野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 31日

友に感謝 ハジロクロハラアジサシ Ⅰ

準MFの灌漑沼にハジロクロハラアジサシが12羽もやって来たと友より連絡あり。

昼食抜きで急ぐ、途中いつも一緒に撮って居る友に連絡するがつながらない。

到着して友にお礼かたがた情報を得て立ち位置を決める。

陽は南から西に向かって反逆光状態、とりあえずシャッターを切ったら3600カットになった、バカだな。

連絡がとれた友も到着してバトンタッチをする。

とうとう昼飯は抜きだった。

そんなことでフクロウのデータも手付かず、ハジロクロハラアジサシも加わり、

ブログに載せるデータを編集して今日に至る。

なかなか新兵器もやるわいなと思ったら故障が発生し病院送りになった。


漢字名:羽白黒腹鯵刺
英 名:White-winged Black Tern
科 属:チドリ目/カモメ科
全 長:L23cm
時 期:旅鳥

命名の由来:ハラアジサシ、ハジロクロハラアジサシ、ハジグロクロハラアジサシの三種からなる。
三種とも成鳥冬羽、幼鳥と成鳥夏羽の羽衣がはっきり異なる。
ハジロクロハラアジサシの成鳥夏羽は頭部から喉、胸腹部が濃い黒色で下雨覆も黒、
翼上面が白ないし灰白色なので漢字名は羽白黒腹鯵刺。
日本では三種とも旅鳥で春秋の渡りの時季に見られる。


山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より


その1

d0290240_20223573.gif


その2

d0290240_20232059.gif


その3

d0290240_20235022.gif


その4

d0290240_20242053.gif


その5

d0290240_20250519.gif


その6

d0290240_20253673.gif


その7

d0290240_20254935.gif


その8

d0290240_08170760.gif



その9

d0290240_20261606.gif


上記の写真は在庫品です。




【まさに梅雨】

今週は体調維持にウォーキングを早朝行っている。

晴れ間もあるが前日の雨のなごりか朝靄に煙る美しい田圃、

湿度も高く呼吸は楽だ、それでも薬の影響か汗が、時々扇子で仰ぐ。

稲穂も順調にのび、農家の方たちは水の管理に勤しむ。

そんな梅雨時の田圃をきりとる。


定点スポットは久しぶり、みどりがまぶしい

d0290240_09042077.gif

ザクロの花も雨露がつき美しい

d0290240_09043639.gif


d0290240_09060540.gif

雑草も朝露が逆光にて美しくひかる

d0290240_09062821.gif

ダイサキの飾り羽根が華麗だ

d0290240_09072560.gif


d0290240_09084927.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-05-31 12:00 | 野鳥
2018年 05月 30日

アマサギ Ⅴ

亜麻色と言えば「ビレッジシンガーズ」の「亜麻色の髪の乙女」を思い出す。
良き青春時代であった。


漢字名:猩猩鷺(しょうじょうさぎ)、飴鷺
英 名:Cattle Egret
科 属:ペリカン目/サギ科
全 長:L50cm
時 期:夏鳥々
命名の由来:夏羽の顕著な橙色から、酒を飲む想像上の動物「猩猩鷺」を連想して猩々鷺の漢字名。
        アマサギの和名のアマは、繁殖羽の色を飴色と表現したもの。
        雨が雨雲、雨燕と変化するものと同じで「あまさぎ」(転音という)。
        飴色とは赤褐色の水飴の色である。
        『亜麻色の髪の少女』という歌が流行した頃に、
        一部の鳥関係者が「亜麻鷺」という漢字を使われたが、
        野外で繁殖羽のアマサギを見れば、誤りということがわかる。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_19163135.gif


その2

d0290240_19164422.gif



その3

d0290240_19165236.gif



その4

d0290240_19170133.gif



その5

d0290240_19171341.gif



その6

d0290240_19172064.gif



その7

d0290240_19175115.gif



その8

d0290240_19180485.gif



その9

d0290240_19181295.gif




上記の写真は在庫品です。




【フクロウ撮りは退屈で】

顔を出さないフクロウ、時間つぶしに虫の愛好家の後につく

今日は黄色いハートが背中に付いている虫なんです。

エサキモンキツノカメムシ
体の周縁部が緑色、中央部が褐色で、胸の両端が尖り、体の中央にハート型の斑紋があるカメムシ。
ミズキなどの樹上で見られる。メスは産んだ卵を守る習性がある。

d0290240_09062604.gif


d0290240_09063603.gif


d0290240_09064677.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-05-30 12:00 | 野鳥
2018年 05月 29日

