人気ブログランキング |

野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オジロビタキ ( 23 ) タグの人気記事


2020年 03月 06日

オジロビタキ Ⅴ

オジロビタキは、上嘴も下嘴も黒色。
これに対しニシオジロビタキでは、上嘴は黒褐色、下嘴は淡橙褐色
もう一つの比較場所は、上尾筒です。
オジロビタキの上尾筒は、漆黒と言っていいほどの黒色です。
これに対し、ニシオジロビタキでは、黒褐色。


漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林
日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。


(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14585203.jpg
その2
オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14590192.jpg
その3
オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14591079.jpg
その4
オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14592070.jpg
その5
オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14592867.jpg
その6
オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14593730.jpg
その7
オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14594585.jpg
その8
オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14595434.jpg
その9
オジロビタキ Ⅴ_d0290240_15000363.jpg

上記の写真は在庫の作品です。



【紅梅】

紅梅(こうばい) コウバイ - バラ科サクラ属の小高木。


№1

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14515249.jpg

№2

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14520428.jpg

№3

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14522734.jpg

№4

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14523926.jpg

№5

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14525395.jpg

№6

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14530518.jpg

№7

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14533919.jpg

№8

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14535224.jpg

№9

オジロビタキ Ⅴ_d0290240_14540872.jpg



使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
   :M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
   :M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO


    


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】




by ichibannori | 2020-03-06 04:00 | 野鳥
2020年 02月 23日

オジロビタキ Ⅳ

オジロビタキは、上嘴も下嘴も黒色。
これに対しニシオジロビタキでは、上嘴は黒褐色、下嘴は淡橙褐色
もう一つの比較場所は、上尾筒です。
オジロビタキの上尾筒は、漆黒と言っていいほどの黒色です。
これに対し、ニシオジロビタキでは、黒褐色。


漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林
日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。


(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_11192237.jpg
その2
オジロビタキ Ⅳ_d0290240_11193199.jpg
その3
オジロビタキ Ⅳ_d0290240_11194110.jpg
その4
オジロビタキ Ⅳ_d0290240_11194963.jpg
その5
オジロビタキ Ⅳ_d0290240_11195807.jpg
その6
オジロビタキ Ⅳ_d0290240_11200829.jpg
その7
オジロビタキ Ⅳ_d0290240_11204285.jpg
その8
オジロビタキ Ⅳ_d0290240_11205410.jpg
その9
オジロビタキ Ⅳ_d0290240_11210658.jpg

上記の写真は在庫の作品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
  
    


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】




by ichibannori | 2020-02-23 04:00 | 野鳥
2020年 02月 10日

オジロビタキ Ⅲ

判別つかず


オジロビタキは、上嘴も下嘴も黒色。
これに対しニシオジロビタキでは、上嘴は黒褐色、下嘴は淡橙褐色
もう一つの比較場所は、上尾筒です。
オジロビタキの上尾筒は、漆黒と言っていいほどの黒色です。
これに対し、ニシオジロビタキでは、黒褐色。

漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林
日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06400535.jpg
その2
オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06401450.jpg
その3
オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06402522.jpg
その4
オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06403477.jpg
その5
オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06404481.jpg
その6
オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06405341.jpg
その7
オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06414610.jpg
その8
オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06415785.jpg
その9
オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06421478.jpg

上記の写真は在庫の作品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】




by ichibannori | 2020-02-10 04:00 | 野鳥
2020年 01月 27日

オジロビタキ Ⅱ 

判別つかず

オジロビタキは、上嘴も下嘴も黒色。
これに対しニシオジロビタキでは、上嘴は黒褐色、下嘴は淡橙褐色
もう一つの比較場所は、上尾筒です。
オジロビタキの上尾筒は、漆黒と言っていいほどの黒色です。
これに対し、ニシオジロビタキでは、黒褐色。



漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林
日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

オジロビタキ Ⅱ _d0290240_14123538.jpg
その2
オジロビタキ Ⅱ _d0290240_14124464.jpg
その3
オジロビタキ Ⅱ _d0290240_14125218.jpg
その4
オジロビタキ Ⅱ _d0290240_14130372.jpg
その5
オジロビタキ Ⅱ _d0290240_14131173.jpg
その6
オジロビタキ Ⅱ _d0290240_14132046.jpg
その7
オジロビタキ Ⅱ _d0290240_14140928.jpg
その8
オジロビタキ Ⅱ _d0290240_14144442.jpg
その9
オジロビタキ Ⅱ _d0290240_14145759.jpg

