野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オオタカ ( 43 ) タグの人気記事


2017年 10月 15日

オオタカ Ⅲ

湿原は水鳥も多く狩場としてテリトリーしたようだ。
いつまで居てくれるか、楽しみたい。

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。

漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
  (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 




その1

d0290240_15413490.gif




その2

d0290240_15414330.gif




その3

d0290240_15415034.gif




その4

d0290240_15415738.gif



その5

d0290240_15420505.gif



その6

d0290240_15421539.gif



その7

d0290240_15424892.gif



その8

d0290240_15425948.gif



その9

d0290240_15431061.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のひと言】


今日も雨、自宅待機でもデータの整理に勤しんでいるので明日も明後日も

構わないですが、現役組の方々にはお気の毒です。


大好きなベニマシコ、仙台は通過したんでしょうか、今頃上州あたりで骨休めしているかもしれません。

待っていますんで、今年はセイタカアワダトソウが少ないように感じます。


このオオタカのすぐ近くで撮ったお気に入りです。


d0290240_14322485.jpg








by ichibannori | 2017-10-15 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 04日

オオタカ  Ⅱ

湿原は水鳥も多く狩場としてテリトリーしたようだ。
いつまで居てくれるか、楽しみたい。

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。

漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
     (再掲載)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 


その1

d0290240_18522538.gif

その2
d0290240_18523241.gif

その3
d0290240_18524062.gif

その4
d0290240_18525009.gif

その5
d0290240_18525973.gif

その6
d0290240_18532807.gif

その7
d0290240_18540283.gif

その8
d0290240_18544916.gif

その9
d0290240_18550300.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

車が走りだすと空の様子がおかしい、予報と違うじゃないか。暗い、雨が降って来た、それでも到着する。
車の中で待機する、風が強くなって来る、黒い雲、一番列車が通過、暗い、しかし「明けない夜は無い」。
少しずつ明るくなったが、体が冷える、今季初めて防寒着着用。
日の出時間は過ぎ、オオタカに会いに行くが獲物も出てこず、今日の狩りは様子見か。
アリスイスポットに戻るが、こちらもモズが元気に飛び回っているが、アリスイさんは寝ているようだ。
帰る時間が迫るなか、周りは明るくなり、舞台は揃って真打が登場する。
ベストな撮影コンディションで撮ることか出来て、息子の嫁さんの家族と会うための準備に帰った。
明日は午後新しいパソコンと設定で格闘になりそうだ。



その1  遠くのススキの束がオオタカに見えてしまう
d0290240_15014444.gif


その2
d0290240_15015905.gif


その3
d0290240_15021551.gif


その4 この時期だけの黄葉と背景の緑
d0290240_15022906.gif


その5
d0290240_15032916.gif


その6
d0290240_15035411.gif


その7
d0290240_15052633.gif


その8
d0290240_15054350.gif


その9
d0290240_15061280.gif


その10
d0290240_15062660.gif







by ichibannori | 2017-10-04 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 02日

今日の湿原です

10月に入り順調に涼しく過ごしやすくなった。
オオタカも連日、6時頃池の中島に降りたが、様子が変わって来た。
人が気になるのか、今日は離れた木に隠れていた。
そこから今日のスタート、狩りが容易でないのか色んな場所で楽しむことが出来た。
アリスイ撮りの絶好の日、待った甲斐があり、良い色で撮ることが出来、
サプライズはキセキレイとアカゲラと会うことが出来た。



その1   予想外の朝焼け、曙色がその後、空全体を染めた

d0290240_13050199.gif


その2
d0290240_13063230.gif


その3
d0290240_13065230.gif


その4
d0290240_13072874.gif


その5
d0290240_13074184.gif


その6
d0290240_13075220.gif


その7
d0290240_13080447.gif


その8
d0290240_13081734.gif


その9
d0290240_13085324.gif


その10
d0290240_13090633.gif


その11
d0290240_13091901.gif


その12
d0290240_13094122.gif


その13
d0290240_13100114.gif




by ichibannori | 2017-10-02 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 09月 30日

オオタカ  Ⅰ

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。

漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥

命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より


その1

d0290240_18015702.gif


その2
d0290240_18020557.gif


その3
d0290240_18021209.gif


その4
d0290240_18022199.gif


その5
d0290240_18022963.gif


その6
d0290240_18024032.gif


その7
d0290240_18031467.gif


その8
d0290240_18032304.gif


その9
d0290240_18033597.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

週末は休もうと思ったが曇天の予想で出かける。
暗い空を見ながら歩くと東の空は曙色になりかける。
暗さの中でも人工の照明は幻想的だ。
早く到着した友と貴重な体験をした、オオタカの狩りを一部始終を見る事ができ、
遠く暗い設定のため、写真としては満足できぬが、証拠写真は撮ることが出来た。