ケリ Ⅱ

雛が誕生すると以前に増して警戒心が強く威嚇しにやってくる
カメラマンの頭をめがけて来るので脅威。
雛が大きくなっても変わらないのか。


漢字名:鳧
英 名:Grey-headed lapwing
科 属:チドリ目/チドリ科
全 長:L36cm 
時 期:ほぼ留鳥。中国地方以南では比較的まれな冬鳥。
環 境:水田、畑、川原、草地など。
命名の由来:「ケリリ」という鳴き声からケリ。
      田の上で飛び降りする様子が、里(距離の単位)を計っているようなので「計里」とも。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_19074986.gif


その2

d0290240_19075625.gif



その3

d0290240_19080313.gif



その4

d0290240_19081190.gif



その5

d0290240_19082226.gif



その6

d0290240_19083029.gif



その7

d0290240_19090508.gif



その8

d0290240_19091519.gif



その9

d0290240_19092850.gif



上記の写真は在庫品です。



【フクロウ撮りは辛抱が必要】

朝5時に行くがフクロウは巣箱の中、いつ顔を出すのか、

前半はすぐ帰路に付いていたが、

そのうち証拠写真でもと巣箱から顔を出すシーンを撮る。

暇なのである。

この公園には植物の観察、蝶や虫の観察者が多く、

話を聞きながら仲間に入れてもらい、

虫の名をお聞きよく見ると綺麗な虫も居るもんだと写真にする。

このフィールドには鳥と蝶の観察者が多い。


キンカメムシ(金椿象・金亀虫)は、カメムシ目カメムシ亜目のキンカメムシ科に属する昆虫の総称である。
やや大型のカメムシ類である。熱帯系で、非常に派手な体色の種を含む。
日本には数種あるが、主として熱帯を中心に多くの種がある。


d0290240_08523745.gif


d0290240_08524508.gif


d0290240_08525483.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-05-29 12:00 | 野鳥
2018年 05月 28日

フクロウなんです Ⅱ

何日通ったことだろう、日記に付けていないため友に問い合わせ中(推定17日から)

シャッターを押していれば記録が残っているが、幾日かは朝五時に巣箱を見て帰宅していた。

少しは記録を残そうと22日に不本意な巣箱を撮る。


漢字名:梟
英 名:Ural Owl
科 属:フクロウ目/フクロウ科
全 長:L50cm
時 期:留鳥、MFでは夏鳥
命名の由来:フクロウの名前は鳴き声が由来。
      各地にさまざまな方言がある。
      1. 五郎助奉公
      2. ぼろ着て奉公
      3. 法法、五郎助奉公 など

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_10502442.gif


その2
d0290240_10503634.gif


その3  正面から撮っても知恵が無いといったら友が聞いていた「口は災いの元」
d0290240_10505244.gif


その4
d0290240_10545585.gif


その5
d0290240_10550603.gif


その6
d0290240_10551995.gif


その7
d0290240_10553206.gif


その8
d0290240_10554485.gif


その9
d0290240_10555698.gif


上記の写真は在庫品です。




【巣箱だけでは時間が持たない】

他の鳥を探しに近くの公園に

案山子を撮りに行く
d0290240_10572242.gif


d0290240_10580451.gif

d0290240_10582172.gif

d0290240_10583561.gif

【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-05-28 12:00 | 野鳥
2018年 05月 27日

ツミ Ⅰ

美しい猛禽、住宅地の森や郊外の屋敷林などでよく目にする。

しかし最近はカラスが増えツミも容易に過ごすことは出来ず、営巣地を転々と探している。

そんな理由もあり例年の営巣地を離れ、我等バーダーも地道に探すしか方法がない。

地元のバーダーが森を一つ一つ探し、やっとたどり着いた成果である。


漢字名:雀鷹
英 名:Bull-headed Shrike
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L♂27cm L♀30cm 
時 期:夏鳥、少数が関東地方以西で越冬する

命名の由来:スズメのような小鳥をよく狩ることから「須須美多科加」といい、
それが転じて「ツミ」。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より


その1

d0290240_17464426.gif


その2

d0290240_17465467.gif



その3

d0290240_17470590.gif



その4

d0290240_17471655.gif



その5

d0290240_17472792.gif



その6

d0290240_17473929.gif



その7

d0290240_17475181.gif



その8

d0290240_17480116.gif



その9

d0290240_17481131.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

一週間の疲れを癒しながらフクロウの整理を行っていたら友から連絡、

昼飯ぬきで直行するとハジロクロハラアジサシか12羽、この沼では初めてとか。

太陽は南から西に向かい逆光になりかけ、難しく撮影になった。

とりあえず見てください。

d0290240_15223970.gif



d0290240_15224610.gif



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-05-27 12:00 | 野鳥
2018年 05月 26日

