人気ブログランキング |

野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

2020年 09月 17日 ( 1 )


2020年 09月 17日

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ

漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1  おじさん 長い間お疲れ様でした。

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_10520648.jpg

その2

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_10520764.jpg

その3

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_10520814.jpg

その4

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_10523968.jpg

その5

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_10524098.jpg

その6

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_10524180.jpg

その7

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_10530453.jpg

その8

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_10530429.jpg




上記の写真は在庫品です。



【ドラマチックな湿原の夜明け】


4時に周回道路をスタート、雲が多くも三日月が見える、雲も暑くなり朝焼けを諦めようかと思うが辛抱、

東の空に面白そうな雲が流れる、期待しようかと、それより先日、友から水位が下がったと聞き、水面近くまで降りる。

1.5mは下がったか、サギが飛び始めるが、いつもと様子が違う浅い湿原で食事か、上空を右往左往しながら降下してくる。

朝焼けも美しき、サギも演出、機材交換の場所に戻るとき、遠くにオオタカの若がミサゴの木に止まっていた。

朝のひと時を充分、堪能できた


その1

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_15580040.jpg

その2

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_15580036.jpg

その3

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_15580164.jpg

その4

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_15583963.jpg

その5

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_15584005.jpg

その6

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_15584164.jpg

その7

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_15590734.jpg

その8

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_15590938.jpg

その9

ひさしぶりでマイフィールドのかわせみ_d0290240_15591096.jpg


使用機材
カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark Ⅲ
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 IS PRO
    M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   

【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】



タグ:

by ichibannori | 2020-09-17 04:00 | 野鳥