野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オオルリ ( 12 ) タグの人気記事


2016年 06月 20日

オオルリ 雛も誕生しているんです Ⅱ

漢字名:大瑠璃
英 名:Blue-and-white-Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L16cm
時 期:夏鳥

雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
卵を守る雌は地味な茶色。
名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。

県内の標高900mの深い森、夏鳥が営巣するんです。
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より  (再々掲載)

6月になると雛も誕生し、餌の供給に雄雌とも余念が有りません。
雄雌ゆったり小枝で待機しています。


その1

d0290240_15455003.gif



その2

d0290240_15460281.gif



その3

d0290240_15461336.gif



その4

d0290240_15462466.gif



その5

d0290240_15463439.gif



その6

d0290240_15464394.gif



その7

d0290240_15465541.gif



その8

d0290240_15471199.gif



その9

d0290240_15473045.gif




上記の写真は在庫品です。






by ichibannori | 2016-06-20 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 06月 11日

オオルリ 雛も誕生しているんです

漢字名:大瑠璃
英 名:Blue-and-white-Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L16cm
時 期:夏鳥

雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
卵を守る雌は地味な茶色。
名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。

県内の標高900mの深い森、夏鳥が営巣するんです。
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より  (再掲載)

6月になると雛も誕生し、餌の供給に雄雌とも余念が有りません。
雄雌ゆったり小枝で待機しています。



その1

d0290240_06132555.gif



その2

d0290240_06133987.gif



その3

d0290240_06135160.gif



その4

d0290240_06140794.gif



その5

d0290240_06141702.gif




その6

d0290240_06142803.gif




その7

d0290240_06144612.gif




その8

d0290240_06150060.gif




その9

d0290240_06151190.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】







by ichibannori | 2016-06-11 06:17 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 05月 17日

オオルリ Ⅱ



その1

d0290240_07113440.gif



その2

d0290240_07114583.gif



その3

d0290240_07115838.gif



その4

d0290240_07121002.gif



その5

d0290240_07122107.gif



その6

d0290240_07123445.gif



その7

d0290240_07124446.gif



その8

d0290240_07125638.gif



その9

d0290240_07130595.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】


  この界隈の田圃では恵みの雨か、
  夏鳥も標高の高いところで過ごし、もう少しで雛も誕生。



d0290240_11284653.gif



d0290240_11285451.gif



d0290240_11290178.gif






by ichibannori | 2016-05-17 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 05月 05日

オオルリ Ⅰ

漢字名:大瑠璃
英 名:Blue-and-white-Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L16cm
時 期:夏鳥

雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
卵を守る雌は地味な茶色。
名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より


その1

d0290240_15092462.gif



その2

d0290240_15093670.gif



その3

d0290240_15094763.gif



その4

d0290240_15095886.gif



その5

d0290240_15100946.gif



その6

d0290240_15102052.gif



その7

d0290240_15103109.gif



その8

d0290240_15104177.gif



その9

d0290240_15105149.gif





上記の写真は在庫品です。



【昨日の話題】

  友から珍しい鳥がいるということで田圃に行く、今までいたが飛んでしまったと。
  他の水鳥を撮っていると戻って来た、しかし遠い。
  遠すぎて解像は良くないが会えただけで儲けもの。
  しかしムナグロの飛翔が撮れて、これがサプライズか。


   解像は良くない証拠写真のハイイロヒレアシシギ

d0290240_21120071.gif




d0290240_21123098.gif



d0290240_21130009.gif
  

   京女鷸は5羽に増えていた

d0290240_21132716.gif





by ichibannori | 2016-05-05 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2015年 05月 16日

オオルリ  Ⅱ



その1

d0290240_15061950.gif


その2

d0290240_15065119.gif


その3

d0290240_15070707.gif


その4

d0290240_15074853.gif


その5

d0290240_15081989.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】





by ichibannori | 2015-05-16 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
2015年 05月 01日

オオルリ Ⅰ

MFには渡りの鳥達が立ち寄りますが、毎シーズン手強いんです。
この絵も4月6日のものなんですが、その後はさっぱり。
キビタキも同じようです。しかしこの鳥達と会えると初夏でしょうか。
これから水辺の鳥達にも会え、フィールドが広くなります。



その1

d0290240_10501670.gif


その2

d0290240_10502931.gif


その3

d0290240_10504381.gif


その4

d0290240_10505615.gif


その5

d0290240_10510820.gif


その6

d0290240_10512023.gif


その7

d0290240_10513858.gif


その8

d0290240_10515016.gif


その9

d0290240_10520293.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】




by ichibannori | 2015-05-01 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 05月 16日

