野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 20日

ミコアイサ Ⅵ

現在のミコアイサは皆が独立したのか単独行動が多い。

しかし今月になってペアリングの準備が整ったのか雄の行動が目立つ、

白い色も整い遠くからでもはっきりわかる美しさ。

しかし問題点もある、湿原の水位も下がり、いつまでいてくれるであろうか。

その影響か、潜水ガモのカンムリカイツブリがが少なく成って来た。


漢字名:巫女秋沙 他に神子秋沙
英 名:Mergus albellus
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L42cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、池、河川など。河口や入り江などにも入る。
命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。秋は季節、沙は「去る」
「間」などの説があるが本当の語源はわからない。
ミコアイサとは成鳥雄の羽衣の特徴を「白い衣を着て、
目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てて命名

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1   かつて小谷実可子は高山亜樹とのデュエットではカナダのペアを破り、 銀メダルを獲得したシンクロナイズドスイミングの思い出が目に浮かぶ

d0290240_10542443.gif
その2
d0290240_10543371.gif
その3
d0290240_10544024.gif
その4
d0290240_10544745.gif
その5
d0290240_10545679.gif
その6
d0290240_10550520.gif
その7
d0290240_10553929.gif
その8
d0290240_10555154.gif
その9
d0290240_10560211.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


 晴れを予想し湿原に立つ、現地にて天気予報を見ると曇り、

予定を変更し地元のベニ場に到着すると東の裾野があやしい。

朝焼けが撮れる見沼田んぼに移動してトリッキーな朝焼けを撮る、満足したが日の出は叶わなかった。

ベニばに戻るが、諦め帰路に着く。

私の撮影時の天気は6時に決めていいて、その後、晴れてもその日は終わる。

№1 バドミントン 奥原希望選手が卒業した高校の前にて撮影  

d0290240_11010148.gif

№2  家族がレッズサポーター、しかし私は隠れ。 朝焼けの埼スタを

d0290240_11011140.gif

№3

d0290240_11012403.gif

№4

d0290240_11013433.gif

№5

d0290240_11014721.gif

№6

d0290240_11020130.gif

№7

d0290240_11021654.gif

№8

d0290240_11022730.gif

№9 補正がいらない黒い鳥が乱舞

d0290240_11023965.gif


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
   



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-20 12:00 | 野鳥
2019年 01月 19日

里山のルリビタキ Ⅴ

昨年末に久しぶりに出会えたルリビタキ
里山でも紅葉が周りの木々に守られ紅葉する木が残っている。
その付近には複数のルリビタキが縄張りを主張して囀っている。
その中で雄のルリビタキを撮影することが出来た。


漢字名:瑠璃鶲
英 名:Red-flanked Bluetail
科 属:スズメ/ヒタキ科
全 長:L14cm
時 期:留鳥(漂鳥)。MFでは漂鳥。
環 境:繁殖期は主に亜高山帯の林、非繁殖期は平地から山地の林、樹木の多い公園など。
命名の由来:雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
      卵を守る雌は地味な茶色。
      名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
      何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_14405157.gif
その2
d0290240_14410023.gif
その3
d0290240_14411043.gif
その4
d0290240_14411860.gif
その5
d0290240_14412777.gif
その6
d0290240_14413637.gif
その7
d0290240_14421452.gif
その8
d0290240_14413637.gif
その9

d0290240_14423902.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


湿原に立つと穏やか、今日は良い日になりそうだと思ったら、

朝焼けを撮り、南側に立ち位置を変えたら湿原の水面は凍り出し、水鳥が泳ぐ場所が無くなった。

溶けるまで待つことにしたが、北風が吹きだし、体も凍えそうだ。

それでもミコアイサも撮ることが出来、サプライズはミサゴが上空にお目見え、

飛び込みは電池切れでかなわかった。

盛り沢山の成果ですべて良し。


№1  金星と電車も入りました

d0290240_13371256.gif

№2  雲一つない朝焼け

d0290240_13372139.gif

№3  ススキも健在

d0290240_13372923.gif

№4  朝焼けの映り込みとカモたち

d0290240_13373867.gif

№5  カワセミも朝が早い

d0290240_13374828.gif

№6  穏やかな日の出

d0290240_13375600.gif

№7  コミミズクとノスリがカラスからモビング

d0290240_13383836.gif

№8  餌場(想像)からご帰還

d0290240_13385410.gif

№9  こんな日のユリカモメは美しい

d0290240_13390792.gif

№10  水面の結氷が溶けだしミコアイサも泳ぎ出した

d0290240_13393121.gif

№11  波が有るがホバリングしながら魚を探す

d0290240_13394589.gif

№12

d0290240_13395702.gif

№13

d0290240_13401230.gif

№14

d0290240_13402678.gif


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
   



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-19 14:00 | 野鳥
2019年 01月 18日

チュウヒ 追尾AFはソフトフォーカスでも満足

新しいシステムを導入して1年、ほぼ理解して使えるようになった。
「説明書なんて見ないよ」なんて言ってるカメラマンもいるが、
なにせ古希、時間がかかる。
フォーカスモードは3種類を使用し、瞬時に切り替えるようにしている。
鳥撮り用で飛んでいる被写体を追いかけるのは追尾AFモード。
他のメーカーにも有るらしいが、オリンパスは優れもの。
一度ロックオンをすれば背景によって抜けることがなくいつまでも追尾する。
たとえファインダーから外れていても追尾する。
前からカメラを常時2台体制にしたいと思っていたら
今月に新しいカメラの発表が有るらしい。


