野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オオヨシキリ ( 8 ) タグの人気記事


2017年 05月 25日

オオヨシキリとハナウドとカッコウと

オオヨシキリとハナウドの組み合わせ、短い旬
高い木にはカッコウか待ち受けている
独りでゆったり撮りたいので暗いうちに入いる。
明るくなったら帰る、何もなかったように。

漢字名:大葭切 大葦切
英 名:Oriental Reed Warbler
科 属:スズメ目/ヨシキリ科
全 長:L18cm
時 期:夏鳥

命名の由来:「ヨシに限って」巣をかけるので「葦切」。「きり」は限定された物事を表わす助詞。
      「これっきり」の「きり」。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_08095504.gif



その2

d0290240_08100417.gif



その3

d0290240_08102079.gif



その4

d0290240_08103235.gif



その5

d0290240_08104285.gif



その6

d0290240_08105267.gif



その7

d0290240_08110163.gif



その8

d0290240_08111126.gif



その9

d0290240_08112214.gif



その10   托卵を目論むカッコウ

d0290240_08113148.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

どうしても撮りたかった初見初撮りのシロハラクイナ
午前午後に予定を分けてスケジュールを組んだが、うまくいかないもんだ。
雨の中、朝5時からスタンバイしたが諦め10時に帰路についた、家の直前で鳥が現れたと連絡、
とんぼ返りでフィールドに、そのうち雨粒大きくなり諦め家路に向かう。
午後は予定の用事の時間が変更になり右往左往だ。
しかし余裕である、この一週間で初見初撮りを3種撮ることが出来た。
当分、鳥撮りは休みか。

d0290240_14345137.gif




d0290240_14350186.gif



d0290240_14351401.gif




by ichibannori | 2017-05-25 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 06月 07日

ハナウドとオオヨシキリ Ⅱ

漢字名:大葭切 大葦切
英 名:Oriental Reed Warbler
科 属:スズメ目/ヨシキリ科
全 長:L18cm
時 期:夏鳥


「ヨシに限って」巣をかけるので「葦切」。「きり」は限定された物事を表わす助詞。
「これっきり」の「きり」。
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より (再掲載)

広大な田圃の一角にあるハナウドの自生地、オオヨシキリが乗るのはこの場所のみである。
毎年撮っているが、撮れる時期が短い、今年は少し遅かったようである、
ヨシがもう少し短い時に撮れればと思った。



その1

d0290240_09253125.gif



その2

d0290240_09254034.gif



その3

d0290240_09255345.gif



その4

d0290240_09260459.gif



その5

d0290240_09261457.gif



その6

d0290240_09262374.gif



その7

d0290240_09263363.gif



その8

d0290240_09264686.gif



その9

d0290240_09265762.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】 

   今日は喧騒を避けてハジロクロハラアジサシを撮りに行く。
 
d0290240_14421362.gif




d0290240_14431771.gif




d0290240_14432880.gif




d0290240_14434303.gif




d0290240_15051221.gif






by ichibannori | 2016-06-07 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 05月 26日

ハナウドとオオヨシキリ

漢字名:大葭切 大葦切
英 名:Oriental Reed Warbler
科 属:スズメ目/ヨシキリ科
全 長:L18cm
時 期:夏鳥


「ヨシに限って」巣をかけるので「葦切」。「きり」は限定された物事を表わす助詞。
「これっきり」の「きり」。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より

広大な田圃の一角にあるハナウドの自生地、オオヨシキリが乗るのはこの場所のみである。
毎年撮っているが、撮れる時期が短い、今年は少し遅かったようである、
ヨシがもう少し短い時に撮れればと思った。


その1

d0290240_15122515.gif



その2

d0290240_15123525.gif



その3

d0290240_15124576.gif



その4

d0290240_15125524.gif



その5

d0290240_15130606.gif



その6

d0290240_15131965.gif



その7

d0290240_15133008.gif



その8

d0290240_15134189.gif



その9

d0290240_15135180.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2016-05-26 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 06月 06日

どうなる原生花園

田圃の片隅に原生花園がある。
ハナウドは自然でヨシの間から顔をだすのでヨシの強さに負けてくる、
このままでは他に花粉が飛んで移動しないと消滅しそうだ。
そんなハナウドは背が低く、オオヨシキリが自己主張するには物足りない。
特に今年はオオヨシキリが花の良い時には来ず、満開を過ぎてからだった。
昨年ほどではないが、撮ることが出来た。


その1

d0290240_05122270.gif


その2

d0290240_05123840.gif


その3

d0290240_05125487.gif


その4

d0290240_05131277.gif


その5

d0290240_05133213.gif


その6

d0290240_05134745.gif


その7

d0290240_05140282.gif


その8

d0290240_05141870.gif


その9

d0290240_05143390.gif


上記の写真は在庫品です。





by ichibannori | 2014-06-06 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
2013年 05月 21日

