野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カンムリカイツブリ ( 12 ) タグの人気記事


2018年 11月 17日

カンムリカイツブリ Ⅱ

漢字名:冠鳰
英 名:Great Crested Grebe
科 属:カイツブリ目/カイツブリ科
全 長:L56cm W85cm
時 期:冬鳥。北海道では旅鳥。青森、茨城、滋賀県の一部では少数が繁殖している。
環 境:越冬期には沿岸、湖沼や池、河川など。
命名の由来:夏羽でも冬羽でも、頭に冠をかぶっているので「冠鳰」。
     (再掲載×多数)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 


その1

d0290240_09100819.gif
その2
d0290240_09102576.gif
その3
d0290240_09103358.gif
その4
d0290240_09104287.gif
その5
d0290240_09104934.gif
その6
d0290240_09105875.gif
その7
d0290240_09114069.gif
その8
d0290240_09115112.gif
その9
d0290240_09120128.gif

上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

夜明けは天気予報通りの暗い空、それなりに景色は撮ったが納得いかず没とする。
14日以来オオハクチョウが羽根を休めていたが7時前に北に飛び立ってしまった。
それでも立ち会うことが出来、やはり早起きはするものだ。
その後多くの鳥たちに会うことが出来、満足の半日を過ごすことが出来た。

№1  オオハクチョウは塒から日の出後起きだし、朝焼けもどきの映り込み
d0290240_14151385.gif
№2  今日は初めから決めていたようだ、すぐに飛び立つ
d0290240_14152409.gif
№3  日の出後に空は薄く染まる
d0290240_14153793.gif
№4  珍しい顔立ち、幼鳥のようだ、カンムリカイツブリ
d0290240_14155100.gif
№5  久しぶりに飛んでくれたチュウヒ
d0290240_14160472.gif
№6  ミコアイサの雌7羽、記録のようだ、ここ以外に雄雌2羽がいて合計9羽
d0290240_14161822.gif
№7  トビも参戦
d0290240_14163222.gif
№8  ハジロカイツブリ2羽
d0290240_14164612.gif
№9  左からノスリが
d0290240_14165810.gif
№10  ベテランのミサゴ、一発で魚を捕獲して遠くに
d0290240_14171090.gif
カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 



by ichibannori | 2018-11-17 14:30 | 野鳥
2018年 11月 10日

カンムリカイツブリ Ⅰ

漢字名:冠鳰
英 名:Great Crested Grebe
科 属:カイツブリ目/カイツブリ科
全 長:L56cm W85cm
時 期:冬鳥。北海道では旅鳥。青森、茨城、滋賀県の一部では少数が繁殖している。
環 境:越冬期には沿岸、湖沼や池、河川など。
命名の由来:夏羽でも冬羽でも、頭に冠をかぶっているので「冠鳰」。

山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_08491311.gif
その2
d0290240_08492237.gif
その3
d0290240_08493132.gif
その4
d0290240_08493906.gif
その5
d0290240_08494901.gif
その6
d0290240_08495880.gif
その7
d0290240_08503943.gif
その8
d0290240_08505344.gif
その9

d0290240_08510314.gif


上記の写真は在庫品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-11-10 12:00 | 野鳥
2017年 12月 10日

救世主  カンムリカイツブリ Ⅰ   そして「陸王」を

白い鳥、遠くから見るとミコアイサがやってきたと皆が思う。

双眼鏡で確認するとカンムリカイツブリ、がっかりする、失礼じゃないか。

早く来て春まで滞在、ひょうきんな顔、春になると夏羽根も美しく、侮れない水鳥である。


漢字名:冠鳰
英 名:Great Crested Grebe
科 属:カイツブリ目/カイツブリ科
全 長:L56cm W85cm
時 期:冬鳥。北海道では旅鳥。青森、茨城、滋賀県の一部では少数が繁殖している。
環 境:越冬期には沿岸、湖沼や池、河川など。


命名の由来:夏羽でも冬羽でも、頭に冠をかぶっているので「冠鳰」。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_17022661.gif


