野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オオハクチョウ ( 20 ) タグの人気記事


2018年 01月 06日

美しき湿原は凍ってしまった

玄関を出ると、いつもと違う寒さ、車のフロントガラスは凍っていない、これからか。

湿原に立つと明るい月が輝き、水面が映り込んでいると思っていた(後に全面結氷を確認)。

6時に一枚目のシャッター新都心を撮る、定点を写し朝焼けを撮ろうとしたらファインダーが見えない。

故障か、電池を外し、再度行うが見えない、初期化しようか、

しかし空シャツターでは被写体は写っている。

ファインダーを見ると洗眼窓が降りているではないか、正常に戻した。

それからコハクチョウを探すが居ないようだ。

ハクチョウには水深が深いようだ。

全面結氷で水鳥は避難しているのか皆無である。

元の位置に戻ろうとしたらコハクチョウが飛んでくるではないか。

そしてハクチョウを主に取り始めた。

気象庁の観測によると埼玉の最低気温は6時39分に-4.8℃を記録、私は-6℃と測定した。

その後、時間がたっても気温は上がらず、水鳥は運動不足か、良く飛んでくれた。

昼には自宅に帰っていた。




その1

d0290240_13230414.gif



その2  正月休みのゴミが多いのか夜も稼働

d0290240_13231522.gif



その3  コハクチョウが飛んできた

d0290240_13232735.gif



その4

d0290240_13233900.gif



その5  全面結氷ではなかった

d0290240_13235099.gif



その6

d0290240_13240164.gif



その7

d0290240_13241210.gif



その8  

d0290240_13242425.gif



その9  氷の上を滑って着水

d0290240_13251959.gif



その10  一部に集まる水鳥たち

d0290240_13253127.gif



その11  ヒドリガモの飛翔は美しい

d0290240_13254435.gif



その12 遠くからミコアイサと思って近づくと白い羽根に水分が凍ってせせり立つ

d0290240_13255845.gif



その13  コガモが美しい

d0290240_13261110.gif



その14

d0290240_13262534.gif



その15 マガモも同じく
d0290240_13264594.gif







by ichibannori | 2018-01-06 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2018年 01月 04日

2018 初撮り

昨年とは大違い、正月も無事に過ごせた。

気を引き締め湿原に立つ、丸い月だがスーパームーンにはほど遠い明るさ、

それでも湿原の水面に月が映り込んでいた。

定点スポットを写し、コハクチョウが居ると読んでいたが留守のようだ。

ミコアイサスポツトに戻ると遠くにオオハクチョウが見え安堵する。

ミコアイサは風があるとよく遠くを飛んでくれる。

今シーズンは多くのミコアイサに会える。

ミサゴの木にノスリが留まっているのを撮り、チュウヒスポツトに行くがノスリのワンマンショーで

手も足も冷え寒い日を過し帰路に着く。




その1 いつもの新都心

d0290240_14483702.gif



その2  いつもの朝焼けと武蔵野線
d0290240_14484586.gif



その3  東京は年末年始で空気が綺麗だ
d0290240_14490516.gif



その4  大好きなツグミ
d0290240_14491770.gif



その5  オオハクチョウは飛ばない
d0290240_14493037.gif



その6  久しぶりに来たギャング
d0290240_14494941.gif



その7
d0290240_14500110.gif



その8   遠くに見えたミコアイサ、目立つから狙われるのか
d0290240_14502628.gif



その9
d0290240_14514147.gif




その10
d0290240_14515091.gif



その11
d0290240_14520709.gif



その12
d0290240_14522250.gif


その13
d0290240_14523612.gif


その14
d0290240_14525468.gif


その15
d0290240_14533488.gif


その16  久しぶりにミサゴの木に留まってくれた若いノスリ
d0290240_14535523.gif


その17
d0290240_14541056.gif


その18
d0290240_14542679.gif




【今日の一言】

 ブログに貼り付ける絵の枚数について以前からも言われていた
 1.一枚で勝負しなきゃ
 2.数枚がよいだろう
 3.記録として載せているのだから何枚でも
 4.人好き好きでよいのでは

 私は原則9枚
 時々とんでもない枚数を載せる
 結局ソフトフォーカスで自信が無いから数で勝負か

 独り言である





by ichibannori | 2018-01-04 15:15 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 12月 26日