幻想的な新都心
d0290240_14332298.gif

武蔵野線の一番電車とスカイツリー
d0290240_14340590.gif


d0290240_14390627.gif


夜釣り

d0290240_14400363.gif


サギは活動を始める

d0290240_14405441.gif

これから4枚はオオタカの狩りの連写50枚を抜粋

逃げる鴨に追いつく
d0290240_14422654.gif


狙い定めてダイビング

d0290240_14433080.gif


鴨の頭も見える

d0290240_14434553.gif


これを水揚げと言うのか

d0290240_14440236.gif


今日のアリスイは出が良くないが、色は良い

d0290240_14442641.gif






by ichibannori | 2017-09-30 16:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 09月 28日

美しき湿原物語  Ⅱ

昨夜からの雨は朝方まで続き、鳥撮りを休む。
在庫整理にはうってつけだ。
鳥撮りの際は暗いうちから体調維持のため湿原の廻りを歩く、
暗いときから東の空が赤みをさす時は生きている実感に浸る。
着替えをして、いざ湿原は明るくなり、モズやアリスイの鳴き声が。
そのうち友も来て鳥撮りの半日が始まる、
最近は好調で9時過ぎには満腹で岐路に着く。
いつ他の猛禽が来てくれるか待ちどうしい。





その1   朝五時ISOの実験

d0290240_11420706.gif

その2  夜釣りのようだ
d0290240_11431910.gif


その3  感度とF2.8と組み合わせで昼間のようだ
d0290240_11435377.gif


その4
d0290240_11450876.gif


その5
d0290240_11451940.gif


その6
d0290240_11453022.gif


その7
d0290240_11454098.gif


その8
d0290240_11455113.gif


その9
d0290240_11460393.gif

上記の写真は最近の在庫品です。




by ichibannori | 2017-09-28 13:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 09月 25日

美しき湿原物語

美しき湿原物語の始まりです。
今日のために舞台は私とO氏、二人で一人前の独り占め状態です。
夜明け30分前にスタンバイ、視界が悪い。
少なくなっても白鷺が300羽以上を確認し、アリスイを待つ。
オオタカが止まろうというミザゴの木と奥の島付近を注視していた、
ミサゴの木付近に白い点が見え、双眼鏡で確認するとオオタカのようだ、
とりあえず三脚を担ぎ急ぐ、途中で飛ばれる前にシャッター、間違いはない。
汗グッショリで到着、先日の反省からシャッター優先に。
一番高い所に留まっていたので飛び出しも撮れた。
その後もとの位置に戻り、独り占めのアリスイを堪能、時計を見れば、まだ9時。
ノルマを達成岐路に着く。
仲間はどうしているのか、二人は仕事か、もう一人は遠出しているのか、それぞれだ。



その1  真冬の準備もあり湿原の周囲を歩く

d0290240_13064601.gif


その2 モズが出てくればアリスイも
d0290240_13071851.gif


その3  この絵はトリミングしている、米粒の白いもの
d0290240_13075778.gif


その4  この位置で確認しオオタカと判定
d0290240_13085218.gif


その5  呼吸が粗く、手が震える
d0290240_13093609.gif


その6
d0290240_13245863.gif


その7
d0290240_13165121.gif


その8
d0290240_13172385.gif


その9
d0290240_13110640.gif


その10
d0290240_13113227.gif


その11
d0290240_13114365.gif


その12
d0290240_13115609.gif


その13
d0290240_13120990.gif


その14
d0290240_13122122.gif


その15
d0290240_13123770.gif





by ichibannori | 2017-09-25 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 16日

ミサゴの木に留まるオオタカ Ⅶ

湿原をこよなく愛する仲間たちは、ある木を「ミサゴの木」と呼んでいる。
猛禽たちが留まって獲物を探す、食事をする場所として良い留木のようである。

忘れたころにやって来る、オオタカの成鳥。
猛禽の王様だ、精悍で魅力があり、皆憧れるのも納得。
飛びつき、飛び出しは低いところに狙いを定めるので、
湿原での撮影は難しい。


漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
「せう」と呼ばれていた。
(再掲載×4)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_09445067.gif