その2

d0290240_17023427.gif



その3

d0290240_17024953.gif



その4

d0290240_17025675.gif



その5

d0290240_17030473.gif



その6

d0290240_17031302.gif



その7

d0290240_17034582.gif



その8

d0290240_17035662.gif



その9

d0290240_17040695.gif



上記の写真は在庫品です。


【近所廻り】


近所のベニ場に行きましたが見せられるような絵は撮れず。


そこで7月14日行田市「古代蓮の里」の田圃アートを見てきました、毎年やっています。

今年は何たって「陸王」、すばらしい役所広司の似顔絵です。

今夜も見てください、県民として応援しています。

d0290240_14341947.gif


d0290240_14350814.gif







by ichibannori | 2017-12-10 15:00 | 野鳥
2017年 11月 25日

氷点下の美しき湿原にて

3時過ぎに窓の外を見上げれば満天の星、これはいけるかもしれないと出立の用意を始める。

慌てると碌なことはないので、柿をむきながら食事をして5時まえに湿原に到着。

空を見あげれば星の輝きは八ヶ岳で見た数に劣らず興奮した。

新都心を見ても視界は良く、広角ズームで撮りながら湿原を廻る。

武蔵野線の電車もはっきり見え、朝焼けが始まった。

朝焼けの撮影に時間を割き、カンムリカイツブリの場所に移動する。

この時間はカワウの独壇場で何百羽も集まり圧巻である、

脇に置かれたカンムリカイツブリを朝焼けの映り込みの中に入るのをを待つ、

霜が降り始め、朝靄も立ち、撮影条件は最高潮、

特に朝焼けと黄金色の映り込みは刻々と変化し、これが感動というのか、

のるまは達成しミサゴ撮りは脇役になった。

ミサゴは友の作品を参照されたい。




その1  満点の星と新都心

d0290240_13372701.gif



その2  朝焼けと武蔵野線

d0290240_13373614.gif



その3  東京スカイツリーも

d0290240_13374454.gif



その4  雲一つもない素晴らしい今日が始まり

d0290240_13375297.gif



その5 カワウに占領されるのか

d0290240_13380180.gif



その6  朝靄が立ちこめる

d0290240_13381198.gif



その7

d0290240_13384340.gif



その8   目的のカンムリカイツブリ

d0290240_13385479.gif



その9

d0290240_13390484.gif



その10

d0290240_13394464.gif


その11  朝靄の中にダイサギが

d0290240_13411847.gif


その12  何を考えているのかアオサギ君

d0290240_13395347.gif


その13   計3回飛来したとか、友の作品に期待

d0290240_13400463.gif





by ichibannori | 2017-11-25 14:00 | 野鳥
2017年 04月 02日

美しき湿原は健在であった。

暑さ寒さも彼岸までとは日本の慣用句と言われている。
昨年の9月末日から今年の3月17日まで「美しき湿原」にて多くの鳥たちと会うことが出来た。
体調維持のために夜明け前に湿原を二周のウォーキングし、それから鳥撮りに勤しむ。
風の強さ3mを境に出かけていた。今シーズンの特徴はノスリがミザゴの木によく止まってくれた。
これから夏鳥のシーズンになるが秋にはまた「美しき湿原」に出かけたい、体調が気になるが。

漢字名:冠鳰
英 名:Great Crested Grebe
科 属:カイツブリ目/カイツブリ科
全 長:L56cm W85cm
時 期:冬鳥。北海道では旅鳥。青森、茨城、滋賀県の一部では少数が繁殖している。
環 境:越冬期には沿岸、湖沼や池、河川など。