漢字名:沢鵟
英 名:Eastern Marsh Harrier
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L52cm
時 期:冬鳥又は留鳥。
環 境:埋立地の農耕地や荒地、河川、湖沼、池、水田、湿地など
行 動:越冬期は1羽で、朝夕は特に活発に行動し、日中は草地の中などで休息する。
    ネズミ類を主に採食し、他に鳥類昆虫類、両生類、爬虫類などもとる。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_07531076.gif
その2
d0290240_07532610.gif
その3  魚を獲るチュウヒ(ブラックバスか) 友から連絡ありスズキとのこと
d0290240_07541317.gif
その4   昨年までは解説書にあるようにネズミ類、鳥、両生類、爬虫類が餌と思っていた
d0290240_07542648.gif
その5  大きな魚で近くのアシが生えてる水辺に急ぐ
d0290240_07544606.gif
その6  いつまでも追いかける(追尾AF)
d0290240_07550165.gif
その7
d0290240_07551396.gif
その8
d0290240_07553152.gif
その9

d0290240_07555984.gif

その10   快晴の水面は碧く追尾は何時までも続く

d0290240_07561487.gif


上記の写真は在庫品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-18 12:00 | 野鳥
2019年 01月 17日

湿原も小寒から大寒へ

いつものように4時に起き、朝6時現在の天気予報で行動を決める。

今朝は朝から快晴の予定だったが車の前方は厚い雲、気温も高く車も凍らない。

先日は現地に到着しても車の外部の残っている雨粒が凍り始めた、そんな時間に活動をしている。

朝焼けは期待できぬが、柿色の映り込みを探す、次はオオハクチョウを探すが見当たらない。

車を定位置に置き、南側に移動して鳥を待つ。

ミコアイサの雄の白が目立つようになりオオタカも狙っている。

それでも慣れたもの、簡単には餌食にはならない。

そしてチュウヒが魚を狙い、見事成功、ミサゴも来訪、ベニマシコは次の機会に。





その1  雲が厚く、無理やり湿原全景の朝焼けをねらう

d0290240_14154708.gif
その2  背景に建物がないこのアングルが好きだ
d0290240_14283750.gif
その3  柿色もすすみダイサギも飛ぶ
d0290240_14300040.gif
その4  朝焼けの映り込みを切り取る、カンムリカイツブリが少なく成って来た。
d0290240_14304688.gif
その5  ハクチョウたちも戻って来て終日昼寝のようだ
d0290240_14315248.gif
その6  ミコアイサの狩りも大胆に大きなサイズで手こずっている
d0290240_14324739.gif
その7
d0290240_14335649.gif
その8
d0290240_14341599.gif
その9

d0290240_14350867.gif

その10  近くで猛禽が飛んでいるようだ

d0290240_14352272.gif

その11  チュウヒの狩り、魚を一発で仕留める

d0290240_14353748.gif

その12  新しいシステムも早一年、見通しが立ち、新しいカメラに食指が動く

d0290240_14355132.gif

その13  大きな魚をゲット、いつもミサゴの狩りを見ているからね

d0290240_14360576.gif

その14  久しぶりのミサゴ、南風で正面に向く

d0290240_14363751.gif

その15

d0290240_14365041.gif


上記の写真は先ほど撮って来た新品で在庫ではないのです。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
  


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-17 14:50 | 野鳥
2019年 01月 16日

氷上のカモたち

ウォーキングの折り返し点の自然公園には越冬する水鳥の休憩地

今期の見沼は気温が低い日が続き、カモが休む池も凍り付き溶けるまで端で待機している。

それでも愛好家たちは餌を持ってきて与えている。約束事では餌は与えないようにと言われているが。

カモたちは餌を求め凍り付く水面に飛んできてえさょ漁る。

その姿がこっけいでな姿を切り取って見た。





その1

d0290240_10412454.gif
その2
d0290240_10413262.gif
その3
d0290240_10414240.gif
その4
d0290240_10415132.gif
その5
d0290240_10415917.gif
その6
d0290240_10420837.gif
その7
d0290240_10424509.gif
その8

d0290240_10431098.gif
その9

d0290240_10435219.gif

その10

d0290240_10441517.gif

その11

d0290240_10442956.gif
上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

微妙な予報を覆す図晴らしい早朝で「朝靄と朝焼け」を堪能して
鳥撮りは二の次でオオハクチョウに挨拶して帰路に着く。

№1  朝焼けに金星と武蔵野線の電車

d0290240_11420667.gif

№2  朝焼けの空にダイサギの大群が(レンズF2.8にて撮影)

d0290240_11440658.gif

№3  時間の経過とともに朝靄が立ち込める

d0290240_11441571.gif

№4  柿色の映り込みは日の出30分前

d0290240_11443034.gif

№5  東の裾野に雲が無い

d0290240_11444138.gif

№6  久しぶりの日の出

d0290240_11445383.gif

№7

d0290240_11450518.gif

№8  朝靄に煙る新都心

d0290240_11451832.gif

№9  オオハクチョウの幼鳥

d0290240_11453152.gif

№10 ハクチョウ6羽(大5羽+小1羽)

d0290240_11460207.gif

№11

d0290240_11461325.gif

使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-16 12:00 | 野鳥
2019年 01月 15日

ミコアイサ Ⅴ

朝7時は氷点下、寒いけれど人も知り合いの散歩のご婦人のみ。
その前に朝焼けを撮り、半分はノルマ達成。
レンズを300㎜に替え、鳥撮りのスタート。
オオハクチョウは7時前から撮り、一段落その後ミコアイサに狙いを定める。
誰も周りには居ない、一番乗りの「独り占め」画像が悪くても良しとする。
ミコアイサの雄7羽が集合、サプライズだ。
この記録も永久保存版に加えることにする。


漢字名:巫女秋沙 他に神子秋沙
英 名:Mergus albellus
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L42cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、池、河川など。河口や入り江などにも入る。
命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。秋は季節、沙は「去る」
「間」などの説があるが本当の語源はわからない。
ミコアイサとは成鳥雄の羽衣の特徴を「白い衣を着て、
目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てて命名

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_07592742.jpg
その2
d0290240_07594494.gif
その3
d0290240_07595893.gif
その4
d0290240_08001865.gif
その5
d0290240_08003096.gif
その6
d0290240_08004566.gif
その7
d0290240_08005844.gif
その8
d0290240_08011428.gif
その9


d0290240_08013180.gif


上記の写真は今秋初めの在庫品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-15 12:00 | 野鳥
2019年 01月 14日

