野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オジロビタキ ( 16 ) タグの人気記事


2017年 01月 24日

オジロビタキ Ⅳ

上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。


2~3日前に他の場所に移動したとか、貴重な出会いを有難うと言いたい。
色々なご意見もあると思うが、これで良かったのだろう。


漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林

命名の由来:日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
      (1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
      (2)オジロビタキは東経50度以東としている。
      (再掲載×3)
      「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋



その1

d0290240_05480372.gif



その2

d0290240_05481290.gif



その3

d0290240_05482262.gif



その4

d0290240_05483038.gif



その5

d0290240_05484149.gif



その6

d0290240_05485443.gif



その7

d0290240_05493852.gif



その8

d0290240_05494886.gif



その9

d0290240_05495848.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日この頃】

小鳥の撮影は晴天では向かぬと思うが出かける。
ベニマシコ以外は成果が上がらぬ、贅沢と思うが。
このところイカル、コイカルの情報があり、コイカル一羽を確認できたが、
陰影が強く、満足な絵にならなかった。



副産物のミコアイサの雌を至近距離で撮る。

d0290240_10295189.gif



d0290240_10300256.gif



d0290240_10301102.gif



嘗て、この場所で撮ったミコアイサの雄

d0290240_10311331.jpg



今日のコイカルなんだが

d0290240_10293439.gif




d0290240_10294335.gif





by ichibannori | 2017-01-24 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 11日

オジロビタキ Ⅲ

年が明けました。
オジロビタキは元気にしているでしょうか。
鳥友によると年末にコナラの木から他の木に移ったようです。



上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。



漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥



日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。
(再掲載×2)
「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋



その1

d0290240_06410871.gif



その2

d0290240_06411632.gif



その3

d0290240_06412795.gif



その4

d0290240_06413732.gif



その5

d0290240_06414792.gif



その6

d0290240_06425747.gif



その7

d0290240_06444092.gif



その8

d0290240_06444818.gif



その9

d0290240_06455179.gif



上記の写真は在庫品です。




【友の絵を見たら蘇った】

所要により鳥撮りは休む、ウォーキングは続く、五か月継続中150万歩になる。
先日友がナベヅルを撮りに行った。私は二年前に撮っているのでスルーした。
その時の絵を。



d0290240_09435690.gif



d0290240_09440364.gif



d0290240_09441301.gif




d0290240_09442077.gif




d0290240_09442759.gif




d0290240_09443541.gif




d0290240_09444419.gif








by ichibannori | 2017-01-11 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 25日

オジロビタキ Ⅱ

鳥友によるとコナラの木から他の木に移ったとか、
紅葉したコナラの木に止まった鳥を撮る事が出来、幸運だった。
多くの作品例を見てみると鳥の色合いは最初に撮った方々絵が冴えている。
美しい鳥ゆえ、今でも全国からバーダーが押し寄せているらしい。

上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。


漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥


日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。
(再掲載)
「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋




その1

d0290240_19282371.gif



その2

d0290240_19285330.gif



その3

d0290240_19292348.gif



その4

d0290240_19295483.gif



その5

d0290240_19302450.gif



その6

d0290240_19305314.gif



その7

d0290240_19314530.gif



その8

d0290240_19323023.gif



その9

d0290240_19330024.gif



上記の写真は在庫品です。




【近くを歩いてみると】

夜明けから自然公園まで「緑のヘルシーロード」を歩く
自然公園は「蝋梅」は満開、平年と同じようだ。
「万作」や「河津桜」は春に咲く蕾の準備していた。
歩っている時は寒くないが止まると寒さが身に染みる。
ベニ場に寄ってみたが、鳥は出てこなかった。
最近は地元のバーダーも敬遠のようだ。
近くの方々は撮れれば儲けものと、言うつもりのようだ。



自然公園の蝋梅とユリカモメ


d0290240_16474955.gif



d0290240_16480151.gif





by ichibannori | 2016-12-25 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 18日

五年目をスタート  オジロビタキ Ⅰ 

地元の鳥友夫妻に感謝

美しい鳥ゆえ、全国からバーダーが押し寄せているとか、
被写体までの距離からカメラ、レンズの良し悪しは関係なさそう、
風景写真を得意としている方は良い絵を撮っていると思われる。
撮ってから二週間、甘塩で樽に漬け込み、よい色になったと思うのだが。

上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。

漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥

日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。

「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋



その1

d0290240_14051306.gif



その2

d0290240_14053052.gif



その3

d0290240_14061379.gif



その4

d0290240_14063613.gif



その5

d0290240_14070246.gif



その6

d0290240_14072906.gif



その7

d0290240_14081525.gif



その8

d0290240_14084209.gif



その9

d0290240_14091599.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

今年度のノルマを達成するにはベニマシコが残っていた。
鳥撮りをしない時の散歩コースにベニマシコが撮れると聞き、
バードウォッチングはしていたが新しい仲間のお誘いを受け午前中に行ったが、
天気は快晴で立ち位置が逆光では絵にならず、半逆行で撮る事に、しかし難しい。
今シーズンはじめであり、ホワイトバランス、補正を駆使し証拠写真程度は撮る事が出来た。
アリスイ、アトリを撮り、初日としてはまずまずか。



d0290240_12351776.gif



  
d0290240_12352891.gif



d0290240_12354380.gif




d0290240_12355557.gif




d0290240_12360882.gif






by ichibannori | 2016-12-18 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 04月 22日