命名の由来:夏羽でも冬羽でも、頭に冠をかぶっているので「冠鳰」。
(再編集)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1   今シーズンも何とか間に合った夏羽のカンムリカイツブリ

d0290240_11291285.gif



その2

d0290240_11292396.gif



その3

d0290240_11293060.gif



その4

d0290240_11300329.gif



その5

d0290240_11311956.gif



その6

d0290240_11312905.gif



その7

d0290240_11320514.gif



その8

d0290240_11321574.gif



その9

d0290240_11331594.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

新年度も一日過ぎ、明るい天気で朝のうち鳥友に会いにMFに
今日はベニとアリスイは居るか心配していたが、居たのである。
撮れなくても見られればと思い週末バーダーに場所を譲る。
所要かありすぐ帰宅したが、先日雨の中傘をさして撮ったものも在庫にのこしている。

d0290240_09481538.gif



d0290240_09482466.gif



d0290240_09483348.gif




d0290240_09484097.gif





d0290240_09484786.gif





by ichibannori | 2017-04-02 12:00 | 野鳥
2017年 03月 31日

カンムリカイツブリ Ⅱ

昨シーズンから今シーズンは湿原の水深が高い。
潜水鴨たちには、過ごしやすく、ミコアイサやカンムリカイツブリが多く滞在している。
昨年末には白い鳥が多く、遠くでは識別に迷う。
そんな湿原であるが、カンムリカイツブリは動作が豊かで、ついシャッターを押してしまう。

漢字名:冠鳰
英 名:Great Crested Grebe
科 属:カイツブリ目/カイツブリ科
全 長:L56cm W85cm
時 期:冬鳥。北海道では旅鳥。青森、茨城、滋賀県の一部では少数が繁殖している。
環 境:越冬期には沿岸、湖沼や池、河川など。

命名の由来:夏羽でも冬羽でも、頭に冠をかぶっているので「冠鳰」。
(再編集)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_19044366.gif



その2

d0290240_19044924.gif



その3

d0290240_19045748.gif



その4

d0290240_19050727.gif



その5

d0290240_19051717.gif



その6

d0290240_19052314.gif



その7

d0290240_19055850.gif



その8

d0290240_19060678.gif



その9

d0290240_19061677.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

年度末の金曜日、リタイヤしては関係ないか
日の出時は暗い曇天、川沿いのからし菜と新都心を捉える。
川沿いの上空にはチョウゲンボウ、素晴らしきひと時を堪能する。
明日はどうしよう、天気が気になる。


d0290240_11405223.gif



d0290240_11410176.gif



d0290240_11411008.gif



d0290240_11411970.gif



d0290240_11412835.gif





by ichibannori | 2017-03-31 12:00 | 野鳥
2017年 01月 19日

カンムリカイツブリ Ⅰ

昨シーズンから今シーズンは湿原の水深が高い。
潜水鴨たちには、過ごしやすく、ミコアイサやカンムリカイツブリが多く滞在している。
昨年末には白い鳥が多く、遠くでは識別に迷う。
そんな湿原であるが、カンムリカイツブリは動作が豊かで、ついシャッターを押してしまう。

漢字名:冠鳰
英 名:Great Crested Grebe
科 属:カイツブリ目/カイツブリ科
全 長:L56cm W85cm
時 期:冬鳥。北海道では旅鳥。青森、茨城、滋賀県の一部では少数が繁殖している。
環 境:越冬期には沿岸、湖沼や池、河川など。

命名の由来:夏羽でも冬羽でも、頭に冠をかぶっているので「冠鳰」。


山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_07231012.gif



その2

d0290240_07233539.gif



その3

d0290240_07234377.gif



その4

d0290240_07235299.gif



その5

d0290240_07240260.gif



その6

d0290240_07241358.gif



その7

d0290240_07251088.gif



その8

d0290240_07252354.gif



その9

d0290240_07253536.gif



上記の写真は在庫品です。




【よくあること】

天気予報によると曇天、ベニマシコを撮らなくちゃ。
気持ちか上滑り、赤い子は見えるがセイタカアワダチソウに上がらず、ノーシャッター
こんな日もある、そんなことで、昨日のホオジロガモ。


d0290240_13414269.gif




d0290240_13415493.gif




d0290240_13420727.gif




d0290240_13421941.gif





by ichibannori | 2017-01-19 12:00 | 野鳥
2016年 05月 04日

カンムリカイツブリ 夏羽、忘れてませんか

漢字名:冠鳰
英 名:Great Crested Grebe
科 属:カイツブリ目/カイツブリ科
全 長:L56cm W85cm
時 期:冬鳥

夏羽でる冬羽でも、頭に冠をかぶっているので「冠鳰」。

山と渓谷社刊  日本の野鳥、 野鳥の名前  より

夏羽では黒い冠羽とティペットにたとえられる珍しい形の飾り羽が有るが、
その頃は初夏の渡りに夢中で、忘れてしまい、撮り損ねる。
でも安心してください、近くに水鳥が居るんです。


