野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 05日

サンカノゴイ

幻のサンカノゴイ、1年に一度でも会えれば儲けもの

今シーズンも先日、撮ることが出来た。

その前に友は飛翔の美しい姿を捉えている。

サンカノゴイは狙って撮れるものではなく、出合頭なんで、

動体視力がものをいう。年と共に、これが劣化が進んで集中力がいる。

撮れなくても、まあいいかでなく悔しがらなければ鳥は撮れない。

これからも精進。


漢字名:山家五位
英 名:Great Bittern
科 属:ペリカン目/サギ科
全 長:L76cm 
時 期:留鳥または夏鳥。本州以南では越冬する個体が多い。
環 境:湖沼や池、河川、湿地など広大なアシ原。
命名の由来:「山家」は「田舎」という意味。
       人里離れた田舎にいるゴイサギのようなサギだから「山家五位」。

山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1  飛び出しから一部を

d0290240_11084728.gif
その2
d0290240_11085799.gif
その3
d0290240_11090527.gif
その4
d0290240_11091514.gif
その5
d0290240_11092559.gif
その6
d0290240_11093309.gif
その7
d0290240_11100904.gif
その8
d0290240_11102104.gif
その9

d0290240_11103259.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


雨雲レーダーでは雨、躊躇していると空は明るくなって来た。

重役出勤で道路は渋滞、それでも何とか到着すると、気を使ってくれたのかMY車庫は空いていた。

案の定、気温は高くし湿原は靄っていた、いい感じだ。

風景を撮りながらベストポイントに到着、最近猛禽は飛ばないらしい、

それでもカンムリカイツブリの水上スキーが撮れ、

ひと息すると今期初登場コハクチョウが遠くに浮んでいる。

水は碧く、遠くであるがベストポジョンであった。



№1  遅めの湿原に立つ

d0290240_14160054.gif

№2  草紅葉もしっとりいい感じだ

d0290240_14160818.gif

№3  ホオジロもしっとりした空気を吸い囀っている

d0290240_14161770.gif

№4  靄にけむる湿原をユリカモメが飛翔する姿

d0290240_14162590.gif

№5  やっと晴れだしいい感じだ

d0290240_14163463.gif

№6  美しい水上スキー

d0290240_14164352.gif

№7  数が増えたカンムリカイツブリ

d0290240_14171642.gif

№8  長旅で羽根を休めるコハクチョウ

d0290240_14172928.gif

№9 独りこの立ち位置で撮る

d0290240_14174452.gif

№10  ユリカモメも来出した

d0290240_14175723.gif

使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-11-05 14:30 | 野鳥


<< 秋梅雨頃のかわせみ Ⅱ      ミサゴ Ⅰ >>