野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アリスイ ( 82 ) タグの人気記事


2017年 10月 16日

アリスイは美しき湿原にて  Ⅱ

アリスイをこよなく愛する仲間たちと毎シーズン撮っています。
これから水面の青、草紅葉、木々の緑を背景にお贈りします。
はたして今シーズンは、「日本一の背景」と言えるか。



漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。
    それ以南では旅鳥か冬鳥

命名の由来:長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
      舐め取って食べるから「蟻吸」
     (再掲載)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_15375238.gif




その2
d0290240_15380160.gif



その3
d0290240_15380918.gif




その4
d0290240_15381650.gif



その5
d0290240_15382636.gif



その6
d0290240_15383509.gif



その7
d0290240_15391249.gif



その8
d0290240_15392180.gif



その9
d0290240_15393231.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日の一言】

いいですよ、いつまで雨が降っていても、秋野菜高くならなければ。

ところで「ノビタキ」なんです。
今シーズンは撮りに行ってません、情報によるとセイタカアワダチソウが少なくなったとか。
調べました。
最近の土手や草原はセイタカアワダチソウが少なくなった。
独立行政法人農業環境技術研究所によると粉状アルミニウム資材等の散布により、
外来植物のセイタカアワダチソウの衰退を促しながら、在来植物を中心とする植生に回復させる
方法によってセイタカアワダチソウの蔓延が抑えられ、チガヤなど在来植物の群落が維持される。
土手の管理は刈り取りと同時に在来植物が優占する植生に誘導する施しを行うことによって、
現状は徐々に変化しているといわれている。

鳥撮りのわががまを言うと少しは残してほしいと思う。
そこに集まるノビタキ、セッカ、ベニマシコの撮影の大事なスポットゆえ。

セイタカアワダチソウに乱舞するノビタキ


d0290240_09485585.jpg




d0290240_09532702.jpg



d0290240_09543789.jpg







by ichibannori | 2017-10-16 14:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 10月 11日

アリスイ  Ⅰ

美しき湿原はアリスイの聖地、アリスイ劇場も前半が過ぎ、今シーズンは絶好調である。

この時期は緑の背景と黄葉が混じり、セイタカアワダチソウの黄色も背景に。



漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。それ以南では旅鳥か冬鳥


命名の由来:長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
      舐め取って食べるから「蟻吸」

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より


その1

d0290240_15331233.gif



その2
d0290240_15331915.gif



その3
d0290240_15332719.gif



その4
d0290240_15333419.gif



その5
d0290240_15334359.gif



その6
d0290240_15335075.gif



その7
d0290240_15342565.gif



その8
d0290240_15343488.gif



その9
d0290240_15344572.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

夜梅雨が車に降りていた今朝、途中の進路で朝靄に会い、慎重に運転してフィールドに到着。
朝靄で新都心は見えないようだ、ゆっくり周回道路を回り、始発電車を待つ、
電車の明かりも湿原に映り込み、これまた独り占めの朝であった。
今日は余裕をもって、立ち位置につき、草刈をして前方の見通しを確保する。
着替えを済ます頃、湿原は「霧の摩周湖」状態になる、何も見えない、歌の文句か。
友も到着し、撮影を中止にしようかと思ったころ、遠くにシルエットか見え、
目を逸らさずに鳥を追い疲労困憊になる。
その後「幻のサンカノゴイ」に会え、今シーズンのツキを使ってしまったようだ。
天気予報とはだいぶ違う空気感、結果良しはすべて良しである。




午前五時四分は何とか見えた湿原と一番電車
d0290240_13420015.gif




シルエットを追いかける
d0290240_13444939.gif




d0290240_13452472.gif




d0290240_13454597.gif




やっと捕まえたのに
d0290240_13461510.gif




サンカノゴイは一年ぶりで撮ることが出来、次は来シーズンか
d0290240_13474166.gif






by ichibannori | 2017-10-11 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 10日

時々来るんです ミサゴ 02

蒸し暑しい朝、一番電車を朝焼けに入れようと毎日、湿原を一周する。
一週間前まではオオタカが日の出に合わせて来ていたが、このところ他に行っているのか。
6時になるとアリスイが鳴く、2羽で鳴きあっている。
湿原には10羽以上居ると聞いている。
ミサゴも不定期で読めない、先日の続きを掲載する。
人それぞれだが、この場所では空を飛ぶより水面がらみを撮りたい。