オオハクチョウ Ⅴ

オオハクチョウが近くのW70m×D160m、約1haのいちさな池に。
近所の散歩の人の話によると少し前から居たらしい、
埼玉県でオオハクチョウり飛来地は我らの湿原と、
県中央部の休耕田で確認されている。
野鳥の会のベテランバーダーによると湿原から先日に遊びに行った
二羽と思われるとか。
寒い日に結氷した池に行ったが泳げず採餌できなく、我らの湿原に戻る。


漢字名:大白鳥
英 名:Whooper swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L140cm 
時 期:冬鳥
環 境:湖沼、河川、内湾、河口など

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_14115485.gif
その2
d0290240_14120778.gif
その3
d0290240_14121936.gif
その4
d0290240_14123303.gif
その5
d0290240_14124521.gif
その6
d0290240_14125874.gif
その7
d0290240_14131236.gif
その8
d0290240_14151221.gif
その9

d0290240_14152313.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


昨日のオオハクチョウ10羽は残っているか心配で、探す。

4羽を発見して、朝焼けのシーンを大小のレンズで撮る。

その後、餌場に出かけた思うことにした(想像)

昨日居た6羽が餌場から戻って来た(想像)
お腹がいっぱいなのか昼寝で動かず。

ミコアイサは行動に変化があり早朝複数の雄が近くでパフォーマンスをしてくれた。


№1

d0290240_13075448.gif

№2

d0290240_13080591.gif

№3

d0290240_13081865.gif

№4

d0290240_13083262.gif

№5

d0290240_13084613.gif

№6

d0290240_13085899.gif

№7

d0290240_13091124.gif

№8

d0290240_13092364.gif

№9

d0290240_13094653.gif

№10

d0290240_13093894.gif

№11

d0290240_13101886.gif

使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-14 13:15 | 野鳥
2019年 01月 13日

ベニマシコ  Ⅴ

漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など


命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。
マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_14300318.gif
その2
d0290240_14301271.gif
その3
d0290240_14304556.gif
その4
d0290240_14302359.gif
その5
d0290240_14305981.gif
その6
d0290240_14311090.gif
その7
d0290240_14312228.gif
その8
d0290240_14313741.gif
その9

d0290240_14314634.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

遠方より友来る。

予報では6時には晴れると、そんなことはなかった、黒い雲、気温はどんどん下がる。

最悪の状態で友に期待された成果が上がるか心配していた。

じっと我慢していると空が明るくなり陽も照らし水面も青空の映り込みで水鳥が来れば最高と思いながら待つ。

サプライズだ、やって来たオオハクチョウが7羽、その後外出していたハクチョウ(大2+小1)も帰宅し、計10羽になりにぎやかになった。

明日はわからないと思うが。

ミコアイサも美しくなり。ベニやユリカモメも登場し、友は堪能できたと思う、良かった。


№1  湿原の撮影でで一番力を入れている無理やり朝焼けと映り込み

d0290240_14582517.gif

№2  ダイサギの飛翔

d0290240_14583357.gif

№3

d0290240_14584874.gif

№4  ミコアイサやカンムリカイツブリが集合

d0290240_14585732.gif

№5

d0290240_14590601.gif

№6  オオハクチョウ9羽は湿原の歴史に残るか

d0290240_14591586.gif

№7  

d0290240_14595289.gif

№8  逆光べに

d0290240_15000548.gif

№9  大きな魚(ブルーギル)をくわえるが仲間に追われる

d0290240_15002328.gif

№10

d0290240_15045421.gif

№11  今日のBestはユリカモメのランデブー

d0290240_15050798.gif

№12

d0290240_15052142.gif

№13

d0290240_15053590.gif

№14  オオハクチョウ9羽+コハクチョウ1羽

d0290240_15054949.gif



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-13 15:20 | 野鳥
2019年 01月 12日

里山のルリビタキ Ⅳ

昨年末に久しぶりに出会えたルリビタキ
里山でも紅葉が周りの木々に守られ紅葉する木が残っている。
その付近には複数のルリビタキが縄張りを主張して囀っている。
その中で雄のルリビタキを撮影することが出来た。


漢字名:瑠璃鶲
英 名:Red-flanked Bluetail
科 属:スズメ/ヒタキ科
全 長:L14cm
時 期:留鳥(漂鳥)。MFでは漂鳥。
環 境:繁殖期は主に亜高山帯の林、非繁殖期は平地から山地の林、樹木の多い公園など。
命名の由来:雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
      卵を守る雌は地味な茶色。
      名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
      何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_13364483.gif
その2
d0290240_13365199.gif
その3
d0290240_13365981.gif
その4
d0290240_13370830.gif
その5
d0290240_13371614.gif
その6
d0290240_13372597.gif
その7
d0290240_13380314.gif
その8
d0290240_13381556.gif
その9

d0290240_13382832.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日の一言】

自宅待機が多かったこの頃、久しぶりに天気予報を信じ湿原に向かった。

到着する前に、すでに空は雲で覆われ、諦めて引っ返す。

地元のベニ場で待機するが厚い雲、気温がどんどん下がる、風花が舞う。

休日のフィールドは友も多し、しかし小鳥も待機で静寂感が漂った。

d0290240_10101201.jpg


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-12 12:00 | 野鳥
2019年 01月 11日