仮称 ニシオジロビタキ  第五章



その1

d0290240_16575175.gif



その2

d0290240_16582779.gif



その3

d0290240_16591203.gif



その4

d0290240_16595761.gif



その5

d0290240_17002660.gif



その6

d0290240_17004028.gif



その7

d0290240_17005016.gif



その8

d0290240_17010231.gif



その9

d0290240_17012079.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

週四日の最終日、MFの森へ、久しぶりの早起き仲間が来ていたので、二番目か。
  六時前なのに明るく気持ちが良く、オオルリ、キビタキが鳴いている。
  友によると複数羽入っているとか、それから二人で撮り放題の時間を過ごし、
  それから徐々に人が多くなって来た。
  サプライズはサンショウクイ、この森で撮れるとは、
  「戻りアカハラ」も絶品だった。 
  天気が良く爽やかな午前中をすごし帰路に着く。
  鳥達は北に向かうのか、休日は静かにすごしたい。



  オオルリは複数羽いてどれを撮ればと迷う

d0290240_14005919.gif



  いつもこの時期のアカハラは美しい

d0290240_14013781.gif



  きれいなキビタキが

d0290240_14020649.gif



  この森で初めて撮ったサンショウクイ

d0290240_14025244.gif







by ichibannori | 2016-04-22 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 04月 18日

オジロビタキ 第四章



その1

d0290240_22241936.gif



その2

d0290240_22243182.gif



その3

d0290240_22244105.gif



その4

d0290240_22245174.gif



その5

d0290240_22250372.gif



その6

d0290240_22251333.gif



その7

d0290240_22252576.gif



その8

d0290240_22253584.gif



その9

d0290240_22254947.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の結果】 

  午後二時に追加掲載

 

 
  夏鳥第二号オオルリが来た、そして早速のエナガの団子を撮ることがて来たが、
  カメラの故障によりファインダーが見えずピント、露出共最悪の結果になった。



  オオルリを撮ったが、証拠写真

d0290240_14433656.gif



  カメラの故障により最悪の結果

d0290240_14435163.gif



  昨年の団子◯◯兄弟

d0290240_14440526.gif





by ichibannori | 2016-04-18 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 04月 13日

仮称 ニシオジロビタキ 第三章

オジロビタキは過去五回撮っていますが、それぞれ時期、背景で楽しめました。
この個体は喉の部分に橙色がつき始めています。
今回の特徴は桜がポイントになります。

その1

d0290240_16035722.gif



その2

d0290240_16041118.gif



その3

d0290240_16043275.gif



その4

d0290240_16044453.gif



その5

d0290240_16045588.gif



その6

d0290240_16050847.gif



その7

d0290240_16051810.gif



その8

d0290240_16053277.gif



その9

d0290240_16054524.gif



上記の写真は在庫品です。






by ichibannori | 2016-04-13 12:00 | Comments(0)
2016年 04月 07日

仮称ニシオジロビタキ  第二章

今日も外は雨、昨日の天気はこうも変わるか。
昨日は満開の染井吉野とニュウナイスズメを堪能し、余裕の自宅待機。
オジロビタキも二年ぶりの出会いであり、桜がらみも撮れ、鳥友に感謝である。
明日は天気は良さそうなので何処かに。

その1

d0290240_22380869.gif



その2

d0290240_22381929.gif



その3

d0290240_22382938.gif



その4

d0290240_22384472.gif



その5

d0290240_22385495.gif



その6

d0290240_22390763.gif



その7

d0290240_22391927.gif



その8

d0290240_22393233.gif



その9

d0290240_22394310.gif



上記の写真は在庫品です。





by ichibannori | 2016-04-07 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 04月 03日

仮称 ニシオジロビタキ  第一章

漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥

日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類
分類の根拠は繁殖地やさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。

今回の個体は仮称ニシオジロビタキの若い雄らしい。成鳥の雄の越冬例は非常に少ないといわれている。
「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋

先日晴れの日に行った鳥友の助言も有り、曇天が良いとか、結果的には最良の日だった。
たくさん撮ることが出来たので時々掲載したい、取りあえずカタログとして

追伸:他の友が土曜日に行かれたが大勢で立ち位置もままならぬ、そして雰囲気も悪く帰路についたとか。
   休日の鳥撮りは混雑は想定出来たので最近は行かぬ。
   終末は休日バーダーにシェアリングしたのが良いと前から思っている。


第一章から始めよう


その1

d0290240_09424926.gif



その2

d0290240_09430243.gif



その3

d0290240_09431335.gif



その4

d0290240_09432420.gif



その5

d0290240_09433595.gif



その6

d0290240_09434538.gif



その7

d0290240_09435403.gif



その8

d0290240_09440463.gif



その9

d0290240_09441961.gif



【春爛漫です】


  窓の外を見ると小雨が降っている、花散らしの雨にならなければと願う。
  こんな時は雨宿りして、止むと同時に出る鳥を狙うのは最高と思う。
  花園の写真を一枚一枚見ていると茶マシコの良い雰囲気の数枚有った。


   
    可憐な小彼岸桜に合います、ニュウナイは染井吉野、メジロは白梅

d0290240_07293025.gif



d0290240_07294949.gif



d0290240_07301029.gif



   こんなオオルリも有りました。

d0290240_07512519.gif





by ichibannori | 2016-04-03 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 02月 12日

オジロビタキ

来シーズンも会いたい。

その1
d0290240_22541496.gif


その2
d0290240_22543133.gif


その3
d0290240_22544539.gif


その4
d0290240_2255284.gif


その5
d0290240_22551669.gif


その6
d0290240_22553487.gif


その7
d0290240_22554822.gif


その8
d0290240_2256313.gif


その9
d0290240_2256194.gif



上記の写真は在庫品です。

by ichibannori | 2014-02-12 18:00 | 野鳥 | Comments(2)