野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アマサギ ( 14 ) タグの人気記事


2018年 05月 17日

アマサギ Ⅲ

漢字名:猩猩鷺(しょうじょうさぎ)、飴鷺
英 名:Cattle Egret
科 属:ペリカン目/サギ科
全 長:L50cm
時 期:夏鳥々
命名の由来:夏羽の顕著な橙色から、酒を飲む想像上の動物「猩猩鷺」を連想して猩々鷺の漢字名。
        アマサギの和名のアマは、繁殖羽の色を飴色と表現したもの。
        雨が雨雲、雨燕と変化するものと同じで「あまさぎ」(転音という)。
        飴色とは赤褐色の水飴の色である。
        『亜麻色の髪の少女』という歌が流行した頃に、
        一部の鳥関係者が「亜麻鷺」という漢字を使われたが、
        野外で繁殖羽のアマサギを見れば、誤りということがわかる。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_11383122.gif


その2

d0290240_11383931.gif



その3

d0290240_11384720.gif



その4

d0290240_11385559.gif



その5

d0290240_11390774.gif



その6

d0290240_11392439.gif



その7

d0290240_11401079.gif



その8

d0290240_11401995.gif



その9

d0290240_11402934.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

久しぶりの本日編、

今シーズンはツミが撮れていなく、近場で探すが容易でなかった。

そんなの時、知人から情報を頂きプチ遠征をして撮ることが出来、安堵する。

これから少し通って良い絵を残したい。

とりあえず

d0290240_15263964.gif



d0290240_15264794.gif



d0290240_15265470.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】








by ichibannori | 2018-05-17 12:00 | 野鳥
2018年 05月 11日

アマサギ Ⅱ

漢字名:猩猩鷺(しょうじょうさぎ)、飴鷺
英 名:Cattle Egret
科 属:ペリカン目/サギ科
全 長:L50cm
時 期:夏鳥々
命名の由来:夏羽の顕著な橙色から、酒を飲む想像上の動物「猩猩鷺」を連想して猩々鷺の漢字名。
        アマサギの和名のアマは、繁殖羽の色を飴色と表現したもの。
        雨が雨雲、雨燕と変化するものと同じで「あまさぎ」(転音という)。
        飴色とは赤褐色の水飴の色である。
        『亜麻色の髪の少女』という歌が流行した頃に、
        一部の鳥関係者が「亜麻鷺」という漢字を使われたが、
        野外で繁殖羽のアマサギを見れば、誤りということがわかる。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_08395663.gif


その2

d0290240_08400497.gif



その3

d0290240_08401317.gif



その4

d0290240_08402240.gif



その5

d0290240_08403504.gif



その6

d0290240_08404279.gif



その7

d0290240_08415123.gif



その8

d0290240_08420201.gif



その9

d0290240_08421348.gif




上記の写真は在庫品です。



【雨あがる】

一昨日は傘を指しながらサンコウチョウを待つ、昨日も雨の中滞在しているとか、

しかし月一度の病院通い、寒い、暖房を付ける。

午後になると「雨あがる」

天候不順のため運動不足、歩かなくちゃ。

空を見上げれば撮る。

新兵器で小鳥を追尾がうまく行かず悩んでいたが、少し大きい被写体になると、追っかけてくれる。

面白いほど、緑の背景があっても抜けず、自分が終えればどこまでも。

12-100のレンズで

冬の猛禽が待ち遠しい、特に白鳥は追えるだろう。


d0290240_20410942.gif



d0290240_20423668.gif



d0290240_20430964.gif



d0290240_20434121.gif



d0290240_20441108.gif


自分の目で追尾できれば何十連写でもついてくる、
d0290240_20444155.gif



d0290240_20451125.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-05-11 12:00 | 野鳥
2018年 05月 06日

アマサギ Ⅰ

代掻きをして田植えを終えると農家は秋まで手を抜くことはできない。

例年出かける田圃は水辺の鳥の宝庫、

今シーズンも美形のアマサギに会えた。

ファインダーで覗くと、周りの草花とコラボしてルノアールの絵のように見える。

距離のある被写体は陽炎でピントが来なかったが、少し近く、方向を変えると羽根の美しさが

新兵器がとらえた。


漢字名:猩猩鷺(しょうじょうさぎ)、飴鷺
英 名:Cattle Egret
科 属:ペリカン目/サギ科
全 長:L50cm
時 期:夏鳥々

命名の由来:夏羽の顕著な橙色から、酒を飲む想像上の動物「猩猩鷺」を連想して猩々鷺の漢字名。
        アマサギの和名のアマは、繁殖羽の色を飴色と表現したもの。
        雨が雨雲、雨燕と変化するものと同じで「あまさぎ」(転音という)。
        飴色とは赤褐色の水飴の色である。
        『亜麻色の髪の少女』という歌が流行した頃に、

