野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 09日

トモエガモ Ⅰ

昨年からウォーキングの折り返し地点の自然公園にトモエガモが滞在している。

珍しいカモでめったにお目にかかれない、しかしである、初心を忘れたバーダーは汚い色とか言って

寄り付かない。

わたくしは4回ほど通った。

時期が過ぎれば色も変化するに違いないと通っている。

このところはバーダーはほとんど居なく「独り占め」を堪能する。


漢字名:巴鴨
英 名:Baikal teal
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L40cm 
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼や池、河川、湿地など。


命名の由来:顔に巴の模様があるので「巴鴨」。


山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_11210239.gif
その2
d0290240_11211889.gif
その3
d0290240_11213011.gif
その4
d0290240_11213956.gif
その5
d0290240_11214790.gif
その6
d0290240_11220017.gif
その7
d0290240_11221059.gif
その8
d0290240_11222155.gif
その9
d0290240_11223164.gif

上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

トモエガモとは相性が良い。
過去にも紅葉が映り込んだ時も、そしてサプライズは「美しき湿原」に60羽が立ち寄った機会をとらえた。
多分3~4人ほどが立ち会えたと思う。
d0290240_11341059.gif



d0290240_11342317.gif



d0290240_11343401.gif



d0290240_11344958.gif






第2回プラチナブロガーコンテスト






第2回プラチナブロガーコンテスト




by ichibannori | 2018-02-09 12:00 | 野鳥


<<  ベニマシコ Ⅻ      コガモ、撮っていますか >>