野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 18日

ホオジロガモ Ⅲ

鳥撮りは自己満足の世界
水辺の鳥は数多くは知りませんが珍しい鳥、
山野の野鳥と違って鮮やかな鳥に会うこともできます。
オシドリなんて人間が造ったロボットかと思うほど。
派手な鳥を入門編として数を増やしています。
その中にホオジロガモが居るんです。


漢字名:頬白鴨
英 名:Common Goldeneye
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L45cm
時 期:冬鳥
環 境:内湾、港、河口、湖沼、池、河川など。

命名の由来:雄の頬が白いから「頬白鴨」。
(再掲載×2)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_07353917.gif



その2

d0290240_07354960.gif



その3

d0290240_07355636.gif



その4

d0290240_07360493.gif



その5

d0290240_07361234.gif



その6

d0290240_07362084.gif



その7

d0290240_07363087.gif



その8

d0290240_07363939.gif



その9

d0290240_07364815.gif



上記の写真は在庫品です。





【今日のトピックス】

昨日の天気予報によると風もあり晴天では、鳥撮りは休もうと決めていた。
そこは早起きは三文の徳とは好く言ったものだ。
明るくなって外を見れば曇って風はなし、直線で500m、車で700mの近くのベニ場へ、
気温が高く軽装でフィールドに、今月になって四日目の鳥撮り、空を見れば雲の隙間から陽が
出るが全体的に明るい曇天、そのうち鳥はセイタカアワダチソウに乗り、半逆光側から
またもやシャッターを消耗してしまった。
一時間半の鳥撮り、今日も良かったんではないか。

d0290240_09371011.gif



d0290240_09371806.gif



d0290240_09372662.gif



d0290240_09373496.gif




d0290240_09374708.gif





# by ichibannori | 2017-02-18 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 17日

ベニマシコ Ⅸ

曇天の時、行くのですが途中から太陽が出て来る時も有り、
そんな時も挑戦しています。
最近自宅待機でPCも調子が悪かった時、編集ソフトを
試行錯誤をしながら使っていましたが、
最新ソフトはJPEGでも色んなことが出来ます。
ホワイトバランスも直すことが出来るんです。
晴れの時、逆光や陽が雲に入った時、カメラの設定を直せは良いんですが
忘れる時も有り、そんな時、役に立ちます。

漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×7)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_13202052.gif



その2

d0290240_13195710.gif



その3

d0290240_13194895.gif



その4

d0290240_13192957.gif



その5

d0290240_13202052.gif



その6

d0290240_13385833.gif



その7

d0290240_13481891.gif



その8

d0290240_14080872.gif



その9

d0290240_14083515.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日の一言】

リフレツシュ休暇も今日の午前中で終わる

このところ晴天続きもありベニマシコにご無沙汰。
友は通っているらしい。
春一番も過ぎれば変化もあると予想し、少し探鳥に出かけよう。
外は南風が良くなってきた。



d0290240_11453485.gif



d0290240_11454443.gif




d0290240_11455297.gif





# by ichibannori | 2017-02-17 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 16日

コハクチョウは清き流れにて  Ⅲ

今日は特別なんです。
この絵は順光側から撮っています。
約90秒、50連射の一部分です。
D500+328の組合せ、暗く近くを撮るのは最高です。
なにせ爆速でピントが合い、腕を過信してしまいます。
最近200~500という格安のレンズがありますが、追随を許しません。
テレコン1.4、1.7を使っても素晴らしい。


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。

命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。
(再掲載×4)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_06422594.gif



その2

d0290240_06423524.gif



その3

d0290240_06424341.gif



その4

d0290240_06425336.gif



その5

d0290240_06430385.gif



その6

d0290240_06431461.gif



その7

d0290240_06435459.gif



その8

d0290240_06440526.gif



その9

d0290240_06441795.gif



その10

d0290240_06443170.gif



その11

d0290240_06444504.gif



上記の写真は在庫品です。





# by ichibannori | 2017-02-16 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 15日

コイカル Ⅰ

わが県の大河の支流を遡ると毎年イカルの大群がやって来る。
その中にコイカルが混じっている。
みんなコイカルを追いかけているが、私はイカルを綺麗に撮りたいと毎年思う。
大群の中の一羽となると、どうしてもトリミングして絵が大きくなる。
それより少し引いて背景を選びたい。


漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。

命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_17184271.gif



その2

d0290240_17185172.gif



その3

d0290240_17185939.gif



その4

d0290240_17190779.gif



その5

d0290240_17191663.gif



その6

d0290240_17192536.gif



その7

d0290240_17201296.gif



その8

d0290240_17202428.gif



その9

d0290240_17203781.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

リフレッシュ休暇中




# by ichibannori | 2017-02-15 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 14日

あの青い鳥なんです Ⅲ

いつもの年は2~3人で撮っていますが、
今年は独り占め、少し前に撮ったものです。
最近は森が荒らされ見ることが出来ません。
「幸せを呼ぶ青い鳥」、濃い青になるには何年か時間が必要ですが、
美しい鳥です。


漢字名:瑠璃鶲
英 名:Red-flanked Bluetail
科 属:スズメ/ヒタキ科
全 長:L14cm
時 期:留鳥(漂鳥)。MFでは漂鳥。
環 境:繁殖期は主に亜高山帯の林、非繁殖期は平地から山地の林、樹木の多い公園など。

命名の由来:雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
      卵を守る雌は地味な茶色。
      名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
      何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。
(再掲載×2)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より

明日から五日間不在の予定です。予約投稿をします。(いつも、しているくせに)



その1

d0290240_16241322.gif



その2

d0290240_16242124.gif



その3

d0290240_16242944.gif



その4

d0290240_16243954.gif



その5

d0290240_16244983.gif



その6

d0290240_16245894.gif



その7

d0290240_16252618.gif



その8

d0290240_16253430.gif



その9

d0290240_16254334.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

PCが復活して、以前動きが悪かったデータを漬け込んでいました。
だいぶ漬かり過ぎたので古漬けにならないうちに表に出してみました。
編集ソフトも生き生きと動き、少し公開です。




独り占めなんです

d0290240_07562335.gif



快晴無風の早朝なんですが

d0290240_07565364.gif



ミサゴの木から飛び立つツグミみ絵になります

d0290240_07572387.gif


チュウヒもたくさん撮りました、
d0290240_07575349.gif



逆光をどう処理するかJPEGで

d0290240_07582353.gif





# by ichibannori | 2017-02-14 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 13日

タゲリ Ⅱ

わかっている人はこの場所で撮る。しかし乾燥しているとき、
車が通過すると埃がすごいので雨もほしい。

漢字名:田鳧
英 名:Northern lapwing
科 属:チドリ目/チドリ科
全 長:L32cm
時 期:冬鳥。東北地方北部以北では旅鳥。少数の繁殖例がある。
環 境:水田、畑、河川、湿地、干潟など。

命名の由来:タゲリのタは田である。「ケリリ」という鳴き声からケリ。
      田の上で飛び降りする様子が里(距離の単位)を
      計っているようなので「計里」とも。

(再掲載)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_16074584.gif



その2

d0290240_16075457.gif



その3

d0290240_16080266.gif



その4

d0290240_16081496.gif



その5

d0290240_16082402.gif



その6

d0290240_16094167.gif



その7

d0290240_16100977.gif



その8

d0290240_16102077.gif



その9

d0290240_16103223.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

このところ風が強く晴天続き、ベニマシコも逆光を承知で行くが出てこない。
ウォーキングの途中、他の探鳥地に寄ったら鳥友に会うが近場では良い情報はなかった。

ミコアイサを背景の良いところで撮りたいと思っているが。

d0290240_11022973.gif

d0290240_11033921.gif





# by ichibannori | 2017-02-13 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 02月 12日

コハクチョウの羽ばたき

わが家から北西に行った大好きな白鳥飛来地。
背景に朝焼けと、朝霞を求めて。
そこに鳥の羽ばたきが撮れば初期の目的は達成。
飛び出しを撮ったら次の目的地に向う。

漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。
命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。
(再掲載×3)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1
d0290240_10230522.gif
その2
d0290240_10231930.gif
その3
d0290240_10263837.gif
その4
d0290240_10270735.gif