フクロウ物語

2011年5月9日から始まったフクロウ物語
MFの森に毎シーズン初夏にフクロウがやって来る。
今年で8年目、過去にトラブルや巣の中に他の動物が入ったり
巣の位置も変わったりとあったが、森の管理者の努力、野鳥クラブの尽力
有志の奉仕によって今日がある。
大多数の方は巣から雛が出る前は非公開とするような申し合わせを守っている。
今期も心配されたが元の巣に戻り、二羽の雛が無事に巣立ち、バーダーを喜ばせた。


漢字名:梟
英 名:Ural Owl
科 属:フクロウ目/フクロウ科
全 長:L50cm
時 期:留鳥、MFでは夏鳥

命名の由来:フクロウの名前は鳴き声が由来。
      各地にさまざまな方言がある。
      1. 五郎助奉公
      2. ぼろ着て奉公
      3. 法法、五郎助奉公 など
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1 2011年GWに親を発見、静かに見守った、初めての場所なのか、昼間は巣の近くで見守っていた

d0290240_08285332.gif


その2  「一番乗り」だから見られる、人が多くなると隠れてしまう

d0290240_08310898.gif


その3  早朝低い場所に

d0290240_08320748.gif


その4  2011年以降こんな絵は撮れていない

d0290240_08324833.gif


その5  初年度でピークが来てしまった

d0290240_08335705.gif


その6  2012年も来てくれ安堵した

d0290240_08344288.jpg


その7  今と違ってバーダーも少なく森の中、至近距離にて

d0290240_08352467.gif


その8  2013年 5時にゲートが開く、一目散で駆け付け、何処に今年はここまで後退してしまった

d0290240_08364022.jpg


その9  2014年こんな枝に行き止まり故、落下するのか

d0290240_08410298.jpg


その10  2015年 木製の巣箱ゆえ隠れるように絵を撮る

d0290240_08420090.gif


その11  2016年 良い所に留まってくれた、これでは夜まで動けない

d0290240_08425990.gif


その12 2017年近くの森に移動、よく巣立ってくれた

d0290240_08444332.gif


その13  そして今年(2018年)元の位置に戻ってくれた

d0290240_08462005.gif


その14

d0290240_08473097.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日の一言】
 夏鳥も通過して山に向かう、水辺の鳥たちも何処へ、ブログ運営も休まず行っているが

意地を張らず休めばよいのであろうが意固地に「継続は力なり」と近場の鳥を探して頑張っている。

愛車のこと

子供たちも独立して大きな車を維持するのに体力の老化で、キズだらけ、一つの車を17年も乗り続け

終焉も近く、小さな車に移行して再出発をしよう。



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-05-26 12:00 | 野鳥
2018年 05月 25日

ハシブトガラス

なーんだ、カラスか、何んて言わないでお付き合いください。

頭のよい鳥で最近駅の自動販売機のSuicaなどを持ち去るとニュースで見ました。

ごみを漁る、しかし人間の不始末が原因、鳥撮りの際、リュックを開けたら弁当を持っていかれた。

そんな色んな事がありますが親子のしぐさはまさに震源を含めて生物の生きようとする行動は関心する。

親子の給餌を近くで見ることが出来た。


漢字名:嘴太烏
英 名:Jungle Crow
科 属:スズメ目/カラス科
全 長:L57cm 
時 期:留鳥または漂鳥。
環 境:海岸、市街地、川原、農耕地、山地から高山など。

命名の由来:ハシは「嘴」のこと。嘴が太いから「嘴太鳥」は「アー、アー」と澄んだ声で鳴く。
      嘴が細いから「嘴細鳥」は「ガー、ガー」と濁り声で鳴く。
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_14254905.gif


その2

d0290240_14261973.gif



その3

d0290240_14270457.gif



その4

d0290240_14273400.gif



その5

d0290240_14281195.gif



その6

d0290240_14285957.gif



その7

d0290240_14341175.gif



その8

d0290240_14344267.gif



その9

d0290240_14351142.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-05-25 12:00 | 野鳥
2018年 05月 24日