トモエガモ Ⅰ

いつものウォーキングの折り返し点が自然公園、

釣りが禁止の水鳥の休息地になっている池に、

昨年に続きトモエガモがやって来た。

多分昨年と同じ固体化、色づきが早そうで、人気のスポットになっている。


漢字名:巴鴨
英 名:Baikal teal
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L40cm 
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼や池、河川、湿地など。
命名の由来:顔に巴の模様があるので「巴鴨」。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_05571514.gif
その2
d0290240_05572638.gif
その3
d0290240_05573500.gif
その4
d0290240_05574464.gif
その5
d0290240_05575303.gif
その6
d0290240_05580217.gif
その7
d0290240_05584070.gif
その8
d0290240_05585215.gif
その9

d0290240_05590538.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日の一言】

湿原は全面結氷や風が強い日が続き、水鳥は避難や日向ぼっこ、猛禽もいまいち、

ベニマシコも餌となる実も少なく、湿原にはスポット的に出かけようと思う。

近くのベニばも立ち位置が逆光で鳥の数も少なく当分見合わせたい。

d0290240_09494003.jpg


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-11 12:00 | 野鳥
2019年 01月 10日

チュウヒ Ⅻ  ほぼ一秒間の記録 (続)

2019年初撮り
湿原は一面凍り付く、それでも凍らない部分でカモたちが癒している。
上空では何も飛ばず、カワウもほとんど姿を現さなくなった。
そんな時若いチュウヒがやって来て、今までいたチュウヒが現れ、
バトルが始まった。


漢字名:沢鵟
英 名:Eastern Marsh Harrier
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L52cm
時 期:冬鳥又は留鳥。
環 境:埋立地の農耕地や荒地、河川、湖沼、池、水田、湿地など
行 動:越冬期は1羽で、朝夕は特に活発に行動し、日中は草地の中などで休息する。
    ネズミ類を主に採食し、他に鳥類昆虫類、両生類、爬虫類などもとる。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_06204707.gif
その2
d0290240_06205687.gif
その3
d0290240_06210571.gif
その4
d0290240_06211352.gif
その5
d0290240_06212151.gif
その6
d0290240_06213062.gif
その7
d0290240_06221174.gif
その8
d0290240_06223549.gif
その9

d0290240_06225715.gif

その10

d0290240_06230719.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

近所のフィールドも例年になく条件が良くない。

鳥も少なく、晴れが続き、立ち位置はいつも逆光、

それでも曇天を期待するが今日も逆光であった。


№1

d0290240_10581988.gif

№2

d0290240_10582848.gif

№3

d0290240_10583586.gif

№4

d0290240_10584538.gif


№5

d0290240_10585300.gif



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-10 12:00 | 野鳥
2019年 01月 09日

ミコとキンククロ

仲が良いミコアイサの雄とキンクロハジロ


【ミコアイサ】
漢字名:巫女秋沙 他に神子秋沙
英 名:Mergus albellus
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L42cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、池、河川など。河口や入り江などにも入る。
命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。秋は季節、沙は「去る」
「間」などの説があるが本当の語源はわからない。
ミコアイサとは成鳥雄の羽衣の特徴を「白い衣を着て、
目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てて命名

【キンクロハジロ】
漢字名:金黒羽白
英 名:Tufted duck
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L40cm 
時 期:冬鳥。北海道の北部と東部では少数が繁殖する
環 境:湖沼、池、河川、内湾、港など。
命名の由来:金は虹彩(こうさい)、黒は体色、白は翼お白帯。三つ合わせて「金黒羽白」。
       

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_17181419.gif
その2
d0290240_17182672.gif
その3
d0290240_17183613.gif
その4
d0290240_17184870.gif
その5
d0290240_17185847.gif
その6
d0290240_17191744.gif
その7
d0290240_17192905.gif
その8
d0290240_17194138.gif
その9

d0290240_17195457.gif


上記の写真は在庫品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-09 12:00 | 野鳥
2019年 01月 08日

チュウヒ Ⅺ  一秒間の記録

2019年初撮り
湿原は一面凍り付く、それでも凍らない部分でカモたちが癒している。
上空では何も飛ばず、カワウもほとんど姿を現さなくなった。
そんな時若いチュウヒがやって来て、今までいたチュウヒが現れ、
バトルが始まった。
そんなシーンを追い続け堪能し初撮りは満足、ベニマシコもそれなりに。


【今日のトピックス】は午後3時35分に再更新しました。


漢字名:沢鵟
英 名:Eastern Marsh Harrier
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L52cm
時 期:冬鳥又は留鳥。
環 境:埋立地の農耕地や荒地、河川、湖沼、池、水田、湿地など
行 動:越冬期は1羽で、朝夕は特に活発に行動し、日中は草地の中などで休息する。
    ネズミ類を主に採食し、他に鳥類昆虫類、両生類、爬虫類などもとる。
命名の由来:宙返りをするように飛ぶので、「宙」と「飛」からチュウヒではないか?

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_09421528.gif
その2
d0290240_09422518.gif
その3
d0290240_09423348.gif
その4
d0290240_09424237.gif
その5
d0290240_09425180.gif
その6
d0290240_09430098.gif
その7
d0290240_09433657.gif
その8
d0290240_09434691.gif
その9

d0290240_09440830.gif

その10

d0290240_09441874.gif


上記の写真は在庫品です。

【今日のトピックス】

-5℃は有っただろう、それでも穏やかな湿原。
身なりは防寒仕様とは言え、背中から陽が差し暖かく気持ちよい日で有った。
ベニマシコは桑の木の実を食べに来るが、明日まで残っているだろうか。
チュウヒもそれなり、ミコアイサも氷が溶けだし近くに来てくれた。
ハクチョウも相変わらず定位置で昼寝をしている。
平和な湿原を堪能した仲間とともに岐路につく。


№1 正月のゴミ処理に昼夜働くクリーンセンター

d0290240_15200049.gif
№2  朝焼けは雲が有るとダイナミック

d0290240_15202092.gif

№3  カンムリカイツブリが凍っていない水面に集合がかかる

d0290240_15203574.gif

№4  7割がた結氷しているため水鳥は溶けるのを待っているようだ

d0290240_15204836.gif

№5  太陽が昇る部分に雲があり、これも有りか

d0290240_15210202.gif

№6  ハクチョウ達も定位置

d0290240_15211797.gif

№7  この桑の木にはあと何日来るのだろう

d0290240_15212907.gif

№8  氷をかき分けミコアイサの雌

d0290240_15214263.gif

№9  久しぶりに会えたハジビロカモ

d0290240_15215403.gif

№10  ミコアイサの雄は久しぶり

d0290240_15220697.gif
  

使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】






# by ichibannori | 2019-01-08 13:30 | 野鳥
2019年 01月 07日

ベニマシコ  Ⅳ

漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など
命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。
マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_16355146.gif
その2
d0290240_16360064.gif
その3
d0290240_16360916.gif
その4
d0290240_16361817.gif
その5
d0290240_16362725.gif
その6
d0290240_16363516.gif
その7
d0290240_16371561.gif
その8
d0290240_16372549.gif
その9

d0290240_16374007.gif


上記の写真は在庫品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-07 12:00 | 野鳥
2019年 01月 06日