上記の写真は在庫の作品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
        


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】




by ichibannori | 2020-01-27 04:00 | 野鳥
2020年 01月 25日

オジロビタキ Ⅰ

漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林
日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

オジロビタキ Ⅰ_d0290240_20043694.jpg
その2
オジロビタキ Ⅰ_d0290240_20044568.jpg
その3
オジロビタキ Ⅰ_d0290240_20045628.jpg
その4
オジロビタキ Ⅰ_d0290240_20050546.jpg
その5
オジロビタキ Ⅰ_d0290240_20051367.jpg
その6
オジロビタキ Ⅰ_d0290240_20052431.jpg
その7
オジロビタキ Ⅰ_d0290240_20055829.jpg
その8
オジロビタキ Ⅰ_d0290240_20060912.jpg
その9
オジロビタキ Ⅰ_d0290240_20061998.jpg

上記の写真は在庫の作品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    
    


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】




by ichibannori | 2020-01-25 04:00 | 野鳥
2019年 03月 06日

オジロビタキ Ⅱ

漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より
命名の由来:日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
      (1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
      (2)オジロビタキは東経50度以東としている。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_15092109.gif
その2
オジロビタキ Ⅱ_d0290240_15092949.gif
その3
オジロビタキ Ⅱ_d0290240_15093927.gif
その4
オジロビタキ Ⅱ_d0290240_15094883.gif
その5
オジロビタキ Ⅱ_d0290240_15095810.gif
その6
オジロビタキ Ⅱ_d0290240_15100639.gif
その7
オジロビタキ Ⅱ_d0290240_15104776.gif
その8
オジロビタキ Ⅱ_d0290240_15105899.gif
その9

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_15111223.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


三寒四温と言うけれど、

雨がポツリ、ちゅうちょする。
えーい出かけよう、
ベニマシコも動きに変化が出てきました。
北帰行は近いのか、
北海道の鳥撮りに聞くと寒いからゆっくりで言いよとのことづけ。


№1 150㎜のレンズ、無茶を承知で限界に挑戦

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_10342524.gif

№2  テレコンにデジタルテレコンを使用 150×2×2×1.4=840になる

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_10343247.gif

№3

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_10344038.gif

№4  ネコヤナギも芽吹き、どの鳥も初物は好きなようである

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_10344805.gif

№5

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_10345698.gif

№6

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_10350340.gif

№7

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_10353230.gif

№8

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_10354639.gif



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2019-03-06 11:00 | 野鳥
2019年 02月 28日

オジロビタキ

漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より
命名の由来:日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
      (1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
      (2)オジロビタキは東経50度以東としている。


山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

オジロビタキ_d0290240_15181385.gif
その2
オジロビタキ_d0290240_15182493.gif
その3
オジロビタキ_d0290240_15183538.gif
その4
オジロビタキ_d0290240_15184207.gif
その5
オジロビタキ_d0290240_15185172.gif
その6
オジロビタキ_d0290240_15190064.gif
その7
オジロビタキ_d0290240_15194102.gif
その8
オジロビタキ_d0290240_15195178.gif
その9

オジロビタキ_d0290240_15200137.gif


上記の写真は在庫品です。

【一か月後の見沼の紹介】

昨年の記録を見ると4月始めにはソメイヨシノが満開に今年はどう展開すか楽しみです。
その記録をどうぞ。


№1

オジロビタキ_d0290240_09140392.jpg
№2
オジロビタキ_d0290240_09141640.jpg

№3

オジロビタキ_d0290240_09142841.jpg

№4

オジロビタキ_d0290240_09151127.jpg
№5
オジロビタキ_d0290240_09154610.jpg
№6
オジロビタキ_d0290240_09160063.jpg
№7
オジロビタキ_d0290240_09164158.jpg
№8
オジロビタキ_d0290240_09165707.jpg
№9
オジロビタキ_d0290240_09171984.jpg
使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
ニコン D500+18~300㎜ 


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2019-02-28 12:00 | 野鳥
2017年 01月 24日

