野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:コハクチョウ ( 44 ) タグの人気記事


2018年 02月 18日

美しきコハクチョウ Ⅴ

中国のマスコミによると昨日の結弦君の舞はオオハクチョウの舞のようだと表現していた。

きっと県中央部のコハクチョウも応援していたことだろう。


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。
命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_16153203.gif


その2

d0290240_16153964.gif



その3

d0290240_16154942.gif



その4

d0290240_16155792.gif



その5

d0290240_16160507.gif



その6

d0290240_16161387.gif



その7

d0290240_16164185.gif



その8

d0290240_16165214.gif



その9

d0290240_16170187.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

朝になっても興奮冷めやらぬ日本、日本の若者の活躍、安倍首相も直接電話をしたそうだ。
その写真も載っている、秘書官もしたたか者だ。


昨日の興奮が冷めやらぬままフィールドに立つ、話題は結弦君と宇野くん、真央ちゃんはこっそり

見ていたようでコメントが有った。

フィールドの真央ちゃんは元気、結弦君はお疲れのようだだった。


元気な真央ちゃん

d0290240_09342630.gif



d0290240_09343875.gif


お疲れの結弦君

d0290240_09345580.gif


昨日のアンコール

d0290240_09350752.gif




【 ※ お帰りには 人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-02-18 12:00 | 野鳥 | Comments(5)
2018年 02月 06日

美しきコハクチョウ Ⅳ

土手に6時過ぎに上ると東のすそ野は朝焼けが少し見え始める準備は整ったようだ、
上空を見れば快晴で三日月が申し訳なさそうだ。
これからコハクチョウのショーが始まる、2時間のダイジェストを。


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。
命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_08210606.gif



その2

d0290240_08211821.gif



その3

d0290240_08213256.gif



その4

d0290240_08214251.gif



その5

d0290240_08215902.gif



その6

d0290240_08221262.gif



その7

d0290240_08222260.gif



その8

d0290240_08223377.gif



その9

d0290240_08224419.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

車に乗ると目の前はいつもより一段と輝く太陽、前が見えない。

サングラスを掛け、目線を下にしながらフィールドに到着、鳥友が到着していた。

少し談笑をしているといつもと違う場所にベニが。

この場所はいつでも逆光、だいぶ慣れてきた、しかし今日の光線は輝きすぎだ。

実質38分のステージで終了し帰路に就くと妻がテレビ小説を見ていた。


昨年から遠方の鳥友にベニマシコが出るようになったら教えてほしいと言われていたが。

手強いのである。

朝7時過ぎの逆光ワンステージで、その後は陽が高くなりベニが出てくるのか分からず

バーダーは岐路に、近くのベニ場ゆえ撮れない日も多々あり納得しているが、

リスクが大きく推薦できないのである。


d0290240_09105143.gif



d0290240_09105972.gif



d0290240_09110677.gif



d0290240_09111387.gif



d0290240_09112099.gif



ウォーキングを疎かにしていたため、体調が思わしくなくなるべく歩くようにしている、
その副産物は折り返し地点のトモエガモ、羽根の色づきも良くなりお手軽セットにて撮る。
d0290240_09112880.gif



d0290240_09114612.gif






第2回プラチナブロガーコンテスト




by ichibannori | 2018-02-06 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2018年 01月 30日

美しきコハクチョウ Ⅲ

とてつもない寒さ、大好きです。
朝靄と朝焼けのショーが始まり連射です。
そこにコハクチョウは生き生きと過ごしています。


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。
命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_09562081.gif


その2

d0290240_09562720.gif



その3

d0290240_09563597.gif



その4

d0290240_09564236.gif



その5

d0290240_09565066.gif



その6

d0290240_09565885.gif



その7

d0290240_09572967.gif



その8

d0290240_09573896.gif



その9

d0290240_09575258.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


寒いですね、でも行って来ました、日の出前に。

風もあり完全防備、待てどもベニは現れず。

耳の良い友が来て下にベニマシコが囀っているとか。

そのうち多くの鳥たちが集まる、餌場としてよい環境なのだろう。

カラスもベニマシコを取り囲み、セイタカアワダチソウに乗ったが、

落ち着けず遠くに行ってしまった。

いいんじゃない

先日の大量のデータの整理に勤しむとしよう。


クイナは3羽飛んできた

d0290240_09161036.gif



落ち着けず遠くに飛ぶ

d0290240_09184318.gif





第2回プラチナブロガーコンテスト




by ichibannori | 2018-01-30 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 01月 24日