里山のルリビタキ Ⅲ

昨年末に久しぶりに出会えたルリビタキ
里山でも紅葉が周りの木々に守られ紅葉する木が残っている。
その付近には複数のルリビタキが縄張りを主張して囀っている。
その中で雄のルリビタキを撮影することが出来た。


漢字名:瑠璃鶲
英 名:Red-flanked Bluetail
科 属:スズメ/ヒタキ科
全 長:L14cm
時 期:留鳥(漂鳥)。MFでは漂鳥。
環 境:繁殖期は主に亜高山帯の林、非繁殖期は平地から山地の林、樹木の多い公園など。
命名の由来:雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
      卵を守る雌は地味な茶色。
      名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
      何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_16573869.gif
その2
d0290240_16574770.gif
その3
d0290240_16575667.gif
その4
d0290240_16580431.gif
その5
d0290240_16581114.gif
その6
d0290240_16581971.gif
その7
d0290240_16585496.gif
その8
d0290240_16590599.gif
その9  祠で給水

d0290240_16591852.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日の湿原】


夜明け時は風が強く寒い朝
風が無ければどんなに寒くても快適だが、
連日の快晴なのに今日は厚い雲、これも寒さに影響か。
不満足の朝焼け、ハクチョウを探すが見つからない。
南側に位置を変え風が弱くなり空も青く、水面も蒼く、
そこにベニマシコが登場した、今期一番のシチュエーションか。
チュウヒも飛び満足で帰路に就く。

№1

d0290240_14115899.gif

№2

d0290240_14120813.gif

№3

d0290240_14112890.gif

№4

d0290240_14114445.gif

№5

d0290240_14123495.gif

№6

d0290240_14124534.gif

№7

d0290240_14125881.gif

№8

d0290240_14131250.gif

№9

d0290240_14133062.gif

№10

d0290240_14134411.gif

使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-06 14:20 | 野鳥
2019年 01月 05日

ミコアイサ Ⅳ

ミコアイサも安定してきました。(12月半ばまで)
湿原に成れたのか 分散して中央を気持ちよく泳ぎ、
時々横走り、楽しそうです。
湿原に成れたのか最近は単独行動をしています。


漢字名:巫女秋沙 他に神子秋沙
英 名:Mergus albellus
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L42cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、池、河川など。河口や入り江などにも入る。
命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。秋は季節、沙は「去る」
「間」などの説があるが本当の語源はわからない。
ミコアイサとは成鳥雄の羽衣の特徴を「白い衣を着て、
目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てて命名

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_15572510.gif
その2
d0290240_15573565.gif
その3
d0290240_15574549.gif
その4
d0290240_15592346.gif
その5
d0290240_15593192.gif
その6
d0290240_15594142.gif
その7
d0290240_16002687.gif
その8
d0290240_16003805.gif
その9

d0290240_16005103.gif


上記の写真は在庫品です。


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-05 12:30 | 野鳥
2019年 01月 04日

2019年 鳥撮り初め

今日から鳥撮りを開始する。
まず初めに湿原に顔を出し鳥と友に挨拶。
到着すると結氷が始まっていた、そのうち大部分は氷原になった。
一部日当たりの良い所は水面が見え水鳥が集まっていた。
ハクチョウも大小3羽に増え、昨日から動きはないようだ。
南側の定位置に戻りベニマシコを撮る。
抜けたと思ったチュウヒも新入りの登場で2羽のバトルが始まった。
また皆に言えないようなシャッター数を反省し、帰路に着く。




その1  途中下車にてクリーンセンターの北側から月を

d0290240_16032718.jpg
その2  周囲に天文観察家の影響で、にわか月と金星と
d0290240_16033560.jpg
その3  久しぶりに武蔵野線の電車を入れて
d0290240_16034342.jpg
その4  スカイツリーも朝焼けに、すっぽりと
d0290240_16035101.jpg
その5  今日の朝焼け(柿色がよい)
d0290240_16040525.jpg
その6  快晴無風、雲も無し
d0290240_16041258.jpg
その7  柿色に染まった水面をカンムリカイツブリが
d0290240_16045175.jpg
その8  ベニマシコも撮る
d0290240_16050212.jpg
その9

d0290240_16051810.jpg

その10  ハクチョウ(大2+小1)

d0290240_16052910.jpg

その11 お姉さんチュウヒと坊やのバトル

d0290240_16054201.jpg

その12  カラスも参戦
d0290240_16055357.jpg
その13  湿度も低くピントがよく来た
d0290240_16060458.jpg

その14  ロックオンに成功すればすべてピント良し、みんなに言えないシャッター数
d0290240_16061521.jpg





使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-04 16:30 | 野鳥
2019年 01月 04日

オオハクチョウ Ⅳ

オオハクチョウが近くの池にやって来た。
近所の散歩の人の話によると少し前から居たらしい、
埼玉県でオオハクチョウり飛来地は我らの湿原と、
県中央部の休耕田で確認されている。
野鳥の会のベテランバーダーによると湿原から先日に遊びに行った
二羽と思われるとか。
寒い日に結氷した池に行ったが泳げず採餌できなく、我らの湿原に戻る。


