野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 30日

美しきコハクチョウ Ⅲ

とてつもない寒さ、大好きです。
朝靄と朝焼けのショーが始まり連射です。
そこにコハクチョウは生き生きと過ごしています。


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。
命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_09562081.gif


その2

d0290240_09562720.gif



その3

d0290240_09563597.gif



その4

d0290240_09564236.gif



その5

d0290240_09565066.gif



その6

d0290240_09565885.gif



その7

d0290240_09572967.gif



その8

d0290240_09573896.gif



その9

d0290240_09575258.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


寒いですね、でも行って来ました、日の出前に。

風もあり完全防備、待てどもベニは現れず。

耳の良い友が来て下にベニマシコが囀っているとか。

そのうち多くの鳥たちが集まる、餌場としてよい環境なのだろう。

カラスもベニマシコを取り囲み、セイタカアワダチソウに乗ったが、

落ち着けず遠くに行ってしまった。

いいんじゃない

先日の大量のデータの整理に勤しむとしよう。


クイナは3羽飛んできた

d0290240_09161036.gif



落ち着けず遠くに飛ぶ

d0290240_09184318.gif





第2回プラチナブロガーコンテスト




by ichibannori | 2018-01-30 12:00 | 野鳥


<< 苦手なんです、チュウヒ撮り      柳の下の泥鰌が  Ⅸ >>