野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 30日

コマドリ Ⅶ

4月も終る、GWも始まり夏鳥は何処に。
まともなものはコマドリのみ
もう少しオオルリやキビタキに会いたい


漢字名:駒鳥
英 名:Japanese robin
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L14cm 
時 期:夏鳥。
環 境:山地のササのある林。北海道東部ではでは草原、川原、農耕地など。
命名の由来:かわいらしい小鳥だが、「ピッピヨロロロ・・・」と
      鳴く声を、駒(馬)のいななきにたとえて「駒鳥」。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL



その1

d0290240_07533204.gif


その2

d0290240_07533921.gif



その3

d0290240_07534832.gif



その4

d0290240_07535692.gif



その5

d0290240_07540370.gif



その6

d0290240_07541006.gif



その7

d0290240_07544272.gif



その8

d0290240_07545277.gif



その9

d0290240_07550713.gif



上記の写真は在庫品です。



【GWは喧噪をさけて】

森は賑わっていることだろう。

鳥撮りでなくても近場の行楽地として人気がある。

そんな所を避けて水場めぐりと洒落こんだ。

思うことは同じ、鳥友のS先輩も先着していた。

地元の長老のおかげで今シーズンも「コアジサシ」を撮らせていただく。

鳥も来はじめでこれから楽しめる。

田圃巡りで水の入っているところを覗くと、遠くに「アマサギ」がいるではないか。

この場所は毎シーズン撮ることができる。

美しい個体で有った。

当分の間、水辺巡りの楽しみも増える。

しかし早朝を過ぎると快晴で風も無く陽炎で遠くの被写体はピントが来ない。

目的を一ヶ所に決めて早朝に再チャレンジしたい。


止まり木を設置した初日

d0290240_14273528.gif


美しい個体

d0290240_14281189.gif



d0290240_14283497.gif



d0290240_14285147.gif



d0290240_14290112.gif



d0290240_14292189.gif



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】








by ichibannori | 2018-04-30 12:00 | 野鳥
2018年 04月 29日

コイカル Ⅳ


漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。
命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL




その1

d0290240_17350181.gif


その2

d0290240_17351534.gif



その3

d0290240_17352528.gif



その4

d0290240_17353631.gif



その5

d0290240_17354696.gif



その6

d0290240_17355538.gif



その7

d0290240_17360778.gif



その8

d0290240_17361706.gif



その9

d0290240_17362663.gif


上記の写真は在庫品です。


【昨日は高原のようだった】

何処へ行こうか思案しながら4時起床。

外は薄暗いが風は冷たく、そのうちに青空になり「キバナフジ」に再度挑戦することにした。

冷たい風は心地よく、空はどこまでも碧く、一年でもそうは無い湿度は低く、遠くの景色が澄んで美しい。

往路でツバメ、キバナフジを撮ると友と遭遇し折り返し点の公園まで同行する。

先日の「コマドリ」の話をして別れ、「なんじゃもんじゃの木」「ハンカチの木」を撮り「キバナフジ」に戻り、再度ツバメの巣作りの行為を撮り、また「命を繋ぐ」行為に遭遇、

生き続けるとは大変なことなんだと納得して岐路につく。


定点観測

d0290240_11203984.gif


田圃は農繁期になった
d0290240_11253387.gif


「なんじゃもんじゃの木」を遠くから
d0290240_11205267.gif



d0290240_11205905.gif


青空と「キバナフジ」がこの日の目的
d0290240_11220004.gif



d0290240_11210643.gif



d0290240_11220807.gif


ツバメの「命を繋ぐ」一連の動作
d0290240_11224978.gif



d0290240_11230450.gif



d0290240_11231309.gif



d0290240_11232495.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-04-29 12:00 | 野鳥
2018年 04月 28日

コマドリ Ⅵ

夏鳥の渡りは終わりか
まともなものはコマドリのみ
これからは水辺の鳥に期待したいが。


漢字名:駒鳥
英 名:Japanese robin
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L14cm 
時 期:夏鳥。
環 境:山地のササのある林。北海道東部ではでは草原、川原、農耕地など。
命名の由来:かわいらしい小鳥だが、「ピッピヨロロロ・・・」と
      鳴く声を、駒(馬)のいななきにたとえて「駒鳥」。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL



その1

d0290240_19340147.gif


その2

d0290240_19340871.gif



その3

d0290240_19342336.gif



その4

d0290240_19343387.gif



その5

d0290240_19344783.gif



その6

d0290240_19345655.gif



その7

d0290240_19350796.gif



その8

d0290240_19351556.gif



その9

d0290240_19353204.gif




上記の写真は在庫品です。




【昨日の成果】

田圃ではセッカが見つからず森へ行くが鳥影が薄い、キビタキの囀りは聞こえるが姿は見えぬ。

田圃に水が入り田植えが始まる、その中に「アオアシシギ」が4羽、コチドリ。

水辺の鳥のシーズンが始まった。


アオアシシギが4羽

d0290240_15133201.gif


ムナグロが一羽
d0290240_15134711.gif



どこでもキジは元気だ

d0290240_15144108.gif



d0290240_15151938.gif


ツバメは巣作りのため荒木田を持ち帰る
d0290240_15163364.gif


荒木田と稲わらは日本古来の土塗壁と同じ
d0290240_15164782.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】








by ichibannori | 2018-04-28 12:00 | 野鳥
2018年 04月 27日

ベニマシコ 41

いつまで載せてるの何んて言ってる殿方たち、北に向かったのはまだ今月なんです。

「ベニマシコ命」も最終回になりました。


英 名:Long-tailed Rosefinch

科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など
命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。
マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、分類学上別の属である


(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より


カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO



その1

d0290240_21195065.gif


その2

d0290240_21195795.gif



その3

d0290240_21200617.gif



その4

d0290240_21201383.gif



その5

d0290240_21202494.gif



その6

d0290240_21202947.gif



その7

d0290240_21210937.gif



その8

d0290240_21211902.gif



その9

d0290240_21213066.gif



上記の写真は在庫品です。



【久しぶりの碧い空】

天候不順で気持ちも今一つだったが、フトンを抜けると早や青空、出遅れたが

青空と風が強い森に到着、バーダーも増え、鳥探しには好条件になる。

何人かの鳥友はオオルリを見つけ仲間に入る。

高いところで美声を発している。

耳が悪いがこの鳥はトマドリと同様遠くからも聞こえる。

青空と言えば先日の「なんじゃもんじゃの木」と「キバナブジ」を青空を入れて撮りたいと

陽が廻る以前に撮りたいと順光で狙う。

鳥も好いが季節の花も捨てがたい。


美声のオオルリ君

d0290240_19581567.gif

d0290240_19582385.gif

「なんじゃもんじゃの木」は木を真っ白に演出
d0290240_19583176.gif

d0290240_19584217.gif


定点観察、蒼いなあ
d0290240_19585005.gif


西福寺を背景に「キバナフジ」
d0290240_19592881.gif



d0290240_19593820.gif



d0290240_19594693.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-04-27 12:00 | 野鳥
2018年 04月 26日

コマドリ Ⅴ

夏鳥の渡りは終わりか
まともなものはコマドリのみ
これからは水辺の鳥に期待したいが。


漢字名:駒鳥
英 名:Japanese robin
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L14cm 
時 期:夏鳥。
環 境:山地のササのある林。北海道東部ではでは草原、川原、農耕地など。
命名の由来:かわいらしい小鳥だが、「ピッピヨロロロ・・・」と
      鳴く声を、駒(馬)のいななきにたとえて「駒鳥」。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL



その1

d0290240_19285378.gif


その2

d0290240_19290360.gif



その3

d0290240_19291241.gif



その4

d0290240_19291961.gif



その5

d0290240_19292612.gif



その6

d0290240_19293347.gif



その7

d0290240_19303231.gif



その8

d0290240_19304197.gif



その9

d0290240_19305671.gif



上記の写真は在庫品です。




【昨日のおはなし】


雨あがる午後、ウォーキングと何かを撮るために半袖でスタート。

湿度も高く呼吸が楽くで心地よい。

雨上がりの新緑はまぶしい、所々で花を撮り、チョウも撮る。

昨秋に曼珠沙華にチョウをニコンで撮ったがピントがつかめなかったが、

今日はビックリ、オリンパスのC-AFは一度ピントが合えばシャッターを押すだけで追尾し

それなりにピントがきていた。

早く冬の猛禽を狙いたい。

折り返しの公園にはハンカチの木やなんじゃもんじゃの木があり撮ることが出来た。

そして青空に向かってキバナフジも撮る。


シャッター速度 1/320では羽根がぶれる、しかしビックリとた追尾

d0290240_19523799.gif



d0290240_19524518.gif



d0290240_19531384.gif


青空とキバナフジ
d0290240_19532210.gif



d0290240_19553116.gif


青空を待って撮る「ハンカチの木」
d0290240_19553996.gif



d0290240_19555333.gif



d0290240_19560614.gif

100㎜(換算200㎜)で撮るツグミ
d0290240_19563267.gif

珍しいと思って撮った木が田圃でお会いした長老に是非撮ったほうが良いと言われた。
知らぬまま、しっかり押さえていた「なんじゃもんじゃの木」

d0290240_19564660.gif



d0290240_19565928.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-04-26 12:00 | 野鳥
2018年 04月 25日