漢字名:大白鳥
英 名:Whooper swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L140cm 
時 期:冬鳥
環 境:湖沼、河川、内湾、河口など
命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーィ、コーィ」と呼び寄せるが、
      それも鳴き声から。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_16194228.gif
その2
d0290240_16195539.gif
その3
d0290240_16200324.gif
その4
d0290240_16201226.gif
その5
d0290240_16202125.gif
その6
d0290240_16203025.gif
その7
d0290240_16204220.gif
その8
d0290240_16212515.gif
その9

d0290240_16213815.gif


上記の写真は在庫品です。


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
   


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-04 06:00 | 野鳥
2019年 01月 03日

里山のルリビタキ  Ⅱ


昨年末に久しぶりに出会えたルリビタキ
里山でも紅葉が周りの木々に守られ紅葉する木が残っている。
その付近には複数のルリビタキが縄張りを主張して囀っている。
その中で雄のルリビタキを撮影することが出来た。


漢字名:瑠璃鶲
英 名:Red-flanked Bluetail
科 属:スズメ/ヒタキ科
全 長:L14cm
時 期:留鳥(漂鳥)。MFでは漂鳥。
環 境:繁殖期は主に亜高山帯の林、非繁殖期は平地から山地の林、樹木の多い公園など。
命名の由来:雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
      卵を守る雌は地味な茶色。
      名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
      何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_16525911.gif
その2
d0290240_16530922.gif
その3
d0290240_16531734.gif
その4
d0290240_16532414.gif
その5
d0290240_16533482.gif
その6
d0290240_16534456.gif
その7
d0290240_16542918.gif
その8
d0290240_16544206.gif
その9

d0290240_16545468.gif


上記の写真は在庫品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-03 10:00 | 野鳥
2019年 01月 02日

ベニマシコ  Ⅲ

2009年が始まりました。
やはりベニマシコでしょうか。
なんたって「ベニマシコ命」なんです。


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など
命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。
マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_15495810.gif
その2
d0290240_15500792.gif
その3
d0290240_15501689.gif
その4
d0290240_15502428.gif
その5
d0290240_15503695.gif
その6
d0290240_15504475.gif
その7
d0290240_15512368.gif
その8
d0290240_15513452.gif
その9

d0290240_15514641.gif

上記の写真は昨年末の在庫です。

【今日のトピックス】

『月と金星のランデブー』

解説書によると1月2日の夕方から宵、(多分元旦の宵からと思う)南西の空で月齢4の細い月と宵の明星の金星が大接近して見える。
地球照を伴った幻想的な細い月と金星の共演は、
数ある月と惑星の接近の中でも随一の美しさだ。
見やすい時間帯でもあり人目を引いて話題となるだろう。
月と金星の左上には火星も見えており、翌日にはこの火星に月が大接近する。


№01   4:40 見沼田んぼ

d0290240_09263755.gif

№02   05:00 天文観察の先輩によると月と金星は最接近と言われた

d0290240_09265072.gif

№03   05:29  最初の地点から3㎞の距離

d0290240_09270831.gif

№04 06:02  朝焼けが始まる

d0290240_09272169.gif

№05 06:17

d0290240_09273874.gif

№06 06:25

d0290240_09275582.gif

№07 06:27

d0290240_09280875.gif

№08 06:30

d0290240_09281807.gif

№09 06:33

d0290240_09283205.gif

№10 06:35

d0290240_09284564.gif

№11 06:40

d0290240_09285835.gif

№12  07:00

d0290240_09290923.gif

№13  07:10

d0290240_09292606.gif



OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2019-01-02 09:50 | 野鳥
2019年 01月 01日

2019年 新年のあいさつ

01
d0290240_19431071.gif
02 昨年は天皇杯の優勝、コハクチョウもお祝いに駆け付ける
d0290240_19344233.jpg
03  遠くには男体山も
d0290240_19345900.jpg
04  朝焼けと朝靄がまぶしい
d0290240_19351910.jpg
05
d0290240_19354309.jpg
【元旦のトピックス】

今日も早起き、最初のフィールドは真っ暗、東の裾野が見える場所
日の出30分ぐらいが柿色が鮮やか。
太陽が顔を出す場所は「日本一の桜の回廊」の上に、人工物が無く、
見沼田んぼの遠くから撮影

A  6:00 月と金星もお付き合い
d0290240_08260366.jpg
B 6:25  さいたまスタジアムを望む
d0290240_08261495.jpg
C  6:27 柿色が鮮やか
d0290240_08262370.jpg
D  6:37  場所を移して東京スカイツリー
d0290240_08263319.jpg
E 6:49 振り向けば見沼田んぼの定点スポット
d0290240_08264300.jpg
F  6:59  日の出時間も過ぎ、昇る準備も出来たようだ
d0290240_08265374.jpg
G 7:16 屋敷林の隙間に 
d0290240_08270106.jpg
H 7:14  全容を現わす
d0290240_08271266.jpg
I  7:17  帰路につく途中にて
d0290240_08272227.jpg


# by ichibannori | 2019-01-01 00:00
2018年 12月 31日

今年の総括です Ⅱ

家族にとっては忙しい一年でした。
子供の結婚、孫の誕生、来年は孫が二人増え、ファミリーは12人に成ります。
みんな無事に過ごせればと思っています。
私はうまく病気と付き合い、フィールドには「一番乗り」の継続中です。
今年は近くのフィールドで鳥を撮り、空も花も撮り楽しい一年を過ごすことが出来ました。
二日間にわたって今年の鳥撮りの絵を掲載します。