その1 湿原をウォーキングする際、重いカメラのセッティングが面倒で手ぶらで歩こうと思うと、
    見事な朝  朝焼けで反省、次回は重くても持とうと。
d0290240_13525027.gif




その2 サギが飛び立つのを待つと朝焼けの中に
d0290240_13531945.gif




その3  朝が早いアリスイ
d0290240_13540068.gif




その4
d0290240_13544824.gif




その5
d0290240_13552029.gif




その6 ミサゴは先日の続編、次はいつ会えるか
d0290240_13563347.gif




その7
d0290240_13565981.gif




その8
d0290240_13572582.gif




その9
d0290240_13575012.gif




その10
d0290240_13581567.gif




その11
d0290240_13591327.gif




その12
d0290240_13584581.gif




その13
d0290240_13594088.gif






by ichibannori | 2017-10-10 14:30 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 02日

今日の湿原です

10月に入り順調に涼しく過ごしやすくなった。
オオタカも連日、6時頃池の中島に降りたが、様子が変わって来た。
人が気になるのか、今日は離れた木に隠れていた。
そこから今日のスタート、狩りが容易でないのか色んな場所で楽しむことが出来た。
アリスイ撮りの絶好の日、待った甲斐があり、良い色で撮ることが出来、
サプライズはキセキレイとアカゲラと会うことが出来た。



その1   予想外の朝焼け、曙色がその後、空全体を染めた

d0290240_13050199.gif


その2
d0290240_13063230.gif


その3
d0290240_13065230.gif


その4
d0290240_13072874.gif


その5
d0290240_13074184.gif


その6
d0290240_13075220.gif


その7
d0290240_13080447.gif


その8
d0290240_13081734.gif


その9
d0290240_13085324.gif


その10
d0290240_13090633.gif


その11
d0290240_13091901.gif


その12
d0290240_13094122.gif


その13
d0290240_13100114.gif




by ichibannori | 2017-10-02 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 09月 29日

今日の湿原ですよ

昨日の天気予報によると今日から三日間は晴れて気温が低く晩秋本番の予想との事。
昨夜から今朝の寒さを信じ湿原の廻りを歩こうと思い、願い通りになった。
長袖のシャツ一枚に70~200×2.8を肩に重みを感じ東の空を気にしながら歩き始める。
湿度が低いのか東京スカイツリーのイルミレーションが目に入る。
東の空が赤みをおびて、理想通りになる、ゆっくり歩いて朝焼けを待つと、水鳥が泳ぎだす。
幻想的だ、これこそ至福の一瞬だ。
空は瞬時のように変化し、シャッターの押し甲斐がある。
その後はアリスイの飛びものに照準を合わせ何とか。



その1   昨日とは明るさが違う

d0290240_13244034.gif


その2    視界が良くすぐスカイツリーは見る事が出来た。
d0290240_13253698.gif


その3   武蔵野線をねらう
d0290240_13264200.gif


その4   昨日は夜釣りの方が居たがアオサギが、良いロケーションだ
d0290240_13272042.gif


その5
d0290240_13283315.gif


その6  サギの仲間は少しづつ減っている
d0290240_13293209.gif


その7
d0290240_13301962.gif


その8
d0290240_13303924.gif


その9  太陽が東の空に

d0290240_13422941.gif


その10  カモの仲間たちも泳ぎ始める
d0290240_13323511.gif


その11  ホオジロも少しづつ増えている
d0290240_13332230.gif


その12   陽が強いアリスイ撮り
d0290240_13340187.gif


その13
d0290240_13344173.gif


その14
d0290240_13352559.gif


その15
d0290240_13360252.gif


その16
d0290240_13361952.gif


その17
d0290240_13364101.gif





by ichibannori | 2017-09-29 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 09月 28日

美しき湿原物語  Ⅱ

昨夜からの雨は朝方まで続き、鳥撮りを休む。
在庫整理にはうってつけだ。
鳥撮りの際は暗いうちから体調維持のため湿原の廻りを歩く、
暗いときから東の空が赤みをさす時は生きている実感に浸る。
着替えをして、いざ湿原は明るくなり、モズやアリスイの鳴き声が。
そのうち友も来て鳥撮りの半日が始まる、
最近は好調で9時過ぎには満腹で岐路に着く。
いつ他の猛禽が来てくれるか待ちどうしい。