その5

d0290240_10415285.gif



その6

d0290240_10234402.gif



その7

d0290240_10243144.gif



その8

d0290240_10250831.gif



その9

d0290240_10252980.gif



その10

d0290240_10434218.gif



その11

d0290240_10442991.gif



その12

d0290240_10260461.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

PCをリカバリーや基盤の取り換えでリフレッシュ、新品同様でサクサク動く。
編集ソフトも本来に戻り昨年末からの絵を再編集している。

さて今週は15日からリフレッシュ休暇で不在になるが予約投稿でブログは健在なり。

隣県のツツジで有名な公園にヤツガシラか出没、県営公園の池にミコアイサが入ったとか
大勢駆けつけていることだろう。両方ともスルー

d0290240_10131723.jpg



ベニマシコの絵を再編集している

d0290240_10174704.jpg



d0290240_10185075.jpg





# by ichibannori | 2017-02-12 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 11日

ベニマシコ Ⅷ

曇天で撮りたい、気温が高ければ小鳥は活動する。
シジュウカラよ頼りにしているよ。

漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×6)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_20483473.gif



その2

d0290240_20484646.gif



その3

d0290240_20490179.gif



その4

d0290240_20491352.gif



その5

d0290240_20492266.gif



その6

d0290240_20493077.gif



その7

d0290240_20501035.gif



その8

d0290240_20502301.gif



その9

d0290240_20505388.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

晴天の土曜日、足がしびれる寒さ。
ベニマシコは顔を見せただけに終わる。
近くでミコアイサが撮れるというが絵を見てスルーする。
鳥撮りは背景が命。



この場所だけで撮れる全身をあらわしたミコアイサ

d0290240_09492511.gif



前ボケに紅梅を

d0290240_09493437.gif



潜水鴨は魚捕りが得意、ブルーギルか

d0290240_09494350.gif



雌も撮っておこう

d0290240_09495293.gif



前ボケに葦のワンポイント

d0290240_09500164.gif







# by ichibannori | 2017-02-11 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 10日

ホオジロガモ Ⅱ

近場(自宅から半径20㌔以内)で撮れる野鳥を大事にしている。
ホオジロガモは40㌔以上あるが、コハクチョウ、タゲリと
同じ日に撮るので、こじつけて辻褄を合わせる。
また今年も会えた、鳥撮りの醍醐味、珍鳥はスルーしよう。
同じ鳥を何年も追いかける、一度撮れれば良いと言う人もいるが。


漢字名:頬白鴨
英 名:Common Goldeneye
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L45cm
時 期:冬鳥
環 境:内湾、港、河口、湖沼、池、河川など。

命名の由来:雄の頬が白いから「頬白鴨」。
(再掲載)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_20350004.gif



その2

d0290240_20350837.gif



その3

d0290240_20351945.gif



その4

d0290240_20352835.gif



その5

d0290240_20353649.gif



その6

d0290240_20354308.gif



その7

d0290240_20361364.gif



その8

d0290240_20362393.gif



その9

d0290240_20363397.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

風が強いが足の甲の状態も良くなり、フルにウォーキングの復活。
しかし強い風に飛ばされそうだった、ベニ場に立ち寄ったが鳥は下でじっと我慢のようだ。
この数日、他のPCで写真の編集していたが復帰したPCのモニターがどんな色を出せるか
実験の結果をこれから検証して補正を試みようと思う。

補正以前の絵の数々を見てください。

d0290240_13203724.gif



d0290240_13210683.gif



d0290240_13213763.gif



d0290240_13225087.gif



d0290240_13233498.gif



d0290240_13240527.gif






# by ichibannori | 2017-02-10 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 09日

川の落差は滝に成るんです

スローシャッターに挑戦です。
重い三脚と雲台でブレを防せぎたいですね。

漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載×2)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」




その1

d0290240_19440161.gif



その2

d0290240_19441036.gif



その3

d0290240_19441835.gif



その4

d0290240_19442579.gif



その5

d0290240_19443218.gif



その6

d0290240_19445197.gif



その7

d0290240_19452596.gif



その8

d0290240_19453596.gif



その9

d0290240_19454632.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


今日こそは順光側から撮れると家を出たら雪ではないか。
気温もさながら、セイタカアワダチソウが湿っては
ベニマシコは載ってくれないだろうと予想し鳥撮りは中止。
過去の雪絡みの絵を掲載する。

かわせみの絵は原則、止まり物、ホバリングも同じようだ。



d0290240_07230795.gif


d0290240_07231657.gif


d0290240_07232739.gif


d0290240_07234365.gif


d0290240_07235863.gif


d0290240_07241048.gif


d0290240_07241989.gif

PCが昼前に復旧しました。
幾日間デスクトップのXPやタブレットで更新していましたが、やはり色がおかしいです。
少しずつ直して行こうと思っています。



# by ichibannori | 2017-02-09 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 08日

美しき湿原にミコアイサがよく似合う Ⅴ

漢字名:巫女秋沙 他に神子秋沙
英 名:Mergus albellus
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L42cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、池、河川など。河口や入り江などにも入る。


