野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

2018年 05月 27日 ( 1 )


2018年 05月 27日

ツミ Ⅰ

美しい猛禽、住宅地の森や郊外の屋敷林などでよく目にする。

しかし最近はカラスが増えツミも容易に過ごすことは出来ず、営巣地を転々と探している。

そんな理由もあり例年の営巣地を離れ、我等バーダーも地道に探すしか方法がない。

地元のバーダーが森を一つ一つ探し、やっとたどり着いた成果である。


漢字名:雀鷹
英 名:Bull-headed Shrike
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L♂27cm L♀30cm 
時 期:夏鳥、少数が関東地方以西で越冬する

命名の由来:スズメのような小鳥をよく狩ることから「須須美多科加」といい、
それが転じて「ツミ」。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より


その1

d0290240_17464426.gif


その2

d0290240_17465467.gif



その3

d0290240_17470590.gif



その4

d0290240_17471655.gif



その5

d0290240_17472792.gif



その6

d0290240_17473929.gif



その7

d0290240_17475181.gif



その8

d0290240_17480116.gif



その9

d0290240_17481131.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

一週間の疲れを癒しながらフクロウの整理を行っていたら友から連絡、

昼飯ぬきで直行するとハジロクロハラアジサシか12羽、この沼では初めてとか。

太陽は南から西に向かい逆光になりかけ、難しく撮影になった。

とりあえず見てください。

d0290240_15223970.gif



d0290240_15224610.gif



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






by ichibannori | 2018-05-27 12:00 | 野鳥