オジロビタキ Ⅳ

上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。


2~3日前に他の場所に移動したとか、貴重な出会いを有難うと言いたい。
色々なご意見もあると思うが、これで良かったのだろう。


漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林

命名の由来:日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
      (1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
      (2)オジロビタキは東経50度以東としている。
      (再掲載×3)
      「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋



その1

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_05480372.gif



その2

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_05481290.gif



その3

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_05482262.gif



その4

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_05483038.gif



その5

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_05484149.gif



その6

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_05485443.gif



その7

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_05493852.gif



その8

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_05494886.gif



その9

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_05495848.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日この頃】

小鳥の撮影は晴天では向かぬと思うが出かける。
ベニマシコ以外は成果が上がらぬ、贅沢と思うが。
このところイカル、コイカルの情報があり、コイカル一羽を確認できたが、
陰影が強く、満足な絵にならなかった。



副産物のミコアイサの雌を至近距離で撮る。

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_10295189.gif



オジロビタキ Ⅳ_d0290240_10300256.gif



オジロビタキ Ⅳ_d0290240_10301102.gif



嘗て、この場所で撮ったミコアイサの雄

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_10311331.jpg



今日のコイカルなんだが

オジロビタキ Ⅳ_d0290240_10293439.gif




オジロビタキ Ⅳ_d0290240_10294335.gif





by ichibannori | 2017-01-24 12:00 | 野鳥
2017年 01月 11日

オジロビタキ Ⅲ

年が明けました。
オジロビタキは元気にしているでしょうか。
鳥友によると年末にコナラの木から他の木に移ったようです。



上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。



漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥



日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。
(再掲載×2)
「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋



その1

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06410871.gif



その2

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06411632.gif



その3

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06412795.gif



その4

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06413732.gif



その5

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06414792.gif



その6

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06425747.gif



その7

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06444092.gif



その8

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06444818.gif



その9

オジロビタキ Ⅲ_d0290240_06455179.gif



上記の写真は在庫品です。




【友の絵を見たら蘇った】

所要により鳥撮りは休む、ウォーキングは続く、五か月継続中150万歩になる。
先日友がナベヅルを撮りに行った。私は二年前に撮っているのでスルーした。
その時の絵を。



オジロビタキ Ⅲ_d0290240_09435690.gif



オジロビタキ Ⅲ_d0290240_09440364.gif



オジロビタキ Ⅲ_d0290240_09441301.gif




オジロビタキ Ⅲ_d0290240_09442077.gif




オジロビタキ Ⅲ_d0290240_09442759.gif




オジロビタキ Ⅲ_d0290240_09443541.gif




オジロビタキ Ⅲ_d0290240_09444419.gif








by ichibannori | 2017-01-11 12:00 | 野鳥
2016年 12月 25日

オジロビタキ Ⅱ

鳥友によるとコナラの木から他の木に移ったとか、
紅葉したコナラの木に止まった鳥を撮る事が出来、幸運だった。
多くの作品例を見てみると鳥の色合いは最初に撮った方々絵が冴えている。
美しい鳥ゆえ、今でも全国からバーダーが押し寄せているらしい。

上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。


漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥


日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。
(再掲載)
「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋




その1

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_19282371.gif



その2

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_19285330.gif



その3

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_19292348.gif



その4

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_19295483.gif



その5

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_19302450.gif



その6

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_19305314.gif



その7

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_19314530.gif



その8

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_19323023.gif



その9

オジロビタキ Ⅱ_d0290240_19330024.gif



上記の写真は在庫品です。




【近くを歩いてみると】

夜明けから自然公園まで「緑のヘルシーロード」を歩く
自然公園は「蝋梅」は満開、平年と同じようだ。
「万作」や「河津桜」は春に咲く蕾の準備していた。
歩っている時は寒くないが止まると寒さが身に染みる。
ベニ場に寄ってみたが、鳥は出てこなかった。
最近は地元のバーダーも敬遠のようだ。
近くの方々は撮れれば儲けものと、言うつもりのようだ。



自然公園の蝋梅とユリカモメ


オジロビタキ Ⅱ_d0290240_16474955.gif



オジロビタキ Ⅱ_d0290240_16480151.gif





by ichibannori | 2016-12-25 12:00 | 野鳥