美しきコハクチョウ Ⅱ

とてつもない寒さ、大好きです。

そこにコハクチョウは生き生きと過ごしています。


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。

命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より




その1

d0290240_14043428.gif



その2

d0290240_14044159.gif



その3

d0290240_14044805.gif



その4

d0290240_14045722.gif



その5

d0290240_14050640.gif



その6

d0290240_14051312.gif



その7

d0290240_14054970.gif



その8

d0290240_14055926.gif



その9

d0290240_14061214.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

わが町の気象台では-8.6℃、我が家周辺は-9℃ぐらいか。

外に出てみると昨日除雪された場所は乾いているが、

濡れている面は凍り付いて滑る、転倒でもしては元も子もない、今日もデータの整理に。


コハクチョウの来る町にコミミズクが複数いると聞いている、諸先輩のブログを見ると、

背景が良くなく土手に移動して緑が増える時期に撮れればと思う。

そんなコミミズクを掲載


d0290240_08542445.gif



d0290240_08543163.gif



d0290240_08543949.gif







第2回プラチナブロガーコンテスト




by ichibannori | 2018-01-24 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2018年 01月 17日

美しきコハクチョウ

今シーズンもハクチョウ達がやってきた。

荒川水系の何カ所に一冬を過すために、そしてMFの美しき湿原にも、

コハクチョウは沼と違って水深の浅い河に羽根を休める、

川の流れがあり羽根は汚れることなく、あくまでも白い。

この時期冷え込むと朝靄が立ち朝焼けと相俟って言葉はいらない、

そこに居る人たちのみ体験ができる、体が冷え、目はまぶしく日の出前後1時間の世界を堪能する。



漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。


命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。

(再掲載×多数)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より




その1  カメラのみが捉える日の出40分前

d0290240_20242069.gif



その2  7時すぎ陽が照らし始めた

d0290240_20254204.gif



その3  日の出15分が過ぎる

d0290240_20264128.gif



その4  人も鳥もすっぽり朝靄と朝焼けに入る

d0290240_20272325.gif



その5  陽が正面から差し始める

d0290240_20281857.gif



その6  まぶしすぎて鳥のみを見てシャッター

d0290240_20291734.gif



その7

d0290240_20300447.gif



その8  何と表現すれば

d0290240_20302387.gif



その9  言葉はいらないだろう

d0290240_20304633.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


暗い朝、今日の予定を思案すると、曇天のベニもいいじゃないかと決定。

なにせ自宅から歩いても5分、それでも車で出かける。

昨日は久しぶりにベニ雄が出たとのこと、今日はどうかと淡い期待をして待つ。

耳が良い鳥友が鳴き声を確認、しばらくして定番のセイタカアワダチソウに載ってくれた。

一か月ぶりのベニ雄を堪能して三時間の鳥撮りを終了、暖かくなると予想して、薄着はこたえた。


d0290240_10364272.gif



d0290240_10365086.gif



d0290240_10365852.gif







第2回プラチナブロガーコンテスト




by ichibannori | 2018-01-17 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 01月 11日

コハクチヨウ  Ⅰ

美しき湿原にコハクチョウがやってきた。

県北部に2~3ヶ所飛来地が有名であるが、何たって県庁所在地の真ん中にやって来るのだ。

広い湿原にゆったり羽根を休めている、近くでなく遠くから見るのも良いもんだ。


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。


命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。

(再掲載×多数)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1 私しか撮れない日の出前を切り取っています。

d0290240_14042040.gif



その2  朝靄は雰囲気がありますが

d0290240_14045085.gif



その3  朝焼けは期待通りに映り込みしてくれません

d0290240_14052068.gif



その4

d0290240_14055034.gif



その5

d0290240_14062677.gif



その6

d0290240_14065607.gif



その7   太陽が揚がり、もろの逆光です

d0290240_14072737.gif



その8  太陽を見ないようにしていますが

d0290240_14075683.gif



その9

d0290240_14082600.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

良いベニマシコが撮れたと帰ってpcを立ち上げたがWindows10の更新で使えず、

明日までに終わるか心配である。



by ichibannori | 2018-01-11 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 01月 06日