穏やかに暮れようとしている、「美しき湿原」

昨日から二カ所のMFを郵便配達をしている、自作のカレンダーを持って。

夜明け前から定点でシャッターを押し、ハクチョウポイントに、

今日はオオハクチョウ3羽が羽根を休めていた。

朝焼けの映り込みを撮り、ミコアイサの所へ、大分ばらけてきたようだ。

目の前をコハクチョウが飛んできて慌てた、友から連絡、近くをキョロキョロして来るようにとか。

何だったのか。

チュウヒポイントに戻りチュウヒを撮りながら友と談笑をしていると目の前に真っ赤なベニマシコ、

サプライズである。

午前中で多くの鳥達を撮り、帰路に着く。

明日は別のスポットへ郵便配達に。 



その1  いつもの新都心

d0290240_13434947.gif


その2  今日の朝焼けは美しい 武蔵野線と
d0290240_13435725.gif


その3  背景に白い点滅、東京スカイツリーです
d0290240_13440671.gif


その4  日の出寸前
d0290240_13441532.gif


その5  太陽は昇った
d0290240_13442304.gif


その6  ミコアイサは、ばらけて、それぞれに
d0290240_13443055.gif


その7
d0290240_13443812.gif


その8  逆光の飛ばないオオハクチョウ
d0290240_13444913.gif


その9  コハクチョウは目の前を通過
d0290240_13452956.gif



その10
d0290240_13453659.gif


その11  チュウヒとアオサギは追いかけっこ

d0290240_13454502.gif


その12

d0290240_13455205.gif


その13  サプライズ すぐ目の前に赤いベニマシコ

d0290240_13523221.gif


その14

d0290240_13524162.gif


その15

d0290240_13525526.gif



その16

d0290240_13530623.gif






by ichibannori | 2017-12-26 14:10 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 03月 05日

オオハクチョウ 北帰行 Ⅱ

オオハクチョウもこれで終わる。
残るのはコハクチョウ、私のテレトリーで両方と会えるのは満足で、
北から南まで遠征する人もいるが、人それぞれなのか。
私は近くでも目に焼き付けた。


その13

d0290240_08561550.gif


その14

d0290240_08562604.gif



その15

d0290240_08563676.gif



その16

d0290240_08564765.gif



その17

d0290240_08571213.gif



その18

d0290240_08570061.gif



その19

d0290240_08573022.gif



その20

d0290240_08574017.gif



その21

d0290240_08580249.gif



その22

d0290240_08581278.gif



その23

d0290240_08582443.gif



上記の写真は在庫品です。





by ichibannori | 2016-03-05 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 03月 04日

オオハクチョウ 北帰行 Ⅰ

少し北の探鳥地に行けば集団で羽根を休めている白鳥がいるが、
MFにはオオハクチョウ、コハクチョウそれぞれ二羽ずつ居るんです。
集団でいなくても寂しくありません。
水か綺麗で白鳥も汚れていなく広いフィールドを飛ぶ姿は撮っても優雅です。
オオハクチョウは何たって大きい、飛ぶときも助走が必要です、声を出しながら羽根を羽ばたきます。
その前から絵は撮り始めていますが、広い湿原でも手前の木々がブラインドになります。
そんな飛翔を二回に分けて掲載します。

今頃どこまで行ったのか、来シーズンの飛来を待ちます。


その1

d0290240_08305313.gif



その2

d0290240_08310893.gif



その3

d0290240_08312065.gif



その4

d0290240_08313371.gif



その5

d0290240_08314511.gif



その6

d0290240_08315711.gif



その7

d0290240_08320982.gif



その8

d0290240_08322116.gif



その9

d0290240_08323276.gif



その10

d0290240_08324380.gif



その11

d0290240_08325628.gif



その12

d0290240_08331036.gif



上記の写真は在庫品です。





by ichibannori | 2016-03-04 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 01月 27日

美しき湿原の今日このごろ

今日も柳の下のどじょう三匹目をねらいに日の出前にスタンバイする。
そんなの有るかといわれそうである。
塒化しているのか、いつもの所にミコアイサは浮いていた。
遠くから撮りながら近づくと、飛ばれてしまった。
先日の教訓で大分離れているのだが、朝一番は神経質のようだ。
しかしすぐ戻り、また飛びと何回も繰り返したので近くで撮ることも出来た。

そして今日のサプライズはオオハクチョウである。
オオハクチョウはいつも遠い所に居るが、今日は目の前に飛んできてくれ、色々な
パフォーマンスを見せてくれ、仲間達を喜ばせてくれた。

今週はこれで良しとする。さあ二月だ、孫も一歳になる。




先日わが湿原にトモエガモが63羽(おおよそ)飛来した、一日で抜けたが、
トモエガモの特徴が良くわかる絵を掲載する。(再度確認したら60羽)
 

d0290240_15193847.gif



その1   朝のミコアイサはいつも独り占め

d0290240_15202874.gif



その2

d0290240_15202874.gif



その3

d0290240_15213011.gif



その4

d0290240_15214043.gif



その5

d0290240_15215340.gif



その6

d0290240_15220462.gif



その7

d0290240_15221467.gif



その8

d0290240_15222534.gif



その9

d0290240_15223932.gif



その10

d0290240_15225931.gif


※ 教訓

 カメラのシャッターの消耗はするが、鳥を見たらシャッター。
 後で鳥の種別は判断すればいいと、常日頃行っている。
 飛ぶカモを撮っていたら、水に浮いている鴨を鳥友は全部トモエガモと言う。
 まさか、一羽でも大騒ぎしてバーダーか集まるのに。
 デジスコて確認すると、そうらしい。
 家に帰り、そのままにしていたが、翌日、間違いないと確認し、自分のデータを
 見ると写っているではないか。
 とりあえず整理して、後日ブログに改めて掲載したい。


by ichibannori | 2016-01-27 17:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 01月 22日

