野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 22日

オオタカ  Ⅸ

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。


漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
  (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より





その1

d0290240_19264377.gif



その2
d0290240_19265345.gif



その3
d0290240_19270289.gif



その4
d0290240_19270986.gif



その5
d0290240_19392921.gif



その6
d0290240_19394067.gif



その7
d0290240_19395284.gif



その8
d0290240_19400341.gif



その9
d0290240_19401308.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

朝の気温-0.2℃、冷気が顔を突き刺すようだった。
MFのベニマシコポイントに通っているが今年も手強い。
3日連続で鳥は見ることは出来ず、時々雌かチョコット顔を出す、
況してや色の濃い雄にはお目にかかれず、
友に連絡するには当分無理のようだ、昨年は12月18日から取り始めたので
まだ1ヶ月近くある。
のんびり構えようと思う。


セイタカアワダチソウはまだ黄色く白くなるには時間が必要だ
d0290240_13442877.gif


他に移動する時木に止まる、ほとんどが雌
d0290240_13444282.gif





by ichibannori | 2017-11-22 14:00 | 野鳥


<< アリスイは美しき湿原にて  Ⅸ      健気なモズ、美しき湿原にて Ⅰ >>