オオヨシキリ

鳥撮りの先輩から
オオヨシキリを待っていたらコヨシキリが来たとの連絡
早速今日その場所に。
起きると昨夜の雨が残り、暗いが曇りなので写真を撮るには良い条件だ。
現地に着くと、霧が掛り神秘的な原生花園(自分で思っているだけ)
オオヨシキリが遠くで挨拶、そうすると花ウドにコヨシキリ風の鳥が
M先輩も到着し、何回か花ウドに寄り添うのを撮る事が出来た。
しかしオオヨシキリ、セッカにも見える
帰って図鑑を見るが、コヨシキリに見える

しかしオオヨシキリとM氏のブログに
詳しい方、御意見が有りましたら、お聞かせください。

その1  この雰囲気は霧の原生花園だ
d0290240_13512435.gif


その2 
d0290240_13574692.gif


その3
d0290240_13575546.gif


その4
d0290240_135873.gif


その5
d0290240_1358193.gif


その6
d0290240_13583882.gif


その7
d0290240_1358491.gif


その8
d0290240_13585817.gif


その9 オオヨシキリ
d0290240_13591199.gif


その10
d0290240_13592237.gif


その11 隣のゴルフ場のカッコウ
d0290240_13593192.gif


その12  川に直接OBを打った思い出がよみがえった。
d0290240_13594330.gif


その13  ノートリミングのセッカ
d0290240_14001.gif


その14   レンズによってきたセッカ(X+64とは違うな)
d0290240_1401528.gif


by ichibannori | 2013-05-21 20:00 | 野鳥 | Comments(2)
2013年 05月 13日

フクロウの季節の始まりです。

GWも過ぎても、寒い日が有ります。
なにしろ現地夜明けの建前
一年中ダウンが必要です。
田んぼも早いところでは、田植えも終わり、水の管理に
農家の方は、夜明けから動いています。
だからおいしいご飯を食べられるのです。
その脇の原生花園もどきで、オオヨシキリを
そして森に戻り、フクロウとの対面です。
今年もフクロウ観察は長く成りそうです。


その1  こんなのが撮りたい
d0290240_1732458.gif


その2  夜明けから水の管理に忙しい農家の方
d0290240_1735349.gif


その3  今朝も雨が
d0290240_174612.gif


その4
d0290240_1745878.gif


その5
d0290240_1751267.gif


その6
d0290240_175223.gif


その7
d0290240_1753585.gif


その8
d0290240_175469.gif


その9 
d0290240_1755923.gif
 

by ichibannori | 2013-05-13 20:52 | 野鳥 | Comments(4)
2013年 05月 12日

わが原生花園にて

早春の原っぱからチェックを入れていた。
葦の成長を
オオヨシキリは近くで囀り始めて縄張りの確保に一所懸命である。
ヨシの長さと花うどの頃会いが大事だ。
花がつき始め、2~3日がベストである。
葦が長くなると、花が目立たない。
先日おお雨の後で露が残っているのを期待して、夜明けに現着
鳥以外の設定はベスト 時間はAM5:00~6:00が良い
縄張り争いをして落ち着かないが、何回か停まってくれた。
先日の、ずぶ濡れで液晶は結露してしまった。
防雨対策はもっとしっかりしないと。


その1
d0290240_9375256.gif


その2
d0290240_938452.gif


その3
d0290240_938184.gif


その4
d0290240_9382833.gif


その5
d0290240_9383883.gif


その6
d0290240_9385162.gif


その7
d0290240_939111.gif


その8
d0290240_9391880.gif


その9
d0290240_9392810.gif


by ichibannori | 2013-05-12 20:00 | 野鳥 | Comments(0)
2012年 12月 24日

夜明け

 写真を初めたころ、道路が混雑して渋滞にはまり、撮影地に行くと良い場所がない
 そこでその場所に一番先に行けば という事でそのようにしている。
 誰もいない独り占めで撮れる時もある
 最近は若い鳥撮りベテランに先をこされる
 原則 夜明け前である
 そこでその時、朝焼けに出会うこともある。
 写真としては暗くピントを合わせるのが一苦労だが雰囲気はつかめる。

追伸
 昨日鳥友たちがベニマシコの撮り放題だったとか
 私も独り占めを沢山しているので平等です。



 その1 オオヨシキリ MFの原生花園 雨が降っていたが出かけた
d0290240_1904781.gif


 その2 カワセミ ベテランからの指導で  ホワイトバランス:曇天 絞り:F20
d0290240_1932467.gif
 

 その3 セイタカシギ 夜明け前 光は外灯 鳥が良く見えない
d0290240_195545.gif

 
 その4 セイタカシギ 太陽は地平線の下
d0290240_1954339.gif


 その5 セイタカシギ 太陽は地平線の下 ピントは鳥のボディに合わせる 
d0290240_19620100.gif


 その6 セイタカシギ 太陽が昇った直後
d0290240_199122.gif


 その7 ヨシゴイ 太陽は昇り 鳥は蓮群に向かう
d0290240_19105251.gif


 その8 ヨシゴイ
d0290240_19113321.gif


 その9 ヨシゴイ
d0290240_19121553.gif


 その10 ヨシゴイ
d0290240_19124228.gif
 

by ichibannori | 2012-12-24 05:00 | 野鳥 | Comments(2)