7月a

d0290240_16355875.gif

7月b

d0290240_16360870.gif

8月a

d0290240_16363071.gif

8月b

d0290240_16363764.gif

9月a

d0290240_16365417.gif

9月b

d0290240_16370196.gif

10月a

d0290240_16371791.gif

10月b

d0290240_16372536.gif

11月a

d0290240_16374964.gif

11月b

d0290240_16375664.gif

12月a

d0290240_16381152.gif

12月b

d0290240_16382101.gif


には人気ブログランキングに投票をお願いします 】






# by ichibannori | 2018-12-31 12:00 | 野鳥
2018年 12月 30日

今年の総括です Ⅰ

家族にとっては忙しい一年でした。
子供の結婚、孫の誕生、来年は孫が二人増え、ファミリーは12人に成ります。
みんな無事に過ごせればと思っています。
私はうまく病気と付き合い、フィールドには「一番乗り」の継続中です。
今年は近くのフィールドで鳥を撮り、空も花も撮り楽しい一年を過ごすことが出来ました。
二日間にわたって今年の鳥撮りの絵を掲載します。



1月a

d0290240_16255656.gif

1月b

d0290240_16260531.gif

2月a

d0290240_16262039.gif

2月b

d0290240_16262819.gif

3月a

d0290240_16264422.gif

3月b

d0290240_16265399.gif

4月a

d0290240_16271344.gif

4月b

d0290240_16272275.gif

5月a

d0290240_16274059.gif

5月b

d0290240_16274775.gif

6月a

d0290240_16280880.gif

6月b

d0290240_16281605.gif





【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2018-12-30 12:00 | 野鳥
2018年 12月 29日

ベニマシコ  Ⅱ

2007年から12年間撮り続けているベニマシコ、

なんたって「ベニマシコ命」なんです。


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など
命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。
マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_15042078.gif
その2
d0290240_15043481.gif
その3
d0290240_15044643.gif
その4
d0290240_15045970.gif
その5
d0290240_15052102.gif
その6
d0290240_15053376.gif
その7
d0290240_15054451.gif
その8
d0290240_15055798.gif
その9

d0290240_15060850.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


撮り納の三日間をスタート

満足いく朝焼けを撮りたく芝川の橋の上、見返りは新都心、先ず先ず。

湿原に移り富士を撮る。

サプライズは煙害で秋に新芽が出て、実をつけた桑の木、

ドライフルーツに成ったがベニマシコは賢い、自分に色を付けようと夢中で食していた。


そして今日のテーマ「かぎろひ」

寒中に万葉歌人の柿本人麻呂が眺望した、光景が「かぎろひ」
現在は一説によると小寒ですが、寒い、
寒い季節にもその季節だけの楽しみがあります。
この季節は空気が澄み切っていて、水蒸気が少なく乾燥しています。
「かぎろひ」を夜明け間近かの東の空に出現です。
「かきろひ」とは反薄明光線の一種です。


№1  AM6:00芝川の橋の中央から

d0290240_11510359.gif

№2 AM6:30

d0290240_11512718.gif

№3    AM6:44 振り返れば新都心

d0290240_11514639.gif

№4  間に合った富士

d0290240_11520133.gif

№5  最近は貴重なミコアイサの雄

d0290240_11521115.gif

№6  カンムリカイツブリが走る

d0290240_11522105.gif

№7  桑のドライフルーツを食する貴重なシーン

d0290240_11523371.gif

№8  こんなシーンは今後撮れないかも

d0290240_11524662.gif

№9

d0290240_11530037.gif



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
   


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2018-12-29 12:40 | 野鳥
2018年 12月 28日

手強いベニマシコ  Ⅰ

近くのビオトープや湿原では彼岸から彼岸まで冬鳥を撮影している。

今シーズンはどこのフィールドでもベニマシコは撮りずらくなっている。

餌に起因するのか地面近くのイノコズチを食しているので撮りずらい。

その後アキニレの実を食べに木に来るが枝が多く被ってしまう。

セイタカアワダチソウに乗ってくれれば撮れるようになるが、

最近徐々に撮れるようになった。

暖冬の影響か、鳥の行動がずれている。


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など
命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。
マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。

山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_14564564.gif
その2
d0290240_14565332.gif
その3
d0290240_14570220.gif
その4
d0290240_14571072.gif
その5
d0290240_14572071.gif
その6
d0290240_14572976.gif
その7
d0290240_14580901.gif
その8
d0290240_14582394.gif
その9

d0290240_14583990.gif


上記の写真は在庫品です。


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2018-12-28 14:00 | 野鳥
2018年 12月 27日

カワアイサ  Ⅲ

2016年以来の初見初撮り、探鳥地は近場ばかり訪れていないので73か所から増えず。
それでも新しい鳥に出会えたことに感謝。
風強く波があり、そのうち快晴無風で挑戦したい。
大きな鳥です。

漢字名:川秋沙
英 名:Common Merganser goosander
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L65cm
時 期:冬鳥。北海道東部と北部では留鳥
環 境:海岸、内湾、港、河口、湖沼、池、河川などにも入る。
命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。
       秋は季節、沙は「去る」「間」などの節があるが本当の語源はわからない。
       カワアイサは河川、湖、沼に棲息することによる命名。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_07440818.gif
その2
d0290240_07441599.gif
その3
d0290240_07442250.gif
その4
d0290240_07443099.gif
その5
d0290240_07443799.gif
その6
d0290240_07444510.gif
その7
d0290240_07451931.gif
その8
d0290240_07452909.gif
その9

d0290240_07455107.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

MFのビオトープに短時間通うが時間切れで撮ることが出来なかったベニマシコ。

話によると時々でるらしいという事で少し粘ってみた。

現役の仲間は、いつも時間切れ、それでも通うものだと。

今期正面から初撮りである。


№1

d0290240_11093544.gif

№2

d0290240_11094392.gif

№3

d0290240_11095103.gif

№4

d0290240_11095891.gif


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2018-12-27 12:00 | 野鳥
2018年 12月 26日

チュウヒ Ⅹ

ピンボケの大量生産もありますが、新システムのお陰でピントが来るようになっています。
しかし自己満足で、ソフトフォーカスです。
結果ですから良い器材、それなりの機材、言い訳はできないですね。
同じ器材を使用している方々はピントがあまいと言っていますが、
プロの作品を見るとドンピシャリ
やはのり精進でしょうか。


漢字名:沢鵟
英 名:Eastern Marsh Harrier
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L52cm
時 期:冬鳥又は留鳥。
環 境:埋立地の農耕地や荒地、河川、湖沼、池、水田、湿地など
行 動:越冬期は1羽で、朝夕は特に活発に行動し、日中は草地の中などで休息する。
    ネズミ類を主に採食し、他に鳥類昆虫類、両生類、爬虫類などもとる。
命名の由来:宙返りをするように飛ぶので、「宙」と「飛」からチュウヒではないか?