その1

d0290240_14521816.gif



その2

d0290240_14524742.gif



その3

d0290240_14532973.gif



その4

d0290240_14534224.gif



その5

d0290240_14535533.gif



その6

d0290240_14540736.gif



その7

d0290240_14541601.gif



その8

d0290240_14542855.gif



その9

d0290240_14544519.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

  風と雨、出ばなを挫かれたが、想定通りで自宅待機。
  農繁期はアマサギとタマシギを探したい、先日撮ったムナグロ順光で狙った背景が
  土手が映り込み思わぬ効果だった。



   田圃の緑の背景は土手の新緑

d0290240_09053858.jpg



   田植も過ぎた美しいMF

d0290240_09060882.jpg



田植え直後のタマシギは緑に映える

d0290240_09050883.jpg





by ichibannori | 2016-05-04 12:00 | 野鳥
2015年 05月 27日

カンムリカイツブリ  Ⅱ



その1

d0290240_09454493.gif


その2

d0290240_09455707.gif


その3

d0290240_09460934.gif


その4

d0290240_09462169.gif


その5

d0290240_09463724.gif


その6

d0290240_09465048.gif


その7

d0290240_09470700.gif


その8

d0290240_09471843.gif


その9

d0290240_09473105.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

このところ健康管理のため、鳥撮りは休んでいた。
  満を持して、美しき沼に向かう。
  地元の鳥友によると水温が高いと魚が水面近くに来るので、
  コアジサシの出も早いとか。
  6時に着いたときには、大勢のバーダーが、一年ぶりで会う大勢の鳥友も。
  昨日からコアジサシの数も増え、ペアリングはこれからのようだ。
  オスたちが餌をメスに持ってくるが気に入らないのか、品定めをしているのか
  うらやましい限りだ。
  
  フクロウに会いに行ったが、まだ雛が出てくれない。
  明日か、明後日か。


d0290240_15290754.gif



d0290240_15292441.gif



d0290240_15294404.gif



d0290240_15300475.gif


   次回は快晴無風の6時から10時までがベストか


今日のフクロウ視察は無かったことに
    家に戻り、今シーズン初めてと言って撮ったが、写真になっていない。
    押さない勇気をと、反省する。

    以前の在庫品です。
d0290240_16084144.gif




by ichibannori | 2015-05-27 17:00 | 野鳥
2015年 05月 10日

カンムリカイツブリ Ⅰ

夏羽でも冬羽でも、
頭に冠をかぶっているので「冠鳰」

山と渓谷社刊  野鳥の名前より

冬の湿原でカンムリカイツブリを撮っている時、
夏羽が綺麗だと聞き、チャンスを待って居た。
先輩の鳥撮りの方が行くというので、同行して撮ることが出来た。



その1

d0290240_06025934.gif


その2

d0290240_06031150.gif


その3

d0290240_06032723.gif


その4

d0290240_06033972.gif


その5

d0290240_06035214.gif


その6

d0290240_06040537.gif


その7

d0290240_06041502.gif


その8

d0290240_06042755.gif


その9

d0290240_06043979.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日の独り言】

   このところ鳥撮りに出掛ける日が多く、体調を整えると同時に
   在庫の整理に静かに過ごしています。
   ベニマシコの写真を見ながら、来シーズンはうまく撮りたいと、
   短期間で撮ったツミも近年でも無かった良い出会いがあり、
   一枚一枚見ていると、いつまで掛かるか、うれしい悩みである。


d0290240_06433609.gif



d0290240_06435153.gif



d0290240_06440608.gif




by ichibannori | 2015-05-10 17:00 | 野鳥