その2

d0290240_09445760.gif



その3

d0290240_09450439.gif



その4

d0290240_09451127.gif



その5

d0290240_09452094.gif



その6

d0290240_09452927.gif



その7

d0290240_09453848.gif



その8

d0290240_09461434.gif



その9

d0290240_09462332.gif



その10  ミサゴが留まる

d0290240_09504070.gif




その11  ノスリも留まる

d0290240_09512674.gif




その13 ハイタカも留まる

d0290240_10030552.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日は寒い】

わが新都心での最低気温は氷点下6.4℃、風がなければ鳥撮りを決行だったが、
自宅待機とする。
しかし過去には-8.8℃の時もあり、まだまだか。

氷を滑るコハクチョウ

d0290240_10092041.gif





by ichibannori | 2017-01-16 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 05日

オオタカ Ⅵ

幼鳥は成長するために、この湿原は好い 狩りの実験場だ。
カモにおちょくられ、カワウに馬鹿にされても健気だ。
経験を積み、外へ巣立ち、時々様子を見に来る。
ノスリも同じようだ。


漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
「せう」と呼ばれていた。
(再掲載×3)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1

d0290240_11340970.gif



その2

d0290240_11341733.gif



その3

d0290240_11342663.gif



その4

d0290240_11343439.gif



その5

d0290240_11344343.gif



その6

d0290240_11345146.gif



その7

d0290240_11352480.gif



その8

d0290240_11353210.gif



その9

d0290240_11354222.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックスに成らなかった】

一応病み上がり、ウォーキングはスローで日の出前にスタンバイしたが
快晴で朝焼けにならず、そのうち風が強くなり水鳥は風よけに避難、
キンクロハジロ、カンムリカイツブリは浮いていたがミコアイサは遠く
カメラが揺れピントか合わない、仕方なく帰路につく、こんな日もある。

d0290240_15175739.gif



d0290240_15180937.gif



d0290240_15181845.gif



ベニも撮ったことは撮ったのだが近くて満足できず、友もなげいている。

d0290240_15393219.gif



d0290240_15394014.gif





by ichibannori | 2017-01-05 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 28日

オオタカ Ⅴ

カワウの止まり木に降りてしまった。
若いオオタカ、体の大きさ、大きな口で威嚇されいるが、
なかなかしぶとく離れようとはしない。

漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
「せう」と呼ばれていた。
(再掲載×3)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_17131529.gif



その2

d0290240_17132104.gif



その3

d0290240_17140582.gif



その4

d0290240_17141302.gif



その5

d0290240_17142059.gif



その6

d0290240_17142915.gif



その7

d0290240_17145855.gif



その8

d0290240_17150884.gif



その9

d0290240_17152276.gif



上記の写真は在庫品です。




【鳥撮りは休みですが】

所要があり、鳥撮りは休む、カメラを持たないでウォーキングをすると、
オオタカの成鳥を近くで見る、自然公園までのヘルシーロードではカワセミを三羽確認
寒いけれど楽しい朝のひと時である。

ベニマシコを調べていたらマシコと言われる鳥は仲間ではないとか。
最近オオマシコをブログで見かけるが、ベニマシコ、ハギマシコもなかなか。


d0290240_14564472.gif




d0290240_14565047.gif




d0290240_14565971.gif




d0290240_14593472.gif






by ichibannori | 2016-12-28 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 22日

オオタカ Ⅳ

猛禽の幼鳥も狩りに苦労している。
安易にカモ類を狙うが、カモ達も容易に捕らわれない。
そして他の場所で狩りをする、成長に伴い行動範囲も広くなる。
最近はなかなか会えないが。


漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
「せう」と呼ばれていた。
(再掲載×3)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1

d0290240_16121330.gif



その2

d0290240_16122205.gif



その3

d0290240_16123186.gif



その4

d0290240_16124077.gif



その5

d0290240_16124842.gif



その6

d0290240_16125638.gif



その7

d0290240_16133323.gif



その8

d0290240_16134969.gif



その9

d0290240_16135965.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

天気予報によると曇りの一日、「ベニ曇り」に成るかと期待したが、晴れてしまった。
晴れて気分を悪くするのは、ベニ場の私たちぐらいだ。
そうするとワンチヤンスかと5秒留まり、一人だけ撮る。
このままでは他の鳥撮り人に申し訳けないと思ったら、帰る寸前に良い処に止まってくれた。
陽があたる逆光、それでも強い陽ではなかった、立ち位置を半逆行側に取り、まずまずの成果で10時に家路につく。



充分公開時間に間に合う快挙か

d0290240_11103621.gif



d0290240_11105082.gif



d0290240_11110463.gif



d0290240_11111684.gif





by ichibannori | 2016-12-22 12:00 | 野鳥 | Comments(0)