        一部の鳥関係者が「亜麻鷺」という漢字を使われたが、
        野外で繁殖羽のアマサギを見れば、誤りということがわかる。

  山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より

使用器材 

カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
  Teleconverter: MC-14KO DIGITAL



その1

d0290240_19340897.gif


その2

d0290240_19342025.gif



その3

d0290240_19343038.gif



その4

d0290240_19344343.gif



その5

d0290240_19345541.gif



その6

d0290240_19350786.gif



その7

d0290240_19351938.gif



その8

d0290240_19353292.gif



その9

d0290240_19354497.gif


上記の写真は在庫品です。


【GWも終わりですね】

昨日は地元の農家の催し「こいのぼり祭り」を開催されていましたが、

子供より大人の方が多かったように見えました。

風も有り、こいのぼりは元気よく泳いでいました。

そして今日は快晴微風の予想で田圃に5時着、ムナグロしかおらず、

灌漑沼に行くと地元の長老は到着して元気な数人に挨拶し、撮りに立ち位置をとる。

無風で鳴く微風では写りこみがいまいち、そのうち風も出てきて、それなりの写真で満足できず、

帰路につく、買い出しの寄り道をしても9時30分には自宅に到着。

今日は昼間が長いなあ


d0290240_10530838.gif


ひばりの繁殖行為と思われた
d0290240_10532374.gif


珍しい花、名前はわかりません、ご存じの方がいましたら教えてください。
d0290240_10541206.gif



d0290240_10542304.gif

日の出直後のムナグロ
d0290240_10564510.gif



d0290240_10565876.gif


カップル成立のもよう
d0290240_10580491.gif


給餌の後の雄は歯磨きをするのか
d0290240_10590176.gif



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】







by ichibannori | 2018-05-06 12:00 | 野鳥
2016年 05月 25日

アマサギ  Ⅰ

漢字名:猩猩鷺(しょうじょうさぎ)、飴鷺
英 名:Cattle Egret
科 属:ペリカン目/サギ科
全 長:L50cm
時 期:夏鳥々


夏羽の顕著な橙色から、酒を飲む想像上の動物「猩猩鷺」を連想して猩々鷺の漢字名。
アマサギの和名のアマは、繁殖羽の色を飴色と表現したもの。
雨が雨雲、雨燕と変化するものと同じで「あまさぎ」(転音という)。
飴色とは赤褐色の水飴の色である。
『亜麻色の髪の少女』という歌が流行した頃に、一部の鳥関係者が「亜麻鷺」という漢字を使われたが、
野外で繁殖羽のアマサギを見れば、誤りということがわかる。
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より

この時期の田圃にアマサギは似合う。
婚姻色が強くなり橙色が緑に映える、近くで撮るのも良いが、やはり田園風景の中に
アマサギを置いて引いた絵が最高、少し遠いがピントはそれなりで良い。
近くに居た鳥撮り人は遠いから撮らないとか、人それぞれか。




その1

d0290240_10371439.gif



その2

d0290240_10372444.gif



その3

d0290240_10373537.gif



その4

d0290240_10374580.gif



その5

d0290240_10375844.gif



その6

d0290240_10381456.gif



その7

d0290240_10382509.gif



その8

d0290240_10383724.gif



その9

d0290240_10384797.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】





by ichibannori | 2016-05-25 12:00 | 野鳥
2014年 07月 04日

アマサギ  Ⅲ

最後になりました。
来年も期待して待つ事とします。



その1

d0290240_08280970.gif


その2

d0290240_08282431.gif


その3

d0290240_08284594.gif


その4

d0290240_08290037.gif


その5

d0290240_08291489.gif


その6

d0290240_08293092.gif


その7

d0290240_08294324.gif


その8

d0290240_08295839.gif


その9

d0290240_08301590.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】





by ichibannori | 2014-07-04 18:00 | 野鳥
2014年 06月 24日

アマサギ  Ⅱ

アマサギが来る頃、田圃はにぎわいます。
ヨシゴイが最後まで居るんです。



その1

d0290240_06413168.gif


その2

d0290240_06414700.gif


その3

d0290240_06420206.gif



その4

d0290240_06421615.gif



その5

d0290240_06422947.gif



その6

d0290240_06424627.gif



その7

d0290240_06430007.gif



その8

d0290240_06431371.gif



その9

d0290240_06432717.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日の独り言】

 鳥撮りの先輩が発見したその日は4人で撮ったセイタカシギ
 近頃ブログを拝見すると鳥撮りが増えているようだ。
 抱卵も始まりS先輩も言っていたが、そっとしたい。
 雛は足が長くチェック柄の薄茶色で可憐だ。
 撮る場合は離れた場所で短時間でストレスを与えないようにしてほしい。