オオルリ Ⅰ

夏鳥の通過は早い。
昨年はその時期、仕事が忙しく、オオルリはほとんど撮れなかった。
今季は短時間であったがMFで、それなりの物が撮れたので良しとする。
遠征組の方達は山へ行けば撮れるというが、どうでしたか。
MFのバーダーはここで撮ったのが価値が有ると思っています。

その1

d0290240_14383657.gif


その2

d0290240_14385164.gif


その3

d0290240_14390549.gif


その4

d0290240_14391924.gif


その5

d0290240_14393644.gif


その6

d0290240_14395817.gif


その7

d0290240_14401004.gif


その8

d0290240_14402458.gif


その9

d0290240_14404400.gif

上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】
       
        森のフクロウを見た後、田圃に向かった。
        タマシギは1時間半みつからない、知人のバーダーが見つけてくれ、
        仲間に入った。
        しかし、鳥の動きがなく、一日は終わった。

 今日のかぶったタマシギ

d0290240_17415422.gif


       先日の番いのタマシギ

d0290240_17421595.gif




by ichibannori | 2014-05-16 18:00 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 04月 25日

湧水の里 春なんです

色んな鳥がいますが、何んたってかわせみなんです。
春になると繁殖の時期を迎えます。
そんな兆候かピラカンサスで自己主張しているようです。
もうすぐ春爛漫も近いような、ひと時です。

その1

d0290240_16423326.gif


その2

d0290240_16424826.gif


その3

d0290240_16430256.gif


その4

d0290240_16431836.gif


その5

d0290240_08454027.gif


その6

d0290240_08435496.gif


その7

d0290240_08462538.gif


その8

d0290240_08464238.gif


その9

d0290240_16481212.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

         MFは木々が高く見上げで鳥を探すため、そのことに関しては評判が良くありません。
      連日オオルリ、キビタキを安くて重い双眼鏡を首にぶら下げていたら、ムチ打ち症のような症状で
      2日間鳥撮りは休みました。そのおかげでHDDの整理が進み、気持ちも新たに、
      明日から見下げで夏鳥を撮ろうと夜明けに現地へ。

      2日前、朝6時から午後3時まで居て4カットしか撮れなかった1枚
d0290240_16190462.gif







by ichibannori | 2014-04-25 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
2014年 04月 22日

やってしまった 快挙なのか

先週からMFにオオルリ、キビタキが来ているとか耳にしていたが、
オオルリが抜けたとか、日曜日はバーダーが多く成果が上がらないと思い、
今週に賭けた、しかし月曜日は天候もよくなく、待機そして今日なのだ。
満を持しての出陣は森が明るくなる6時過ぎに到着。
狙い定めた場所に行くと、キビタキが2~3羽囀っているではないか。
すこし落ち着いてオオルリを探すと黒いオオルリモドキが飛んで高い木立に止まる。
目をこすって見てみるとクロツグミではないか。
クロツグミは撮りたいと思っていつもバーダーの写真、図鑑を見ているので知識には入っていた。
まさかこのフィールドで撮れるとは、静寂な森に独り、まるで高原かと、思うくらいであった。
そしてオオルリ、キビタキも初日にしては満足のいく結果である。盆と正月が一遍にに来たようだ。
明日は事故のないように少し静かにしてようか、そんなことできるかな。


その1

d0290240_15381151.gif


その2

d0290240_15382962.gif


その3

d0290240_15384671.gif


その4

d0290240_15390172.gif


その5

d0290240_15392447.gif


その6

d0290240_15395035.gif


その7

d0290240_15400858.gif


その8

d0290240_15403321.gif


その9

d0290240_15405151.gif


まぎれもなく今日撮った写真です。




by ichibannori | 2014-04-22 18:00 | 野鳥 | Comments(4)
2013年 10月 24日

オオルリ

秋の渡りは♂のオオルリ
なぜなんでしょうか。
山で雛を撮るより里山で少し成長したもののが
存在感がありますね。

その1
d0290240_17264264.gif


その2
d0290240_17265365.gif


その3
d0290240_1727225.gif


その4
d0290240_1727143.gif


その5
d0290240_17272720.gif


その6
d0290240_17274064.gif


その7
d0290240_1727493.gif


その8
d0290240_17275883.gif


その9
d0290240_1728882.gif



上記の写真は在庫品です。

【今日のトピックス】

   昨日珍しい鳥に出会えた、予想していたとは言え、今日はその場所には居なかった様だ、
   また静かな森に戻り他の鳥達は安堵しているだろう。
d0290240_15234976.gif


by ichibannori | 2013-10-24 20:00 | 野鳥 | Comments(2)