野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 12日

アオバズク Ⅳ

漢字名:青葉木菟
英 名:Brown Hawk-Owl
科 属:フクロウ目/フクロウ科
全 長:L29 cm
時 期:夏鳥
命名の由来:羽角(うかく)のあるふくろう類をウサギに見立てて「木兎」という。
      羽角はないがズクの類で、青葉のころに現れるから「青葉木菟」。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_16495319.gif
その2
d0290240_16500186.gif
その3
d0290240_16500985.gif
その4
d0290240_16501681.gif
その5
d0290240_16502604.gif
その6
d0290240_16503502.gif
その7
d0290240_16510987.gif
その8
d0290240_16512036.gif
その9

d0290240_16513019.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

曇天で雨もポツリ、目的を「夏水仙」「カラスウリの花」の撮影に決めウォーキングに。

夏水仙は終わったと思ったら遅咲きの株が咲き始めた、絶好の光線で捉えることができた。

「カラスウリの花」は先日「aba-n-cさん」からコメントを頂き再度撮影し虫を含め文献を調べてみた。


カラスウリ
花は知る人のみが鑑賞でき、果実はつる草で多くの人の眼につ くのがカラスウリです。
7月から8月にかけて夜間に直径10㎝ばかりの大きな白いレース をまとった花が開きます。
日の出前にはしぼむため、意図して出か けないと見ることができません。


『ウリハムシ』

ウリハムシは全体が黄色です。
翅より 腹部がはみ出ていてふっくらとしていかにもたくさんの卵を産みそ うな体型をしています。
キュウリを栽培すると被害を受ける昆虫で、 ウルバエと呼ばれ、成虫に葉をかじられて穴が開いたり、
幼虫に根 を食べられるなどの被害を受けます。


№1

d0290240_08535116.gif

№2

d0290240_08540211.gif

№3

d0290240_08541861.gif

№4

d0290240_08543100.gif

№5

d0290240_08544971.gif

№6

d0290240_08550210.gif

№7

d0290240_08551940.gif

№8

d0290240_08553244.gif

№9

d0290240_08554669.gif

№10

d0290240_08560955.gif

使用機材

カメラ nikon D3S
レンズ nikon AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II
    nikon Ai AF-S Teleconverter TC-17E II

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-08-12 12:00 | 野鳥


<< ツバメ Ⅰ      シラサギ(白鷺)  Ⅰ >>