タグ:ベニマシコ ( 127 ) タグの人気記事


2017年 01月 21日

ベニマシコ Ⅳ

状況はよくなってきた、しかし立ち位置は逆行側である。
この時期晴天は多く曇天を待ちたい。



漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など



命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×3)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_11470829.gif



その2

d0290240_11472158.gif



その3

d0290240_11474339.gif



その4

d0290240_11475356.gif



その5

d0290240_11480448.gif



その6

d0290240_11481740.gif



その7

d0290240_11482712.gif



その8

d0290240_11483971.gif



その9

d0290240_11484805.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

自宅から700mだから通うけど過去二日は坊主だった。
特に昨日は気温が低く小鳥たちは動けなかったのだろう、なにせ風花が舞い、手すりに降りた白い結晶がしばらく解けなかった。
足がしびれたのは今季初めての体験。
そして今日も行く、早い人は6時ごろから、私は三脚を立てて車で明るくなるまで待つのだ。
東の屋敷林の隙間から朝焼けの準備。陽が見える直前10分が勝負だった。
結果は久しぶりに間近のセイタカアワダチソウに乗り、逆光になるまで30分は撮れたと思う。
その後珍鳥を探しに行ったが時間が遅かった、ただブログ友に会え、嬉しかった。



日の出まえの理想の光線 07:17

d0290240_10263121.gif




d0290240_10275887.gif




d0290240_11071172.gif



07:43には陽が出て、逆光である+か-か試行錯誤、ホワイトバランスもオート、
晴天、色温度と設定を変える。

d0290240_10320023.gif






by ichibannori | 2017-01-21 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 15日

ベニマシコ Ⅲ

今シーズンは手強いと何年言ってきただろう。
いつかは撮れなくなるか、心配である。
鳥撮りの諺「撮れるとき撮っておく、明日は無い」


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など


命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×2)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_20194332.gif



その2

d0290240_20195488.gif



その3

d0290240_20200946.gif



その4

d0290240_20202104.gif



その5

d0290240_20203916.gif



その6

d0290240_20214744.gif



その7

d0290240_20222145.gif



その8

d0290240_20223383.gif



その9

d0290240_20224699.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

今シーズン耳が痛くなる一番の寒さ、風花が舞っていた。
曇天を期待したが、陽が出て風があり、セイタカアワダチソウが揺れ、
期待できなので帰宅、こんな日もある。


d0290240_10294410.gif




d0290240_10295462.gif





by ichibannori | 2017-01-15 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 08日

ベニマシコ Ⅱ

新春はベニマシコを主に撮りたいが、果たして叶うか。


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など


命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_08352500.gif



その2

d0290240_08354061.gif



その3

d0290240_08354761.gif



その4

d0290240_08355313.gif



その5

d0290240_08360150.gif



その6

d0290240_08360742.gif



その7

d0290240_08363781.gif



その8

d0290240_08364984.gif



その9

d0290240_08370650.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

曇天の朝、氷点下の中、四時間待ってやっとセイタカアワダチソウに乗ってくれた。
寒い中、しびれを切らして帰るバーダーも居た。
10分以上アワダチソウを食べ、休日しか来れないバーダーも堪能できたようだ。
しかし悔いが残ることがある。
遠くの鳥友か撮りに来たいと話があったが、今日も四時間待ち、
撮れれば良いがリスクが有り過ぎで勧められないと、言った手前、心苦しい。

d0290240_15365764.gif



d0290240_15371299.gif



d0290240_15372902.gif






by ichibannori | 2017-01-08 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 31日

一年を振り返る  初撮りで終わっても良かったかも

今年の初撮りは一月四日、毎年のことである。
大晦日から酒を呑み、駅伝を見ながら酒を呑み、正月は終わりとする。
鳥撮りのため早起きをするので、一年で酒は三日間のみ、過去十年そうしている。

初撮りは一月四日、この日も夜明けからスタンバイ、コハクチョウ七羽が飛び立ちを独り占め、その後川沿いのベニマシコこれも良し、ユリカモメも正月祝いに、そしてチュウヒも。
この日で一年分のツキを使い果たしたかと思ったが。

