人気ブログランキング |

野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

2019年 07月 20日 ( 1 )


2019年 07月 20日

アオバズク Ⅲ

漢字名:青葉木菟
英 名:Brown Hawk-Owl
科 属:フクロウ目/フクロウ科
全 長:L29 cm
時 期:夏鳥
命名の由来:羽角(うかく)のあるふくろう類をウサギに見立てて「木兎」という。
      羽角はないがズクの類で、青葉のころに現れるから「青葉木菟」。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_09575377.gif
その2
d0290240_09580282.gif
その3
d0290240_09581293.gif
その4
d0290240_09582035.gif
その5
d0290240_09583037.gif
その6
d0290240_09583867.gif
その7
d0290240_09592383.gif
その8
d0290240_09593370.gif
その9

d0290240_09594368.gif


7月は目の治療のため鳥の写真撮影は休んでいます。故に以前のデータを再登場しています。


【今日のは行田古代蓮】大賀蓮とも


分類】ハス科・ハス属
【学名】 Nelumbo nucifera
【分布】インド、中国、オーストラリア、日本
水の底に塊茎(カイケイ)という大きな根っこを作りくり、茎や葉っぱを伸ばして成長します。
【草丈】50~100㎝
【開花期】7~9月
古代蓮と呼ばれている蓮は、1つだけではありません。
日本には、大賀蓮と行田古代蓮があります。
古代蓮というのは、蓮の種類のことではありません。
日本の蓮の研究者(大賀一郎氏)が、中国大連市近郊で、1000年以上前の蓮の実を発掘して、
その開花に成功した際に「古代蓮」と呼びました。
これが、古代蓮と呼ばれた最初のことです。
日本で古代蓮と呼ばれている「大賀蓮」と「行田古代蓮」の発見経緯などを見ても、
発掘された蓮の実からの正確な年代測定は無理のようです。
発掘された蓮の実の周辺にある地層や木などの放射線炭素年代測定結果から推定しています。


№1

d0290240_10000800.gif

№2

d0290240_10050203.gif

№3

d0290240_10043843.gif

№4

d0290240_10041188.gif

№5

d0290240_10034666.gif

№6

d0290240_10051897.gif

№7

d0290240_10052928.gif

№8

d0290240_10054266.gif

№9

d0290240_10055422.gif


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II×2

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】




by ichibannori | 2019-07-20 04:00 | 野鳥