人気ブログランキング |

野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:昆虫( 3 )


2019年 10月 27日

野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木

【ホシホウジャク】
茶色っぽく後翅のイエローが目立つスズメガの仲間。腹部には白い帯がある。
昼間に飛び回り、ツリフネソウ、ホウセンカなどの花で、
ホバリングしながら長い口を伸ばして吸蜜する。胴体が太く、
素早く羽ばたくのでハチのように見える。住宅地周辺でも見られる普通種。
幼虫はヘクソカズラの葉を食べる。


【ブラシの木】

【分類】ブラシノキ属(カリステモン属)フトモモ科
【学名】Callistemon
【分布】オーストラリア、ニューカレドニア
【樹高】1.0~3.0m
【開花期】5~6月
オーストラリアを中心にニューカレドニアまで
約30種が分布するフトモモ科ブラシノキ属の常緑性低木です。
日本へは「ブラシノキ」の和名を持つ
スペキオスス種(Callistemon speciosus)が明治時代中期に渡来し、
庭木として植栽されてきました。



その1

野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木_d0290240_17152305.gif
その2
野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木_d0290240_17153283.gif
その3
野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木_d0290240_17154340.gif
その4
野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木_d0290240_17154833.gif
その5
野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木_d0290240_17155627.gif
その6
野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木_d0290240_17160480.gif
その7
野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木_d0290240_17163926.gif
その8
野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木_d0290240_17165189.gif
その9

野鳥ではないのですけれど ホシホウジャクとブラシの木_d0290240_17170207.gif

上記の写真は在庫の作品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II×2
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
   


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】




by ichibannori | 2019-10-27 04:00 | 昆虫
2019年 08月 26日

珍しいトンボかな

名前を教えて下さい。

トンボ、セミ 何と言う昆虫でしょうか。

さいたま市見沼区の植木の畑で撮影

nekonekokyajiさんに、教えていただきました。

「昆虫エクスプローラー」によると
うぐいす色の太い胴体を持ち、透明の翅を素早くはばたかせて直線的に飛ぶスズメガの仲間。腹部に赤褐色の帯があり、腹端には黒色の毛束をもつ。腹面は白い。
日中に活発に活動し、ホバリングしながら いろいろな花で吸蜜する。その形態と行動から、ハチに間違われることも多い。
都会の公園などでも普通に見られ、街中の花壇や人家の庭先にもしばしば飛来する。
羽化直後は、翅に白い鱗粉があるが、翅を震わせるとすぐに脱落してしまう。
幼虫は、クチナシなどの葉を食べる。
年2化で、成虫は6~9月に見られる。蛹で越冬する。



珍しいトンボかな_d0290240_17245429.gif


by ichibannori | 2019-08-26 17:27 | 昆虫
2018年 06月 12日

参考出品 セイヨウミツバチ

鳥以外も何でも撮るように心がけている。

現役時代、仕事でお世話になった町にラベンダーを撮りに行く。

花の開花は少し早かったが、早朝でも暖かくなると虫が蜜を吸いにくるのか、

ハチやチョウが乱舞していた。

今回はレンズテストも兼ねた撮影。

カメラ :OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ :M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

レンズをマクロとして利用出来るか実験である。

結果としてダブルの手振れ補正もあり三脚禁止の場所でも撮ることが出来た。


西洋蜜蜂(洋種蜜蜂)
ハチ目 細腰亜目 ミツバチ科
大きさ 働き蜂 13㎜前後
時 期 3-11月
分 布 日本全国 

最もなじみ深いハチのひとつ。
茶褐色で、腹部に縞模様がある。腹部上部がオレンジ色であることでニホンミツバチと見分けられる。
花粉を集めるために、後脚は平たくなっていて周囲に毛がはえている。
もともとヨーロッパからアフリカ、中近東にかけて分布 していた種類が、
養蜂に利用するために家畜化されたもので、日本には北米経由で移入された。



その1

参考出品 セイヨウミツバチ_d0290240_10164872.gif
その2
参考出品 セイヨウミツバチ_d0290240_10171752.gif
その3
参考出品 セイヨウミツバチ_d0290240_10180274.gif
その4
参考出品 セイヨウミツバチ_d0290240_10184791.gif
その5
参考出品 セイヨウミツバチ_d0290240_10190551.gif
その6
参考出品 セイヨウミツバチ_d0290240_10191894.gif
その7
参考出品 セイヨウミツバチ_d0290240_10192916.gif
その8
参考出品 セイヨウミツバチ_d0290240_10194283.gif
その9

参考出品 セイヨウミツバチ_d0290240_10195333.gif


上記の写真は在庫品です。


【編集後記】


専門は鳥撮りのため、昆虫の知識は無く、図鑑を調べて掲載しましたが、

間違いがありましたらご指摘ください。


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】




タグ:

by ichibannori | 2018-06-12 12:10 | 昆虫