正午から一年の決算を。




その1

d0290240_10035874.jpg



その2

d0290240_10112222.jpg



その3

d0290240_10113616.jpg



その4

d0290240_10115222.jpg



その5

d0290240_10120702.jpg



その6

d0290240_10121912.jpg



その7

d0290240_10122891.jpg



その8

d0290240_10123886.jpg



その9

d0290240_10125780.jpg



その10

d0290240_10132942.jpg



その11

d0290240_10133803.jpg



その12

d0290240_10134704.jpg



上記の写真は在庫品です。






by ichibannori | 2016-12-31 00:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 12月 17日

四年間完走できました。

みなさんに見て、そして「イイネ」をいただき、四年間完走できました。
今年も平凡に過ごそうと思っていましたが、
我が家も便利な住み慣れたところから、田舎に転居、幸不幸も有り、
年末までたどり着きました。

鳥撮りといえば一月四日から始まり、良い思い出がいっぱいです。

ブログの語りは上から目線(人から言われる)ですが
今後もよろしくお願いします。

少し思い出に残った絵を一月から十二月まで並べてみました。


一月   ベニマシコ

d0290240_11190373.gif



二月   トラツグミ

d0290240_11191050.gif



三月   ミコアイサ

d0290240_11191879.gif



四月   コムクドリ

d0290240_11192618.gif



五月   ニュウナイスズメ

d0290240_11193461.gif



六月   ヤマセミ

d0290240_11194285.gif



七月   コアジサシ他

d0290240_11195183.gif



八月   アカガシニサギ

d0290240_11200396.gif



九月   アカエリヒレアシシギ

d0290240_11201920.gif



十月    オグロシギ

d0290240_11202847.gif



十一月  ノビタキ

d0290240_11203625.gif



十二月   ノスリ

d0290240_11204464.gif






by ichibannori | 2016-12-17 12:00 | Comments(2)
2016年 05月 01日

ベニマシコ 23  第七章

昨年11月28日から掲載し始めたベニマシコも23回で最終になります。
第七章とはボケ畑の最後になります。
(べにましこ命)としては春の絵は赤いベニマシコには恵まれませんでしたが、
来シーズンも良い絵を撮りたいと思っています。




その1

d0290240_22240037.gif



その2

d0290240_22241715.gif



その3

d0290240_22242976.gif



その4

d0290240_22244208.gif



その5

d0290240_22245910.gif



その6

d0290240_22251141.gif



その7   枯れた実は百日紅の実

d0290240_22252284.gif



その8

d0290240_22253591.gif



その9

d0290240_22254697.gif



上記の写真は在庫品です。





by ichibannori | 2016-05-01 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 04月 28日

ベニマシコ 22 第六章


その1

d0290240_16445857.gif



その2

d0290240_16450861.gif



その3

d0290240_16451830.gif



その4

d0290240_16452874.gif



その5

d0290240_16454072.gif



その6

d0290240_16455643.gif



その7

d0290240_16460614.gif



その8

d0290240_16461863.gif



その9

d0290240_16462878.gif





上記の写真は在庫品です。




【昨日のアクシデントとサプライズ】

  歳はとりたくないもんだ、昼のテレビ小説を見ようと急いでいたら探鳥地に三脚を 忘れる、
  結果二往復して見ることが出来ず。
  次は携帯電話が糸電話になり鳥友三人のリレーで、珍しい鳥がいる連絡があり、
  何とかメタイチドリを撮ることが出来、友に感謝。


d0290240_10331066.gif



  
d0290240_20584505.gif



d0290240_20590947.gif





by ichibannori | 2016-04-28 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 04月 24日

ベニマシコ  21  第五章

この時なんです。
起きたばかり眠そうで、眠気眼でじっとしています。
約三分間位置、補正をしながら独り占めで、六時前の出来事です。
後ろに居るのは若雄と思えたんですが、飛ばれてしまうので大きく位置取りを変えることは出来ませんでした。