オオハクチョウ Ⅵ

ハクチョウを表わす漢字は、鵠、鵝、鴻などがある。
白く大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。
「古事記」の垂仁天皇の条に「・・・今高往く鵠の声を聞きて・・・」とあり、
同じことが「日本書記」にもあり、記紀ともに鵠の字が使われている。

※ 鵠 読み(くくひ)

山と渓谷社刊 野鳥の名前 より

科属:カモ科コブハクチョウ属  全長:140㎝  時期:冬鳥


その1

d0290240_20483086.gif



その2

d0290240_20484512.gif



その3

d0290240_20485647.gif



その4

d0290240_20490968.gif



その5

d0290240_20492679.gif



その6

d0290240_20495775.gif



その7

d0290240_20501372.gif



その8

d0290240_20502976.gif



その9

d0290240_20511007.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

今週はノルマ達成につき自宅にて写真の整理を行っている。

探鳥以外のジャンルも見て感性を磨かなくてはと思い、
  色々な方とも知り合いになれればと、間口を広げている。

  毎度の事なのだが、雪で恩恵もあるが、「ベニマシコ命」にとっては、鳥友よると
  セイタカアワダチソウが倒れているとか、もうすこし柳の新芽の時期まで
  待たないといけないか。

  鳥撮りは仕切り直しで来週から、おっと日曜日の男子駅伝は優勝できるか。


d0290240_10580519.gif


d0290240_10581826.gif


d0290240_10582927.gif





by ichibannori | 2016-01-22 17:00 | 野鳥 | Comments(4)
2016年 01月 13日

オオハクチョウ Ⅴ

時々他に行き、朝帰りを狙います。
日の出のころに旋回もせず直接着水するので、
その時間には、東方面にくぎ付けになります。
はたして何人撮れるか、殆ど独り占めです。



その1

d0290240_14514060.gif



その2

d0290240_14515874.gif



その3

d0290240_14521121.gif



その4

d0290240_14523611.gif



その5

d0290240_15000863.gif



その6

d0290240_15001903.gif



その7

d0290240_15003257.gif



その8

d0290240_15004812.gif



その9

d0290240_15005928.gif



上記の写真は在庫品です。





by ichibannori | 2016-01-13 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 01月 02日

オオハクチョウ Ⅳ



その1

d0290240_17212019.gif



その2

d0290240_17213168.gif



その3

d0290240_17214166.gif



その4

d0290240_17215166.gif



その5

d0290240_17220201.gif



その6

d0290240_17221933.gif



その7

d0290240_17223923.gif



その8

d0290240_17225217.gif



その9

d0290240_17230808.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の独り言】

 みなさん、新年明けましておめでとうございます。
 三が日は酒と駅伝で楽しんでいます。
 東洋大に期待したが服部ブラザーズなかなか思うように行かないようです。
 
 昨日の旭化成の村山兄弟も同じでした。まさかマンションの杭問題でもないと思いますが、
 私か初めから指摘していたゼネコン(三井住友建設)の責任につきます。




by ichibannori | 2016-01-02 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
2015年 12月 29日

オオハクチョウ Ⅲ

多くの野鳥が来訪する「美しき湿原」と、思っているのは一部のバーダーだけのようです。
白鳥は何年も継続して来ていたが、水深が深く足が着かないので草の実や水草が取れずに
他に移動したままになりました。
湿原の管理者は野鳥に興味がないようで、水位の調整をしてくれません。
ここだけに限ったことではないのです。
ここから東南に行くとレイクタウンが有るんですが、蓮が増えると水の流れが悪くなるという事で
刈り取り、ヨシゴイと蓮のコラボが撮れなくなりました。
ここも管理者の機能優先で憩いという大事なことを理解しようとしない結果です。



その1

d0290240_16164700.gif



その2 早起きの特権、塒から湿原に降りる(7時頃)が、夕方にはもとに戻るようだ。
    飛翔のシーンは何人撮れただろうか、多分独り占め。

d0290240_16165622.gif



その3

d0290240_16170750.gif



その4

d0290240_16171628.gif



その5

d0290240_16172883.gif



その6

d0290240_16173745.gif



その7

d0290240_16174983.gif



その8

d0290240_16175880.gif



その9    道草道路の上空を背景に

d0290240_16183899.gif



上記の写真は在庫品です。




【 思い出 】  今は見ることが出来ないんです、全国でも貴重な飛来地だったのに、
         皇族の方も、お見えになったのに、大きな声をださないと、だめなのか。

d0290240_14344073.jpg



d0290240_14345708.jpg



d0290240_14354910.jpg





by ichibannori | 2015-12-29 17:30 | 野鳥 | Comments(0)