命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。秋は季節、沙は「去る」
「間」などの説があるが本当の語源はわからない。
ミコアイサとは成鳥雄の羽衣の特徴を「白い衣を着て、
目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てて命名。
(再掲載×4)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_19285524.gif



その2

d0290240_19290244.gif



その3

d0290240_19291020.gif



その4

d0290240_19292027.gif



その5

d0290240_19292958.gif



その6

d0290240_19293736.gif



その7

d0290240_19300811.gif



その8

d0290240_19301786.gif



その9

d0290240_19302777.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


逆光のフィールドでは悪戦苦闘しているので今日も鳥撮りは休む。最近近くの湖沼に白鳥が飛来しているが、やはりいつもの川に限る。


まだPcが戻らずモニターの色合わせに悪戦苦闘しているため、
鳥撮りには気が向かず外を見ている。


d0290240_07223899.gif



d0290240_07224946.gif


d0290240_07225938.gif


d0290240_07230867.gif






# by ichibannori | 2017-02-08 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 07日

ノスリ Ⅹ

ノスリは空をゆったり泳ぎます。
晴天でかつ変化のある雲があれば最高のシチュエーション。


漢字名:鵟
英 名:Common Buzzard
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L55cm
時 期:主に本州中部以北で繁殖し、留鳥。四国、
    九州中部以南では冬鳥。


野に顔を「こする」ような低空飛行で、
地面にいるネズミなどの獲物を探すのが名前の由来。
(再掲載×9)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_19201206.gif



その2

d0290240_19202092.gif




その3

d0290240_19202836.gif



その4

d0290240_19203562.gif



その5

d0290240_19204502.gif



その6

d0290240_19205280.gif



その7

d0290240_19215924.gif



その8

d0290240_19220976.gif



その9

d0290240_19221609.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】



今日も風が強く鳥撮りは休む。
上に掲載したノスリ、こんな絵が好きですが、被写体が小さい。

この時期マヒワを待っていますが、来てくれません。
来ても良いシチュエーションで撮れずスルーします。
鳥の写真は背景が命。


d0290240_06405309.gif




d0290240_06413184.gif





d0290240_06420076.gif




d0290240_06424954.gif



d0290240_06431818.jpg


d0290240_06435558.jpg






# by ichibannori | 2017-02-07 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 06日

ベニマシコ Ⅶ 

気温が低いと出てきません。
少しでいいから暖かくなってほしいものだが。


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×5)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_19215374.gif



その2

d0290240_19220244.gif



その3

d0290240_19221499.gif



その4

d0290240_19222440.gif



その5

d0290240_19223697.gif



その6

d0290240_19224547.gif



その7

d0290240_19225623.gif



その8

d0290240_19230994.gif



その9


d0290240_19231980.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


デスクトップのXPとタブレットの更新で苦労しています。

風が強く鳥撮りは休みです。

最近ルリビタキの写真を見ますが、撮り方もいろいろですね。
私は少し引いて撮るように心がけています。 
まわりに邪魔なものが有ればトリミングはしますが。



d0290240_10082843.gif




d0290240_10091347.gif


d0290240_10095371.gif


d0290240_10102038.gif



d0290240_10105029.gif



d0290240_10112018.gif







# by ichibannori | 2017-02-06 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 05日

チュウヒ Ⅴ

漢字名:沢鵟
英 名:Eastern Marsh Harrier
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L52cm
時 期:冬鳥又は留鳥。


命名の由来:宙返りをするように飛ぶので、「宙」と「飛」からチュウヒではないか?
(再掲載×4)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


