野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:コイカル ( 8 ) タグの人気記事


2018年 05月 09日

コイカル Ⅵ

漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。
命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より



その1

d0290240_14431603.gif


その2

d0290240_14432416.gif



その3

d0290240_14433163.gif



その4

d0290240_14434023.gif



その5

d0290240_14434718.gif



その6

d0290240_14435442.gif



その7

d0290240_14442595.gif



その8

d0290240_14443737.gif



その9

d0290240_14444958.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-05-09 12:00 | 野鳥
2018年 05月 05日

コイカル Ⅴ

近頃、人間の世界もおかしいがコイカルがオス同士で給餌をしている。

変だなあ


漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。
命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より

使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
    Teleconverter: MC-14KO DIGITAL


その1

d0290240_19493842.gif


その2

d0290240_19494705.gif


その3

d0290240_19495771.gif


その4

d0290240_19500774.gif


その5

d0290240_19501875.gif


その6

d0290240_19502823.gif


その7

d0290240_19510492.gif


その8

d0290240_19511775.gif


その9

d0290240_19512817.gif


上記の写真は在庫品です。




【昨日は天気に翻弄される】

暗い朝、ライトを点け灌漑沼に、先着は地元の長老、

少しずつ明るくなり待機していると2羽のコアジサシが到着する。
その2羽はペアリングが確定しているのかオズ給餌に狩りに行く。

その後数羽のコアジサシが飛んできて他の場所で休んでいた。

被写体が小さいので空を飛ぶコアジサシのAFがうまくゆかず、課題が残った。


d0290240_11213807.gif



d0290240_11215071.gif



d0290240_11215811.gif



d0290240_11220444.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-05-05 12:00 | 野鳥
2018年 04月 29日

コイカル Ⅳ


漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。
命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL




その1

d0290240_17350181.gif


その2

d0290240_17351534.gif



その3

d0290240_17352528.gif



その4

d0290240_17353631.gif



その5

d0290240_17354696.gif



その6

d0290240_17355538.gif



その7

d0290240_17360778.gif



その8

d0290240_17361706.gif



その9

d0290240_17362663.gif


上記の写真は在庫品です。


【昨日は高原のようだった】

何処へ行こうか思案しながら4時起床。

外は薄暗いが風は冷たく、そのうちに青空になり「キバナフジ」に再度挑戦することにした。

冷たい風は心地よく、空はどこまでも碧く、一年でもそうは無い湿度は低く、遠くの景色が澄んで美しい。

往路でツバメ、キバナフジを撮ると友と遭遇し折り返し点の公園まで同行する。

先日の「コマドリ」の話をして別れ、「なんじゃもんじゃの木」「ハンカチの木」を撮り「キバナフジ」に戻り、再度ツバメの巣作りの行為を撮り、また「命を繋ぐ」行為に遭遇、

生き続けるとは大変なことなんだと納得して岐路につく。


定点観測

d0290240_11203984.gif


田圃は農繁期になった
d0290240_11253387.gif


「なんじゃもんじゃの木」を遠くから
d0290240_11205267.gif



d0290240_11205905.gif


青空と「キバナフジ」がこの日の目的
d0290240_11220004.gif



d0290240_11210643.gif



d0290240_11220807.gif


ツバメの「命を繋ぐ」一連の動作
d0290240_11224978.gif



d0290240_11230450.gif



d0290240_11231309.gif



d0290240_11232495.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-04-29 12:00 | 野鳥
2018年 04月 25日

コイカル Ⅲ


漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。
命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL




その1

d0290240_16415052.gif


その2

d0290240_16415830.gif



その3

d0290240_16420607.gif



その4

d0290240_16421659.gif



その5

d0290240_16422739.gif



その6

d0290240_16424282.gif



その7

d0290240_16431468.gif



その8

d0290240_16433013.gif



その9

d0290240_16434232.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日はひと息】


優れない天気が続く、明日は鳥撮りに行こう

これから田圃を耕すのには良いが畑の種まきには多量の雨では土が流され注意を要するとか。

わが市も協力して保護している自然林にひっそりと目立たぬところに咲いているキンラン。

キンランとは

キンラン(金蘭、Cephalanthera falcata)はラン科キンラン属の多年草で、
地生ランの一種。和名は黄色(黄金色)の花をつけることに由来する

山や丘陵の林の中に生える地上性のランで、
高さ30-70cmの茎の先端に4月から6月にかけて直径1cm程度の明るく鮮やかな黄色の花を総状につける。
花は全開せず、半開き状態のままである。
花弁は5枚で3裂する唇弁には赤褐色の隆起がある。
葉は狭楕円形状で長さ10cm前後、縦方向にしわが多い。柄は無く茎を抱き、7、8枚が互生する。