その1

d0290240_21080757.gif



その2

d0290240_21082219.gif



その3

d0290240_21083383.gif



その4

d0290240_21084669.gif



その5

d0290240_21085742.gif



その6

d0290240_21090942.gif



その7

d0290240_21092151.gif



その8

d0290240_21093753.gif



その9

d0290240_21094986.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

   起きて見ると外は雨、農繁期に向けて田圃もお湿りを待っていた事だろう。
   森で成果をあげれば川や田圃に水辺の鳥も良い、しかし鳥は背景、
   稲が植え終わり、そこの水鳥を撮りたい。


   
d0290240_06103130.jpg



d0290240_06105852.jpg



d0290240_06114678.jpg




by ichibannori | 2016-04-24 12:00 | 挨拶 | Comments(0)
2016年 04月 20日

ベニマシコ 20

花園シリーズ 第五章

フイールドのマスコット、単独行動の雌なんです。
いろんなパホーマンスを見せてくれます。



その1

d0290240_09301169.gif



その2

d0290240_09292078.gif



その3

d0290240_09302754.gif



その4

d0290240_09304286.gif



その5

d0290240_09305220.gif



その6

d0290240_09310487.gif



その7

d0290240_09311774.gif



その8

d0290240_09312980.gif



その9

d0290240_09314102.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

 一年ぶり、ツミの様子伺いに深い森にプチ遠征、今季は雄は若く雌と見間違うようだ。
 昨日までの経過を伺っていたので番い、ペアリングは確認できていないと言われたが、
 若雄が餌を初めて雌に与えるシーンを撮ることが出来、鳥見の方から今季初めてと言われ、
 初日にしてはまずまずの成果、週二日も好い出会いがあり、今週はノルマ達成。



   雌が二羽、牽制していると思っていたが

d0290240_13482910.gif
 


  こんなのしか撮れなく、先が思いやられると

d0290240_13484290.gif



  初めて若雄が餌を持ってくる

d0290240_13485636.gif




   裏側の模様が美しい

d0290240_13490853.gif



   餌渡しの瞬間、場所は羽が広げられて、飛びあがる空間を要する場所を
   選ぶとか。

d0290240_13492675.gif






by ichibannori | 2016-04-20 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 04月 16日

ベニマシコ 19

花園シリーズ 第四章


その前に

 熊本の地震には驚き、建築の耐震診断・補強に携わっていた者としてショックです。
 被害にあわれた方々にお見舞い申しあげます。

 今朝も鳥友から情報を頂きましたが、元々週末は休撮日としているし、耐震工学の
 限界を超えた現実にショックを受け止める事にし、休みました。

 私は地元近辺の公共建築物の耐震診断・補強の設計をしていましたが。ほぼ完了しています。
 民間の建物は、ほとんどの建物は耐震診断・補強はされていません。

 もし今回と同程度の地震が有った場合、同じような被害が出ると思います。
 地震工学・耐震工学は経験から発展し強化されていますがので、今回の地盤の変化には無力と感じました。
 
 気象庁、評論家は余震だろう、いや本震とか言っていましたが先を急がず長期的に見たほうが
 良いと思われます。

 当該ブログは鳥のブログ、楽しい趣味の世界であり今後、政治問題、社会問題を取り上げることは
 不愉快と思う方々もいると思うので、今後は取り上げることは止めようと思います。
 


その1

d0290240_21431083.gif



その2

d0290240_21432586.gif



その3

d0290240_21433521.gif



その4

d0290240_21434942.gif



その5

d0290240_21440105.gif



その6

d0290240_21441153.gif



その7

d0290240_08321054.gif



その8

d0290240_08322000.gif



その9

d0290240_08323143.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日の独り言】

   そんなことで四年前の在庫です。



   昨日はこの木(染井吉野)の前で昼食、四年前はここに留まった。

d0290240_09053995.jpg



   自然のせせらぎに降りたキビタキ、最近は餌付で凄い事に成っているとか。

d0290240_09064707.jpg






by ichibannori | 2016-04-16 12:00 | 野鳥 | Comments(0)