その1   朝五時ISOの実験

d0290240_11420706.gif

その2  夜釣りのようだ
d0290240_11431910.gif


その3  感度とF2.8と組み合わせで昼間のようだ
d0290240_11435377.gif


その4
d0290240_11450876.gif


その5
d0290240_11451940.gif


その6
d0290240_11453022.gif


その7
d0290240_11454098.gif


その8
d0290240_11455113.gif


その9
d0290240_11460393.gif

上記の写真は最近の在庫品です。




by ichibannori | 2017-09-28 13:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 09月 25日

美しき湿原物語

美しき湿原物語の始まりです。
今日のために舞台は私とO氏、二人で一人前の独り占め状態です。
夜明け30分前にスタンバイ、視界が悪い。
少なくなっても白鷺が300羽以上を確認し、アリスイを待つ。
オオタカが止まろうというミザゴの木と奥の島付近を注視していた、
ミサゴの木付近に白い点が見え、双眼鏡で確認するとオオタカのようだ、
とりあえず三脚を担ぎ急ぐ、途中で飛ばれる前にシャッター、間違いはない。
汗グッショリで到着、先日の反省からシャッター優先に。
一番高い所に留まっていたので飛び出しも撮れた。
その後もとの位置に戻り、独り占めのアリスイを堪能、時計を見れば、まだ9時。
ノルマを達成岐路に着く。
仲間はどうしているのか、二人は仕事か、もう一人は遠出しているのか、それぞれだ。



その1  真冬の準備もあり湿原の周囲を歩く

d0290240_13064601.gif


その2 モズが出てくればアリスイも
d0290240_13071851.gif


その3  この絵はトリミングしている、米粒の白いもの
d0290240_13075778.gif


その4  この位置で確認しオオタカと判定
d0290240_13085218.gif


その5  呼吸が粗く、手が震える
d0290240_13093609.gif


その6
d0290240_13245863.gif


その7
d0290240_13165121.gif


その8
d0290240_13172385.gif


その9
d0290240_13110640.gif


その10
d0290240_13113227.gif


その11
d0290240_13114365.gif


その12
d0290240_13115609.gif


その13
d0290240_13120990.gif


その14
d0290240_13122122.gif


その15
d0290240_13123770.gif





by ichibannori | 2017-09-25 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 17日

アリスイ 21

MFは穏やかである。
鳥撮りや見物人も含めて鳥を追わない。
早朝に至っては目の前に現れる、そんなフィールドが好きだ。

四月も中ごろ、もう少しで北の大地に到着か、バトンを引き継ごう。

漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。それ以南では旅鳥か冬鳥


長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
舐め取って食べるから「蟻吸」
(再掲載×20)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_16102479.gif



その2

d0290240_16104813.gif



その3

d0290240_16105851.gif



その4

d0290240_16110703.gif



その5

d0290240_16111423.gif



その6

d0290240_16112332.gif



その7

d0290240_16120122.gif



その8

d0290240_16121099.gif



その9

d0290240_16122148.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2017-04-17 06:07 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 16日

アリスイ 20

MFは穏やかである。
鳥撮りや見物人も含めて鳥を追わない。
早朝に至っては目の前に現れる、そんなフィールドが好きだ。


漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。それ以南では旅鳥か冬鳥


長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
舐め取って食べるから「蟻吸」
(再掲載×19)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1  湿原では30~50mでは近かったが、ここでは10mで撮れる

d0290240_15442591.gif



その2

d0290240_15443650.gif



その3

d0290240_15444757.gif



その4

d0290240_15445821.gif



その5

d0290240_15451077.gif



その6

d0290240_15452276.gif



その7

d0290240_15461706.gif



その8

d0290240_15463955.gif



その9

d0290240_15464876.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2017-04-16 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 12日

アリスイ 19


漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。それ以南では旅鳥か冬鳥


長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
舐め取って食べるから「蟻吸」
(再掲載×18)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_19381665.gif



その2

d0290240_19383405.gif



その3

d0290240_19384317.gif



その4

d0290240_19385058.gif



その5

d0290240_19390238.gif



その6

d0290240_19391528.gif



その7

d0290240_19395113.gif



その8

d0290240_19400145.gif



その9

d0290240_19401216.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2017-04-12 06:00 | 野鳥 | Comments(0)