コイカル Ⅲ


漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。
命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL




その1

d0290240_16415052.gif


その2

d0290240_16415830.gif



その3

d0290240_16420607.gif



その4

d0290240_16421659.gif



その5

d0290240_16422739.gif



その6

d0290240_16424282.gif



その7

d0290240_16431468.gif



その8

d0290240_16433013.gif



その9

d0290240_16434232.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日はひと息】


優れない天気が続く、明日は鳥撮りに行こう

これから田圃を耕すのには良いが畑の種まきには多量の雨では土が流され注意を要するとか。

わが市も協力して保護している自然林にひっそりと目立たぬところに咲いているキンラン。

キンランとは

キンラン(金蘭、Cephalanthera falcata)はラン科キンラン属の多年草で、
地生ランの一種。和名は黄色(黄金色)の花をつけることに由来する

山や丘陵の林の中に生える地上性のランで、
高さ30-70cmの茎の先端に4月から6月にかけて直径1cm程度の明るく鮮やかな黄色の花を総状につける。
花は全開せず、半開き状態のままである。
花弁は5枚で3裂する唇弁には赤褐色の隆起がある。
葉は狭楕円形状で長さ10cm前後、縦方向にしわが多い。柄は無く茎を抱き、7、8枚が互生する。


参考文献 : ウィキペディア フリー百科事典による。

d0290240_07333580.jpg



d0290240_07335787.jpg



d0290240_07342531.jpg



d0290240_07344705.jpg


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】








by ichibannori | 2018-04-25 12:00 | 野鳥
2018年 04月 24日

ニューナイスズメ Ⅲ

漢字名:入内雀
英 名:Russet Sparrow
科 属:スズメ目/スズメ科
全 長:L14cm
時 期:夏鳥または漂鳥
命名の由来:ニュウナイは「新嘗」が語源という説がある。
秋の田で、できたばかりの米を、人より先に食べるから。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より

使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL



その1

d0290240_21132231.gif


その2

d0290240_21133090.gif



その3

d0290240_21134068.gif



その4

d0290240_21134821.gif



その5

d0290240_21135760.gif



その6

d0290240_21140624.gif



その7

d0290240_21144368.gif



その8

d0290240_21145300.gif



その9

d0290240_21151070.gif



上記の写真は在庫品です。




【まさに春雨】


ウォーンキグに出かけようとしたら小雨模様、まさに「春雨じゃ」

カメラは何たって完全防水仕様、それでもハンドタオルを上にかける。

広大な田圃に出ると霧状の小雨で遠くは霞んでフィルターをかけたようだ。

それでも体温が高い体には心地よく、遠くを見ると一羽目のキジ君に出会う。

よく見るとすぐ近くにキジ姫を伴っていた。

繁殖期で雄は雄叫びを繰り返し姫に関心をむけ、その後近づき「命をつなぐ」行為と思われる

行動を目にする。

ウォーキングで往復すると何か所かで雄叫びが聞ける、よく観察すると雌がちかくに。



霧にむせぶ広大な田圃

d0290240_16040630.gif



d0290240_16043212.gif


命の繋ぐ、行為なのか

d0290240_16044233.gif



d0290240_16045901.gif



d0290240_16051281.gif


キバナフジも色づき始めた
d0290240_16054915.gif


ブログ友に教えていただいた「ロンギカリウス」です

d0290240_16182638.gif


ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROで撮ってみました、まさに328の世界、50㎝の距離です
d0290240_16223800.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-04-24 12:00 | 野鳥
2018年 04月 23日

ホオアカ

例年、菜の花の咲く土手に向かう、昨年より菜の花が少ない。

目的はノビタキとホオアカ、待てどもノビタキには会えなかった。

しかしホオアカは2羽確認でき撮ることが出来た。

しかしテスト中のため、遠くのピント合わせがアバウトなんです。


漢字名:頬赤
英 名:Chestnut-eared bunting
科 属:スズメ目/ホオジロ科
全 長:L16cm 
時 期:留鳥又は漂鳥。
環 境:平地から山地の草原、川原、農耕地など。

命名の由来:頬が白いので「頬白」。
      ホオアカは白い頬線もあるが、その内側が赤いので「頬赤」。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL


その1

d0290240_06251308.gif


その2

d0290240_06252026.gif



その3

d0290240_06252845.gif



その4

d0290240_06253518.gif



その5

d0290240_06254498.gif



その6

d0290240_06255179.gif



その7

d0290240_06262036.gif



その8

d0290240_06262936.gif



その9

d0290240_06263820.gif




上記の写真は在庫品です。



【花撮りと体調維持】


曇天と田圃の水が入ったばかりということで、鳥撮りは見合わす。

独身生活でも栄養過多と運動不足のため、太ってきた。

少しでも解消しようと今日も田圃廻りでキジと睨めっこし、花を撮り13000歩。


 (アカバナユウゲショウ)と判明

d0290240_11080100.gif


逃げる逃げるキジ君
d0290240_11081652.gif


両足が着いていない、競歩だら失格
d0290240_11082926.gif



d0290240_11084792.gif


種が飛んだか色んな場所で目にするポピー
d0290240_11102857.gif


園芸農家の入り口に咲く花、名前は?
d0290240_11104083.gif


咲き始めたキバナフジ

d0290240_11140908.gif


こんなのを撮ってみました、12-100㎜のレンズで接写もどき、手持ちでマニュアルピントが
掴めてきました。
d0290240_11154039.gif


球根なのに土手に一輪、ヒヤシンス
d0290240_11155459.gif



折り返し点の公園にて「ハンカチの木」
d0290240_11172790.gif



d0290240_11174135.gif




【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】







by ichibannori | 2018-04-23 12:00 | 野鳥
2018年 04月 22日

コマドリ Ⅳ

夏鳥の渡りが始まっばかりだが例年と順番が違う。
サンショウクイが早めに来たり2か所でコマドリも見ることが出来た。
最初のコマドリは奥深い暗い渓谷の様だった。

漢字名:駒鳥
英 名:Japanese robin
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L14cm 
時 期:夏鳥。
環 境:山地のササのある林。北海道東部ではでは草原、川原、農耕地など。
命名の由来:かわいらしい小鳥だが、「ピッピヨロロロ・・・」と
      鳴く声を、駒(馬)のいななきにたとえて「駒鳥」。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より

使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL



その1

d0290240_13510225.gif
その2
d0290240_13510905.gif
その3
d0290240_13523387.gif
その4
d0290240_13524346.gif
その5
d0290240_13525336.gif
その6
d0290240_13530214.gif
その7
d0290240_13531232.gif
その8
d0290240_13532183.gif
その9
d0290240_13533276.gif

上記の写真は在庫品です。




【先週の振れ替え作業日】

先週の日曜日は朝から雨に伴い自治会の作業が出来ず今日に順延した。
良いことは雨の中コマドリが撮れたこと。
本来では今日は孫に会いに行く予定だった。
二番目の孫にはそのうちに合えるだろう。
そのため妻は居ず、この1か月独身生活を謳歌している。
結婚40年で初めての経験だ。

新緑を撮影する、一人が良い。
d0290240_14021183.gif



d0290240_14021912.gif



d0290240_14022777.gif



d0290240_14023446.gif


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】




by ichibannori | 2018-04-22 12:00 | 野鳥
2018年 04月 21日

コマドリ Ⅲ

夏鳥はそれなりに渡って秋まで過ごす繁殖地に急いでいるようだ。
それでも何か所かに立ち寄りバーダーを楽しませてくれる。
今期も情報によりブチ遠征、到着すると大きな声で鳴いているではないか。
暗い場所で有ったがそれなりに撮ることが出来、コレクションに追加しよう。


漢字名:駒鳥
英 名:Japanese robin
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L14cm 
時 期:夏鳥。
環 境:山地のササのある林。北海道東部ではでは草原、川原、農耕地など。
命名の由来:かわいらしい小鳥だが、「ピッピヨロロロ・・・」と
      鳴く声を、駒(馬)のいななきにたとえて「駒鳥」。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


使用器材 
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
Teleconverter: MC-14KO DIGITAL



その1

d0290240_16484126.gif


その2

d0290240_16485002.gif



その3

d0290240_16485770.gif



その4

d0290240_16490697.gif



その5

d0290240_16491503.gif



その6

d0290240_16492304.gif



その7

d0290240_16495522.gif



その8

d0290240_16500481.gif



その9

d0290240_16501437.gif



上記の写真は在庫品です。




【春爛漫の今日この頃】


夏鳥も一段落、春の花を追いかけた。

昨日と同様、空は碧く、気温も高くなりそうだ。


森の片隅にひっそりと咲く「キンラン」

d0290240_11432399.gif



d0290240_11433324.gif


「ツリガネスイセン」も可憐に咲く

d0290240_11434190.gif


菜の花の最後を見届ける。

d0290240_11435041.gif



d0290240_11435762.gif



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-04-21 12:00 | 野鳥