   一番のお気に入り

d0290240_15105753.gif



その7

d0290240_15113840.gif



その8

d0290240_15115029.gif



その9

d0290240_15120361.gif


上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

天気予報を信用して外を見ると屋根に雪が、柳の下の泥鰌を探しにMFに一番乗りをしたが、
鳥が見当たらないが、アトリ、ルリビタキを撮り、鳥友の情報により隣の市に移動して、
イカルの大群を撮ることが出来た。
鳥友何人かに情報を引き継いたが、コイカルが居なければとか、何んだ、
私はイカルで十分だが、人それぞれなのか。




   雪がらみのアトリ、五万羽ではないですけれど

d0290240_16315761.gif




  2~300の群れ、この位ですと鳥に見えます

d0290240_16334996.gif




   お気に入りです

d0290240_16352211.gif





d0290240_16361004.gif





d0290240_16363598.gif





d0290240_16365429.gif






by ichibannori | 2016-02-25 17:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 02月 20日

ミコアイサ Ⅱ

ミコアイサもライフワークになりました。
思い入れが有るので小さい絵は撮りたくなかった。
湿原に今シーズンも早めに来たが遠くてパスをしていた。
昨年も隣の県で満足していて期待したが中々情報がなく心配していたが、
最近鳥友から連絡が入り行くことが出来た。
あとは天気次第と思っていたが、取りあえず顔を見に、そして次は天気の良い日に
撮ることが出来た。
昨シーズンとは趣の違う絵が撮れて満足出来た。

最新情報によると一週間で抜けたようだ。



その1   都市公園の池は周りより一段低い位置にあり遊歩道、街路樹、周辺の人工物、
      散歩の人たちが映り込み生活感を醸し出す生きている空間

d0290240_22362064.gif



その2

d0290240_22371848.gif



その3 絵に時間の経過が、消灯前の水銀灯の映り込み

d0290240_22373017.gif



その4

d0290240_22374509.gif



その5   昨年から狙っている前ボケの紅梅

d0290240_22375635.gif



その6

d0290240_22380720.gif



その7

d0290240_22382050.gif



その8

d0290240_22383224.gif



その9   鮮やかな背景は散歩する人たちの衣服の色、好んで取り入れる

d0290240_22384386.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

   今回のミコアイサの滞在は短った。
   いつも一番乗りでの鳥探しは緊張する、車で目的地に向かう時から、
   果たして居るかと考えながら到着するのだ。
   道具を出す前に鳥を探しに行き居ると安心し、いそいそと道具のセッティングをする。
   緊張する夜明け前の時間である。
   二度目の撮影は建国記念の日である、晴天の微風、願ってもない日であり、
   バーダーが大勢来る前に沢山撮ることが出来た。
   大勢になると理想の立ち位置が取れない。
   その次の日には抜けたという、居るときに撮らねば、毎度のことであった。


   コミミズクは風が強くなると飛ばない、果たして今日はどうであったか。


d0290240_08265062.gif



d0290240_08270445.gif



d0290240_08261456.gif






by ichibannori | 2016-02-20 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 02月 11日

水鳥の楽園に再挑戦

先日のミコアイサは曇りのうえ風が有り、撮れただけでは満足できず再挑戦した。
暗いうちに駐車場に着くと見慣れた白い車、よく見ると鳥友のトリサんが到着しているではないか。
さすが鳥は早い。
二人で暗い中、ミコアイサを探すがすぐには発見できなかった。
そのうち双眼鏡で確認し、今日も居てくれたかと、安堵する。
快晴で微風、映り込みが美しく堪能した。
トリさんは餌が無くなったのか、9時には、ご帰宅のようだ。
休日バーダーも多くなり、満足の鳥撮りで昼前に県境を渡る。
何時もの事だが、許されれば同じ場所には三回は行きたいところだ、




その1   毎度の事だが、一番乗りは鳥探しから、居てくれてほっとする

d0290240_15024329.gif



その2

d0290240_15031366.gif



その3

d0290240_15032317.gif



その4

d0290240_15033532.gif



その5

d0290240_15034859.gif



その6

d0290240_15040061.gif



その7   繁殖時期の前兆の動きが

d0290240_15041160.gif



その8   先日はこの下で新婚さんの写真撮影

d0290240_15042161.gif



その9   ここではマスコット扱いか

d0290240_15043429.gif



その10   近くで見るとなかなかのカイツブリ

d0290240_15044862.gif



その11   カモたちの嫌われ者のダイサギ

d0290240_15050552.gif



その12   どの鳥を見ても美しい  ホシハジロ(ヒドリガモに訂正)

d0290240_15060872.gif



その13    綺麗な水とマッチするキンクロハジロ

d0290240_15061949.gif




by ichibannori | 2016-02-11 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 02月 05日