その1

d0290240_17144789.gif



その2

d0290240_17145572.gif



その3

d0290240_17150335.gif



その4

d0290240_17151025.gif



その5

d0290240_17152736.gif



その6

d0290240_17153585.gif



その7

d0290240_17162600.gif



その8

d0290240_17163622.gif



その9

d0290240_17164631.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】



曇天の日曜日、スポーツ観戦日でもある。
なに、東の空から陽が出て来るではないか。
しかしその前後を利用して撮影となる。
一時間で帰路に着く。


今日のベニマシコ



d0290240_09132448.gif



d0290240_09145481.gif



d0290240_09140469.gif



d0290240_09152050.gif




d0290240_09154000.gif







# by ichibannori | 2017-02-05 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 04日

コハクチョウは清き流れにて  Ⅰ

川幅日本一のA川の支流、上流には梅の名所、ミソサザエが囀る渓流がある。
水深は浅く、緩やかに流れ、コハクチョウが体を休めるのには絶好の場所だ。
他の沼の飛来地の鳥は水が流れず羽が汚れるが、この場所の鳥達は真っ白。
陽が指す時間になると朝靄の中、飛び立ち、
それを狙う、至福の時だ、当然氷点下の世界である。


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。

命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。
(再掲載×3)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


その前に  飛び立つ合間に遊んでみました。
      こんな顔してんですよ。

d0290240_15230170.gif



その1

d0290240_14565842.gif



その2

d0290240_14570630.gif



その3

d0290240_14572415.gif



その4

d0290240_14573270.gif



その5

d0290240_14575564.gif



その6

d0290240_14580425.gif



その7

d0290240_14583640.gif



その8

d0290240_14584771.gif



その9

d0290240_14585976.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


風も弱く、久しぶりにフィールドに。

コイカルを追って西に、何とか綺麗なコイカルを撮ることが出来た。


d0290240_14070458.gif


d0290240_14073651.gif

d0290240_14080704.gif


d0290240_14085232.gif

d0290240_14090283.gif



# by ichibannori | 2017-02-04 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 03日

アリスイ Ⅻ

昨年の絵を掲載です。
たくさん撮ってもお蔵入りでは忍びない。
表に出してナンボです。
最近ほとんどみませんが三月までは居るでしょう。



漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。それ以南では旅鳥か冬鳥


長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
舐め取って食べるから「蟻吸」
(再掲載×11)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_10575740.gif



その2

d0290240_10580530.gif



その3

d0290240_10581387.gif



その4

d0290240_10582552.gif



その5

d0290240_10590955.gif



その6

d0290240_10592979.gif



その7

d0290240_11000497.gif



その8

d0290240_11001458.gif



その9

d0290240_11002567.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日も風が】

鳥撮りも一段落、毎日出かけなくてもよい。
Pcが入院ゆえタブレットで更新している。
データを取り込むのが容易でない。

ミヤマホオジロでもどうぞ。

d0290240_09513665.jpg


d0290240_09520576.jpg

d0290240_09524424.jpg

d0290240_09525648.jpg




# by ichibannori | 2017-02-03 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 02月 02日

タゲリ Ⅰ

永遠のテーマ「鳥撮りは背景を撮る」を実行に努めている
タゲリの場合「田んぼの貴婦人」「田んぼの貴公子」と謳われメタリックな色合いは西日で輝く。
その鳥は田んぼの背景では表現できず、いつもの場所「飛行場」のソフトな背景にて撮る。

漢字名:田鳧
英 名:Northern lapwing
科 属:チドリ目/チドリ科
全 長:L32cm
時 期:冬鳥。東北地方北部以北では旅鳥。少数の繁殖例がある。
環 境:水田、畑、河川、湿地、干潟など。

命名の由来:タゲリのタは田である。「ケリリ」という鳴き声からケリ。
      田の上で飛び降りする様子が里(距離の単位)を
      計っているようなので「計里」とも。


山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


その1

d0290240_14583817.gif



その2

d0290240_14584990.gif



その3

d0290240_14585661.gif



その4

d0290240_14590369.gif



その5

d0290240_14591254.gif



その6

d0290240_14592062.gif



その7

d0290240_15001754.gif



その8

d0290240_15014054.gif



その9

d0290240_15015382.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】



今日も強い風、鳥撮りはできません。

最近皆さんは遠征でミヤマホオジロやハギマシコを撮っていますね。
私も撮っているんです。


d0290240_09354777.jpg


d0290240_09360700.jpg


d0290240_09363470.jpg

d0290240_09365031.jpg

タブレットで更新です。


# by ichibannori | 2017-02-02 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 02月 01日

ベニマシコ Ⅵ

状況は好くないが、行かなければ撮れない、
このところ坊主が続くが、明日を信じて。


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×5)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_17233276.gif



