野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 18日

コアジサシ Ⅲ

鳥の解説で間違った記述をしていた。

パソコンは便利で以前使用していた記述をそのままコピーしていて正しいと信じ見直さなかった部分があった

時 期:夏鳥』で以前は迷鳥、冬鳥としてあり、間違った解説をしていた。


漢字名:小鯵刺
英 名:Little Tern
科 属:チドリ目/カモメ科
全 長:L24cm
時 期:夏鳥
環 境:海岸、内湾、港、河口、河川、湖沼、池など

命名の由来:ダイビングして、魚を嘴(クチバシ)に差し込むようにして捕るのが語源。
アジは「魚」という意味で、アジばかり食べるわけでない。
コアジサシの名前はアジサシよりも小型のアジサシの意味。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_11002541.gif
その2
d0290240_11003217.gif
その3
d0290240_11004243.gif
その4
d0290240_11005143.gif
その5
d0290240_11010026.gif
その6
d0290240_11010722.gif
その7
d0290240_11014141.gif
その8
d0290240_11015069.gif
その9

d0290240_11020158.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


「古代蓮の里」の朝は清々しく時期を間違えなければハズレはない。

今回も300㎜ F2.8で撮りまくった。

№1 №1~№5までは300㎜ F2.8

d0290240_09212609.gif

№2

d0290240_09213835.gif

№3

d0290240_09215481.gif

№4

d0290240_09220764.gif

№5

d0290240_09221748.gif

№6   換算で600㎜ F2.8

d0290240_09222827.gif

使用機材

カメラ ニコンD300
レンズ ニコン AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II
    ニコン Ai AF-S Teleconverter TC-17E II

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO




【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





by ichibannori | 2018-07-18 12:00 | 野鳥


<< 夏のかわせみ Ⅲ      フクロウなんです Ⅸ >>