美しき湿原は凍ってしまった

玄関を出ると、いつもと違う寒さ、車のフロントガラスは凍っていない、これからか。

湿原に立つと明るい月が輝き、水面が映り込んでいると思っていた(後に全面結氷を確認)。

6時に一枚目のシャッター新都心を撮る、定点を写し朝焼けを撮ろうとしたらファインダーが見えない。

故障か、電池を外し、再度行うが見えない、初期化しようか、

しかし空シャツターでは被写体は写っている。

ファインダーを見ると洗眼窓が降りているではないか、正常に戻した。

それからコハクチョウを探すが居ないようだ。

ハクチョウには水深が深いようだ。

全面結氷で水鳥は避難しているのか皆無である。

元の位置に戻ろうとしたらコハクチョウが飛んでくるではないか。

そしてハクチョウを主に取り始めた。

気象庁の観測によると埼玉の最低気温は6時39分に-4.8℃を記録、私は-6℃と測定した。

その後、時間がたっても気温は上がらず、水鳥は運動不足か、良く飛んでくれた。

昼には自宅に帰っていた。




その1

d0290240_13230414.gif



その2  正月休みのゴミが多いのか夜も稼働

d0290240_13231522.gif



その3  コハクチョウが飛んできた

d0290240_13232735.gif



その4

d0290240_13233900.gif



その5  全面結氷ではなかった

d0290240_13235099.gif



その6

d0290240_13240164.gif



その7

d0290240_13241210.gif



その8  

d0290240_13242425.gif



その9  氷の上を滑って着水

d0290240_13251959.gif



その10  一部に集まる水鳥たち

d0290240_13253127.gif



その11  ヒドリガモの飛翔は美しい

d0290240_13254435.gif



その12 遠くからミコアイサと思って近づくと白い羽根に水分が凍ってせせり立つ

d0290240_13255845.gif



その13  コガモが美しい

d0290240_13261110.gif



その14

d0290240_13262534.gif



その15 マガモも同じく
d0290240_13264594.gif







by ichibannori | 2018-01-06 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 03月 17日

やはりコハクチョウは美しき湿原でしょう Ⅲ

今日から彼岸、温かくなりました。
しかし昨日のMFは霜が降りていました。
冬鳥は北に向かっているのかなあ。

「一番乗り」は鳥探しから始まる。
美しき湿原は水が多く潜水鴨には適しているが、白鳥にとっては、もう少し水深が浅いほうが良い。
この日は暗い時間にスタンバイしようと出かける。
都心のスカイツリーと東京タワーを暗いうちに撮る目的も有ったのである。
すぐ見つかるのはカンムリカイツブリそしてミコアイサ。
昨日居たと聞いた白鳥を探す、数が減ったが居るので一安心。
その後は背景を探す、朝焼けがうまく映り込みするところに移動する。
勝負は30分、その後は雲がうまく浮かんでくれればと贅沢なことを思う。
結果は



漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。



命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。
(再掲載×6)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_17162359.gif



その2

d0290240_17163051.gif



その3

d0290240_17163754.gif



その4

d0290240_17164880.gif



その5

d0290240_17165647.gif



その6

d0290240_17170417.gif



その7

d0290240_17173452.gif



その8

d0290240_17174381.gif



その9

d0290240_17175305.gif



上記の写真は在庫品です。




【昨日の足跡】

朝の少しの時間を利用して鳥撮りにMFへ。
いつまで撮れるかわからないが時間に制約がありベニとアリスイを待つ。
勝手知ったるMF、撮れるチャンスは地元の独壇場、短時間で引き上げる。