やっと撮ることが出来ました、二度も キジ Ⅲ

日本の国鳥といわれいてるキジ、繁殖時期のこの頃、良く目にする。
キジの絵を撮るのは容易だが、飛んでいるキジは過去にも挑戦したがうまくいかなかった。
理由はキジを目にすると同時か、急に茂みから飛び出し撮ることは容易ではなかった。
今回はウォーキングで良く会うキジ君で遠くから見ていると急ぎ足で横切ろうとしていたが、
背面からご婦人、こちらから私、とうとう追い詰められ川の向こう側に飛びだした。
とうとう広大な田圃を飛ぶ姿をズームレンズ12~100は追ってくれた。
18枚/秒の設定で5秒間80枚の連写、18カットを2回に分けて掲載。

漢字名:雉
英 名:Green Pheasant
科 属:キジ目/キジ科
全 長:雄L81cm 雌L58cm 翼開長L77cm
時 期:留鳥。
環 境:平地から山地の林、草地、農耕地など。
命名の由来:雉という漢字の「隹」は「とり」のこと。
      つまり雉とは「矢のように飛ぶ鳥」という意味。
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より
使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ISO 2500
シャッタースピード 1/2000秒
絞り値 F5.6
スポット測光




その1

d0290240_15145411.gif


その2

d0290240_15150647.gif



その3

d0290240_15151833.gif



その4

d0290240_15152732.gif



その5

d0290240_15153926.gif



その6

d0290240_15154945.gif



その7

d0290240_15155928.gif



その8

d0290240_15160927.gif



その9

d0290240_15162058.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-05-24 12:00 | 野鳥
2018年 05月 23日

やっと撮ることが出来ました、二度も キジ Ⅱ

日本の国鳥といわれいてるキジ、繁殖時期のこの頃、良く目にする。
キジの絵を撮るのは容易だが、飛んでいるキジは過去にも挑戦したがうまくいかなかった。
理由はキジを目にすると同時か、急に茂みから飛び出し撮ることは容易ではなかった。
今回はウォーキングで良く会うキジ君で遠くから見ていると急ぎ足で横切ろうとしていたが、

背面からご婦人、こちらから私、とうとう追い詰められ川の向こう側に飛びだした。
とうとう広大な田圃を飛ぶ姿をズームレンズ12~100は追ってくれた。
18枚/秒の設定で5秒間80枚の連写、18カットを2回に分けて掲載。


漢字名:雉
英 名:Green Pheasant
科 属:キジ目/キジ科
全 長:雄L81cm 雌L58cm 翼開長L77cm
時 期:留鳥。
環 境:平地から山地の林、草地、農耕地など。
命名の由来:雉という漢字の「隹」は「とり」のこと。
      つまり雉とは「矢のように飛ぶ鳥」という意味。
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より

使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
ISO 2500
シャッタースピード 1/2000秒
絞り値 F5.6
スポット測光


その1

d0290240_14503718.gif


その2

d0290240_14504816.gif



その3

d0290240_14505877.gif



その4

d0290240_14510706.gif



その5

d0290240_14511684.gif



その6

d0290240_14512449.gif



その7

d0290240_14515917.gif



その8

d0290240_14520816.gif



その9

d0290240_14521804.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-05-23 12:00 | 野鳥
2018年 05月 22日

アマサギ Ⅳ

色んな美しい鳥がいますが、

何たって婚姻色のアマサギでしょう。


漢字名:猩猩鷺(しょうじょうさぎ)、飴鷺
英 名:Cattle Egret
科 属:ペリカン目/サギ科
全 長:L50cm
時 期:夏鳥々
命名の由来:夏羽の顕著な橙色から、酒を飲む想像上の動物「猩猩鷺」を連想して猩々鷺の漢字名。
        アマサギの和名のアマは、繁殖羽の色を飴色と表現したもの。
        雨が雨雲、雨燕と変化するものと同じで「あまさぎ」(転音という)。
        飴色とは赤褐色の水飴の色である。
        『亜麻色の髪の少女』という歌が流行した頃に、
        一部の鳥関係者が「亜麻鷺」という漢字を使われたが、
        野外で繁殖羽のアマサギを見れば、誤りということがわかる。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より


その1

d0290240_15094358.gif


その2

d0290240_15095399.gif



その3

d0290240_15100227.gif



その4

d0290240_15101332.gif



その5

d0290240_15102395.gif



その6

d0290240_15103430.gif



その7

d0290240_15104350.gif



その8

d0290240_15105696.gif



その9

d0290240_15110552.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-05-22 12:00 | 野鳥