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_15130333.gif
その2
d0290240_15131318.gif
その3
d0290240_15132151.gif
その4
d0290240_15133084.gif
その5
d0290240_15134521.gif
その6
d0290240_15135380.gif
その7
d0290240_15143581.gif
その8
d0290240_15144493.gif
その9

d0290240_15151227.gif


上記の写真は在庫品です。


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
   



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2018-12-26 13:15 | 野鳥
2018年 12月 25日

穏やかな師走の湿原

かに座の満月は23日、それでも天高く輝いていた湿原の夜明け。

昨日の風で水分は吹き飛んだと思ったら東の裾野は黒い雲、ままならぬ。

それでも朝焼けの映り込みを探し絵にして見た。

鳥たちはミコアイサの活躍で楽しいひと時を過ごせた。


漢字名:巫女秋沙 他に神子秋沙
英 名:Mergus albellus
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L42cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、池、河川など。河口や入り江などにも入る。
命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。秋は季節、沙は「去る」
「間」などの説があるが本当の語源はわからない。
ミコアイサとは成鳥雄の羽衣の特徴を「白い衣を着て、
目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てて命名。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1  スタート時の新都心と月

d0290240_11441489.gif
その2  クリスマスのスカイツリー
d0290240_11442507.gif
その3  狭い範囲の朝焼け
d0290240_11443631.gif
その4  サギ達が団体で飛翔
d0290240_11445310.gif
その5
d0290240_11450831.gif
その6  いつも撮る朝焼けの映り込みにカンムリカイツブリ
d0290240_11452189.gif
その7  男体山方面は快晴で陽が
d0290240_11453353.gif
その8  湿原を時間をかけて一周すると別世界の景色
d0290240_11454548.gif
その9

d0290240_11461565.gif

その10

d0290240_11463018.gif

その11

d0290240_11464114.gif


上記の写真は今、編集が終わった湯気が出ている作品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
   


【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2018-12-25 12:00 | 野鳥
2018年 12月 24日

ユリカモメ Ⅳ

動きがトリッキー、追うのが大変ですが、

時々一直線に飛翔するシーンがあります。


漢字名:百合鴎
英 名:Black-headed Gull
科 属:チドリ目/カモメ科
全 長:L40cm W92cm
時 期:冬鳥。
環 境:沿岸、内湾、港、河口、湖沼、池、河川などにも入る
命名の由来:「ユリ」は古語で「後ろ」。若さの海は京都の後ろ。
       その海から現れるカモメなのでユリカモメではないか、と言われているが

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_04404505.gif
その2
d0290240_04405372.gif
その3
d0290240_04410240.gif
その4
d0290240_04411194.gif
その5
d0290240_04412099.gif
その6
d0290240_04412780.gif
その7
d0290240_04415890.gif
その8
d0290240_04420835.gif
その9

d0290240_04422349.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

久しぶりに湿原に行くことを決めていた。

しかし昨夜から天気予報を見ると風邪か5mと予想されるが、いつもの時間に起きる。

風が強い、これでは湿原で鳥は引っ込み三脚は揺れ、撮影を断念する。

東の空を見ると明るい朝焼け、いつものポイントに出向く。

しかしである、南方向は湿度が高く裾野は黒い雲、とりあえず何枚か撮影し、

見沼田んぼの定点スポットに移る。

月が輝き快晴の空は青と赤が混じり、いい感じだ。

振り向けば緑のヘルシーロード上に日の出の準備が出来、私も準備する。

そして日の出を撮ることが出来、つたないコレクションに加わる。


№1 私にとって「ケンとメリー」の木を入れて裾野を撮る、若いころはスカイラインGTを乗っていた


d0290240_08354643.gif

№2  浦和レッズのホーム、埼スタ、天皇杯おめでとう、隠れレッズサポーター

d0290240_08360051.gif

№3  今年もお世話になった定点スポット

d0290240_08361463.gif

№4  振り向けば緑のヘルシーロードの上に陽が昇る

d0290240_08362729.gif

№5  風が10m以上あるか、雲の流れが速い

d0290240_08364291.gif

№6  ダイサギの飛翔もハヤブサのように早い

d0290240_08365473.gif


使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 
    M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 
    M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
    



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2018-12-24 12:00 | 野鳥
2018年 12月 23日

里山のルリビタキ  Ⅰ

昨日は友とプチ遠征

里山でも紅葉が周りの木々に守られ紅葉する木が残っている。

その付近には複数のルリビタキが縄張りを主張して囀っている。

その中で雄のルリビタキを撮影することが出来た。



漢字名:瑠璃鶲
英 名:Red-flanked Bluetail
科 属:スズメ/ヒタキ科
全 長:L14cm
時 期:留鳥(漂鳥)。MFでは漂鳥。
環 境:繁殖期は主に亜高山帯の林、非繁殖期は平地から山地の林、樹木の多い公園など。
命名の由来:雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
      卵を守る雌は地味な茶色。
      名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
      何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。


山と渓谷社刊 「日本の野鳥」、「野鳥の名前」 より



その1

d0290240_16420559.gif
その2
d0290240_16421246.gif
その3
d0290240_16421707.gif
その4
d0290240_16422195.gif
その5
d0290240_16422688.gif
その6
d0290240_16423196.gif
その7
d0290240_16432543.gif
その8
d0290240_16433409.gif
その9

d0290240_16435035.gif


上記の写真は在庫品です。



使用機材

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II

レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO



【 ※ お帰りには人気ブログランキングに投票をお願いします 】





# by ichibannori | 2018-12-23 12:00 | 野鳥