1~2秒止まっていた

d0290240_16423249.gif




d0290240_16425396.gif




d0290240_16432770.gif



この日も私より若いおじさんが帰ってから出て来る

d0290240_16435807.gif




d0290240_16440670.gif




d0290240_16441589.gif





by ichibannori | 2017-03-17 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 03月 05日

やはりコハクチョウは美しき湿原でしょう Ⅱ

「一番乗り」は鳥探しから始まる。
美しき湿原は水が多く潜水鴨には適しているが、白鳥にとっては、もう少し水深が浅いほうが良い。
この日は暗い時間にスタンバイしようと出かける。
都心のスカイツリーと東京タワーを暗いうちに撮る目的も有ったのである。
すぐ見つかるのはカンムリカイツブリそしてミコアイサ。
昨日居たと聞いた白鳥を探す、数が減ったが居るので一安心。
その後は背景を探す、朝焼けがうまく映り込みするところに移動する。
勝負は30分、その後は雲がうまく浮かんでくれればと贅沢なことを思う。
結果は


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。


命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。
(再掲載×5)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1   主役は広大な湿原、鳥は添え物

d0290240_20351077.gif



その2

d0290240_20351812.gif



その3

d0290240_20352852.gif



その4

d0290240_20353609.gif



その5

d0290240_20354487.gif



その6

d0290240_20355327.gif



その7

d0290240_20362647.gif



その8

d0290240_20363624.gif



その9

d0290240_20364684.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

まさに快晴、逆光側は鼻から諦めるが、もしやと柳の新芽に乗るのを期待して待つ、
そして載ってくれたのだ、七時前に。
この場所で撮れたのは幸運である。

しかし人が来ない、悪い考えが脳裏の片隅に浮かぶ、皆から出し抜かれ他で良い情報があったのかと、
つまらない事を考えてしまう。その後、鳥友も来て ひと安心したが、日曜日なのに来ないのだ。
最近なにかにつけて悪く考える、主に体のことだが。
前はいい加減なO型で性善説を信じていたのだが、このところ性悪説である。
孫の顔を見ればすぐ性善説に戻るのだが。

そう言うことで今日も撮ってしまった、在庫は減らない。


d0290240_10295399.gif




d0290240_10300540.gif




d0290240_10313769.gif



d0290240_10315844.gif



d0290240_10321451.gif




d0290240_10322542.gif





by ichibannori | 2017-03-05 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 23日

やはりコハクチョウは美しき湿原でしょう

夜明け前から飛び立ちまでダイジェストにしてみました。

白鳥は飛び立つ時、旅客機と同じアプローチをとります。
誘導路から滑走路までゆっくり移動しエンジンをふかし勢いをつけて飛び立ちます。
白鳥も同じです。助走路までゆっくり移動し羽を広げ、声をあげ鼓舞していざスタートです。
それを脇を締めファインダーに集中し飛び立ちを追う、指をスイッチから離すとき達成感があり、
至福の時が過ぎてゆきます。
白鳥飛来地でアプローチからエンディングまで追えるのは、この「美しき湿原」なんです。

漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。

命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。
(再掲載×4)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_14201476.gif



その2

d0290240_14202348.gif



その3

d0290240_14203656.gif



その4

d0290240_14205105.gif



その5

d0290240_14210285.gif



その6

d0290240_14211297.gif



その7

d0290240_14215817.gif



その8

d0290240_14222878.gif



その9

d0290240_14224547.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

今までだったら曇天ならフィールドに直行したが、鳥も動きが変わって来た。
今後は半逆光の晴れの日を狙うと思う、ベニ場に様子を見に行ったが常連は居なかった。
さてこの頃ミコアイサの絵をよく目にする。
今シーズンは湿原で満足しているが、何時もの所にも来れば行くのだが、
はたして来てくれるだろうか、期待している。


d0290240_10543552.gif




d0290240_10544924.gif




d0290240_10550443.gif




d0290240_10551923.gif




d0290240_10553179.gif




d0290240_10554596.gif




d0290240_10555535.gif






by ichibannori | 2017-02-23 12:00 | 野鳥 | Comments(0)