by ichibannori | 2014-06-24 18:00 | 野鳥
2014年 06月 13日

今年もアマサギを  Ⅰ

足しげく通う田圃
毎年田植えの終わって、少し稲が伸びた田圃で、
アマサギを撮りたいと願っているが、思うように行かない。
その時期オオヨシキリ、カッコウ、コヨシキリ、ヨシゴイとか
撮るチャンスガが多いので、いつかは会えると思って通う。
年1回のチャンスが誰もいない早朝に会った。
神経質な鳥たちなので一人が良い。
遠くから撮影をはじめて少しずつ距離を詰めていく。
相当遠くから狙っているが、鳥たちは後退していく。
午前5時30分ごろの直射は土手からやっと揚がった陽で弱く斜めで影がでない。
そんなひと時の記録である。


その1

d0290240_11172360.gif


その2

d0290240_11173907.gif


その3

d0290240_11175446.gif


その4

d0290240_11180943.gif


その5

d0290240_11182700.gif


その6

d0290240_11184359.gif


その7

d0290240_11185781.gif


その8

d0290240_11191237.gif


その9

d0290240_11200425.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

  朝3時に外を見ると満月だ、4時に起きパソコンで天気をチェックすると
 風1m、絶好の鳥撮り日だと思い出かけるが、現地はさざ波が立っている。
 しかし快晴で水は青い空が映り、曇天とは又趣が違う。
 風の状況が変化するが、鳥たちの行動はいつもと違っていた。
 ままならぬ
 遠方から見えた鳥友の成果はどうだったか。

d0290240_16020296.gif



d0290240_16022040.gif




by ichibannori | 2014-06-13 18:00 | 野鳥
2014年 05月 30日

タマシギ  Ⅲ

田圃にも色々動きが有るようですが
その3のタマシギです


その1

d0290240_08000842.gif


その2

d0290240_08002270.gif


その3

d0290240_08003574.gif


その4

d0290240_08004810.gif


その5

d0290240_08010714.gif


その6

d0290240_08012461.gif


その7

d0290240_08013747.gif


その8

d0290240_08015301.gif


その9

d0290240_08021190.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

毎シーズン美しい田植えの終わった田圃でアマサギと会うのを楽しみにしている。
 最近数が少ないと聞いていたが、今朝会うことが出来た。
 4時には田圃に到着していないと初夏の涼しさと日の出そして鳥の目覚めが体験できない。
 1時間遅刻で東の低い位置に太陽はあったが、上空は曇天であった。
 だんだん陽が強くなり写真の撮れる時間は終わった、もう少しコヨシキリが上に上がってくれればと。
 満足して帰路に着く。


 9羽の集団に会う

d0290240_15041837.gif


  警戒心が強く距離を縮めることはできなかった

d0290240_15043802.gif



  
d0290240_15050026.gif




by ichibannori | 2014-05-30 18:00 | 野鳥
2013年 11月 07日

シラサギ類他

早朝、沼に行くとシラサギ類に中州がコロニー化している。
朝日があたると、眩しく写る。


その1
d0290240_15573756.gif


その2
d0290240_15574739.gif


その3
d0290240_1557575.gif


その4
d0290240_1558743.gif


その5
d0290240_1558221.gif


その6
d0290240_15583262.gif


その7
d0290240_15584178.gif


その8
d0290240_15585142.gif


その9
d0290240_1558592.gif



上記の写真は在庫品です。

by ichibannori | 2013-11-07 20:00 | 野鳥
2013年 10月 15日

空を見ると!

灌漑用の沼に通っている、静かに独りで撮れるから
この日は遅く7時に到着、道が混み、早く行かないとだめだ。
知人のブログの情報からシギチ類の勉強をするために。
しかし行って見るとサギ類がコロニーを形成している。夏の時もそうだったが、
圧巻である。まずサギから色々と。

その1
d0290240_17392912.gif


その2
d0290240_1739394.gif


その3
d0290240_17394840.gif


その4
d0290240_17395740.gif


その5
d0290240_1740952.gif


その6
d0290240_17401956.gif


その7
d0290240_17402837.gif


その8
d0290240_17403923.gif


その9
d0290240_17405018.gif


上記の写真は在庫品です。

【鳥撮りの独りごと】 
 台風26号が向かっている、自分勝手に企みを、17日の朝は早起きか。
 急に行く所が増え、掛け持ちできるか。

by ichibannori | 2013-10-15 20:00 | 野鳥