参考文献 : ウィキペディア フリー百科事典による。

d0290240_07333580.jpg



d0290240_07335787.jpg



d0290240_07342531.jpg



d0290240_07344705.jpg


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】








by ichibannori | 2018-04-25 12:00 | 野鳥
2018年 04月 16日

コイカル Ⅱ

漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。
命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。

(再掲載)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL




その1

d0290240_17262518.gif


その2

d0290240_17263317.gif



その3

d0290240_17264180.gif



その4

d0290240_17265056.gif



その5

d0290240_17270088.gif



その6

d0290240_17270808.gif



その7

d0290240_17274264.gif



その8

d0290240_17275552.gif



その9

d0290240_17280410.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】







by ichibannori | 2018-04-16 12:00 | 野鳥
2018年 04月 08日

コイカル Ⅰ

今までのコイカルはイカルの大群に交じって1羽いるくらいでも、皆大騒ぎして騒いでいた。

イカルと大差ない特徴でイカルの大群を撮るのが楽しかった。

珍しくMFに複数羽の雄雌が訪れ、コイカル、コイカルと騒いで森が賑わい、

今回ヒレンジャク撮りをしていると、近くにエノキの実を食べ、なくなると移動したようだ。

その最終日に写すことが出来た。


漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤

英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。

命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL




その1

d0290240_14001821.gif


その2

d0290240_14003050.gif



その3

d0290240_14003780.gif



その4

d0290240_14010047.gif



その5

d0290240_14011052.gif



その6

d0290240_14015827.gif



その7

d0290240_14020915.gif



その8

d0290240_14021953.gif



その9

d0290240_14023258.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


寒い朝、食事もとらずに春を撮りに。

菜の花が咲くときのみ綺麗にお化粧する悪水路、とても美しい。

何度となく菜の花の咲き具合と空をチェック、今日以外にないと。

からし菜の背も伸び花も満開だ、空もあくまでも碧く、この日がやってきた。


地平線から少し上がる陽を撮る

d0290240_08463785.gif



d0290240_08465127.gif


陽もこの高さになると逆光でまぶしい
d0290240_08470496.gif


ホオジロも気持ちよく囀っている
d0290240_08475335.gif



d0290240_08482840.gif



d0290240_08490362.gif



d0290240_08491629.gif


いたるところでキジが存在を主張している
d0290240_08493054.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-04-08 12:00 | 野鳥
2017年 02月 27日

コイカル Ⅱ

漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。

命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。
(再掲載)

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_20285210.gif



その2

d0290240_20290202.gif



その3

d0290240_20292342.gif



その4

d0290240_20293358.gif



その5

d0290240_20294879.gif



その6

d0290240_20295919.gif



その7

d0290240_20312800.gif



その8

d0290240_20313938.gif



その9

d0290240_20315253.gif



上記の写真は在庫品です。



【世の中甘くはない】

勇んでベニ場へ行くが様子が変わってきた。
贅沢とはわかっているが、ベニは北帰行の準備か、行動が変わってきた。
下草を食べたり垣根に潜ったり、セイタカアワダチソウには乗らない。
ウグイスはよく出るようになり、アリスイもベニと同様だ。
ゆえにブログに載せるような絵は撮れなかった。

この時期レンジャクのはなしも聞き、過去に撮ったものを見てみる。


d0290240_10254290.gif



d0290240_10255079.gif



d0290240_10260034.gif




d0290240_10260816.gif




d0290240_10262233.gif





by ichibannori | 2017-02-27 12:00 | 野鳥
2017年 02月 15日

コイカル Ⅰ

わが県の大河の支流を遡ると毎年イカルの大群がやって来る。
その中にコイカルが混じっている。
みんなコイカルを追いかけているが、私はイカルを綺麗に撮りたいと毎年思う。
大群の中の一羽となると、どうしてもトリミングして絵が大きくなる。
それより少し引いて背景を選びたい。


漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。

命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_17184271.gif



その2

d0290240_17185172.gif



その3

d0290240_17185939.gif



その4

d0290240_17190779.gif



その5

d0290240_17191663.gif



その6

d0290240_17192536.gif



その7

d0290240_17201296.gif



その8

d0290240_17202428.gif



その9

d0290240_17203781.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

リフレッシュ休暇中




by ichibannori | 2017-02-15 12:00 | 野鳥