野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 07日

オオタカ Ⅳ

葉がいっぱい付いている木に乗ってくれました。

普段は隣のミサゴの木に止まるのが多いんです。

しかし隣に兄弟が陣取っていますので、やむなくです。

隣のミサゴの木が枯れそうで心配ですが。

この場所に乗ってくれるのを期待しています。


漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥
命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_16044045.gif
その2
d0290240_16044804.gif
その3
d0290240_16045784.gif
その4
d0290240_16050693.gif
その5
d0290240_16051878.gif
その6
d0290240_16052593.gif
その7
d0290240_16055994.gif
その8
d0290240_16060867.gif
その9

d0290240_16061996.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

10月7日大安の良き日、長男の嫁さん家族との顔合わせ、今頃は対面していると思われる。

そのため近くのカワセミ場に行こうと外を見ると朝焼けの進行中、急がねば。

朝焼けスポットで雲一つない朝焼けを撮り、定点スポットを抑え、カワセミ場に戻る。

誰も居ないため、止まり木を設置して待機するが暑い夏のような蒸し暑さだ。

それでも空は晴天微風で仲間も集まりカワセミもそれなりに撮れ帰宅、途中学校では運動会の準備に忙しそうに見えた。


№1  今期初めての雲一つない秋晴れ、雲も欲しい気もするが、珍しいと思う。三日月が見えるんですが。

d0290240_09304268.gif

№2  さいたまスタジアムも眠りから覚めようとしている

d0290240_09312679.gif

№3  陽も西にも当たり、久しぶりの定点スポット

d0290240_09313741.gif

№4

d0290240_09314523.gif

№5  鳥撮りに晴天は良くない、それでも工夫して逆光側にて

d0290240_09315587.gif

№6

d0290240_09320785.gif

№7

d0290240_09324701.gif

№8

d0290240_09330474.gif

№9

d0290240_09331997.gif

№10

d0290240_09333067.gif

使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
カメラ nikon D500

レンズ nikon AF-S DX NIKKOR 18-300㎜f/3.5-5.6ED VR


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-10-07 12:00 | 野鳥


<< エリマキシギ      ノビタキ Ⅲ >>