ミコアイサ  Ⅰ

カモ目/カモ科   神子秋沙/42㎝

カモ科のアイサ属は6種からなる。日本には4種が主に冬鳥として棲息し、カワアイサとミコアイサは北海道で少数繁殖する。
漢字名は秋沙。現在、中国の鳥類学書もアイサ属の総称として「秋沙」を用いている。
この漢字名は中国生まれでなく、日本起源のようである。

行動:1970年頃から急に増加し、100羽以上の群れが見られたことも有ったが、近年では数羽から数十羽の群れで行動するものが多い。

近年、近くの沼や池で良く見られるが中々とかくでは撮らせてもらえない。
この美しさはやはり近くで撮りたい。


その1

d0290240_19265044.gif



その2

d0290240_19270199.gif



その3

d0290240_19271238.gif



その4

d0290240_19272448.gif



その5

d0290240_19273969.gif



その6

d0290240_19275217.gif



その7

d0290240_14154663.gif



その8

d0290240_14155872.gif



その9    遠くから存在を確認して近づく

d0290240_19291160.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日の独り言】

   先日に続いて今日もMFの森に二番に到着、先輩のMさんはイカルのチェックを終わって先に
   進んでいた。餌も無くなり抜けたようだ。
   トラツグミの出やすい場所に行き、待って居ると、少し先から連絡をもらって
   駆け付けたが奥に引っ込んでしまった。
   それでも少し見えるのを撮り、その後は奥で動きがあるが、諦め移動する。
   ルリビタキの(◯秋マーク)の天然物の若様を今シーズン初めて見つけ
   今日の最小限のノルマを達成し、昼過ぎに帰宅する。
   さて来週はどうなるか。

d0290240_13445728.gif



d0290240_13451206.gif



d0290240_13452884.gif



d0290240_13454428.gif





by ichibannori | 2016-02-05 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 01月 27日

美しき湿原の今日このごろ

今日も柳の下のどじょう三匹目をねらいに日の出前にスタンバイする。
そんなの有るかといわれそうである。
塒化しているのか、いつもの所にミコアイサは浮いていた。
遠くから撮りながら近づくと、飛ばれてしまった。
先日の教訓で大分離れているのだが、朝一番は神経質のようだ。
しかしすぐ戻り、また飛びと何回も繰り返したので近くで撮ることも出来た。

そして今日のサプライズはオオハクチョウである。
オオハクチョウはいつも遠い所に居るが、今日は目の前に飛んできてくれ、色々な
パフォーマンスを見せてくれ、仲間達を喜ばせてくれた。

今週はこれで良しとする。さあ二月だ、孫も一歳になる。




先日わが湿原にトモエガモが63羽(おおよそ)飛来した、一日で抜けたが、
トモエガモの特徴が良くわかる絵を掲載する。(再度確認したら60羽)
 

d0290240_15193847.gif



その1   朝のミコアイサはいつも独り占め

d0290240_15202874.gif



その2

d0290240_15202874.gif



その3

d0290240_15213011.gif



その4

d0290240_15214043.gif



その5

d0290240_15215340.gif



その6

d0290240_15220462.gif



その7

d0290240_15221467.gif



その8

d0290240_15222534.gif



その9

d0290240_15223932.gif



その10

d0290240_15225931.gif


※ 教訓

 カメラのシャッターの消耗はするが、鳥を見たらシャッター。
 後で鳥の種別は判断すればいいと、常日頃行っている。
 飛ぶカモを撮っていたら、水に浮いている鴨を鳥友は全部トモエガモと言う。
 まさか、一羽でも大騒ぎしてバーダーか集まるのに。
 デジスコて確認すると、そうらしい。
 家に帰り、そのままにしていたが、翌日、間違いないと確認し、自分のデータを
 見ると写っているではないか。
 とりあえず整理して、後日ブログに改めて掲載したい。


by ichibannori | 2016-01-27 17:00 | 野鳥 | Comments(0)
2015年 03月 25日

ミコアイサ  Ⅵ



その1

d0290240_09322564.gif


その2

d0290240_09323873.gif


その3

d0290240_09325160.gif


その4

d0290240_09330212.gif


その5

d0290240_09331605.gif

その6

d0290240_09332945.gif


その7

d0290240_09334496.gif


その8

d0290240_09342673.gif


その9

d0290240_09343744.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】




by ichibannori | 2015-03-25 18:00 | 野鳥 | Comments(0)