その2

d0290240_17233915.gif



その3

d0290240_17234605.gif



その4

d0290240_17235576.gif



その5

d0290240_17240391.gif



その6

d0290240_17241272.gif



その7

d0290240_17244957.gif



その8

d0290240_17245889.gif



その9

d0290240_17250880.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


今日は忙しかった。
パソコンの修理依頼と病院通いと鳥撮り。
ベニマシコは良く出てくれ30分で終了。パソコンを渡し、病院に行く。
データを取り込むのに3時間かかり、古いパソコンにイライラ。
タブレットで色を確認して投稿。
しかし結果は色がおかしい、10日間の辛抱。

d0290240_13425140.gif
 


d0290240_13441752.gif

d0290240_13444758.gif

d0290240_13451782.gif

古いXPで編集したので、先が思い遣られる。




# by ichibannori | 2017-02-01 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 31日

ホオジロガモ Ⅰ

県北の大河に冬鳥としてやって来る、ホオジロガモ
楽しいしぐさ、荒川静香さんの「イナバウアー」にちなんで「イナバウアー鴨」とか。
かつては白鳥飛来地であった。しかし少し上流を見れば山を背景に数多くの白鳥も見られる。


漢字名:頬白鴨
英 名:Common Goldeneye
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L45cm
時 期:冬鳥
環 境:内湾、港、河口、湖沼、池、河川など。

命名の由来:雄の頬が白いから「頬白鴨」。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1


d0290240_20274617.gif




その2

d0290240_20275802.gif




その3

d0290240_20280879.gif




その4

d0290240_20281767.gif




その5

d0290240_20283441.gif




その6

d0290240_20284373.gif




その7

d0290240_20291878.gif




その8

d0290240_20292781.gif




その9

d0290240_20293928.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日は写真の整理】

小鳥の苦手な風の強い日、カモ達も風のないところに避難。
そんな日は撮り貯めた絵の整理に勤しむ。


あっという間の一月が過ぎようとしている、一月三日人生初めて救急車に乗る、
車の中は電子機器の多さに驚いた、救急隊のみなさんに感謝。

d0290240_07032330.gif



d0290240_07033886.gif



d0290240_07035244.gif



d0290240_07040347.gif



d0290240_07042185.gif





# by ichibannori | 2017-01-31 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 30日

ホバリングはいつも旬です

かわせみ撮りの留まりもの、ホバリング
背景を選んでは容易ではありません。
質を保てれば古くても新しくても、いつも旬です。

漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」




その1   皆、側面が動きあって好みますが、正面はあまり撮れない

d0290240_06110166.gif



その2

d0290240_06111278.gif



その3

d0290240_06111984.gif



その4

d0290240_06112618.gif



その5

d0290240_06113574.gif



その6

d0290240_06114443.gif



その7

d0290240_06131137.gif



その8

d0290240_06131929.gif



その9

d0290240_06132879.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

今日も曇天で暖かった、そうすればベニマシコは出ると踏んでフィールドへ。
しかし簡単には問屋は卸さない。
最近定時になっている八時に顔を出す、30分前から下にいるのはわかっていたので。
余裕で待っていた。
今日は昨日と行動が違う、半逆光がわにも出てくれ、弱い日差しでベニ日和であった。

このフィールドの特徴として普段は北側からしか撮れない、但し公園ゆえ時間になると
半逆光側から狙えるが被写体まで遠い。
セイタカアワダチソウは北側の防風壁で守られて倒れることはないだろう。

d0290240_15241603.gif



d0290240_15235124.gif



d0290240_15244362.gif



d0290240_15245311.gif



d0290240_15250412.gif



d0290240_15252043.gif



d0290240_15253810.gif



d0290240_15255419.gif




# by ichibannori | 2017-01-30 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 29日

あの青い鳥なんです Ⅱ

「幸せを呼ぶ青い鳥」、濃い青になるには何年か時間が必要ですが、
美しい鳥です。
おお撮りをすると表情がきついですが、少し引いて見ると魅力があります。
10年近く撮っていますが、今年も濃い色のルリビタキに会えました。

漢字名:瑠璃鶲
英 名:Red-flanked Bluetail
科 属:スズメ/ヒタキ科
全 長:L14cm
時 期:留鳥(漂鳥)。MFでは漂鳥。
環 境:繁殖期は主に亜高山帯の林、非繁殖期は平地から山地の林、樹木の多い公園など。

命名の由来:雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
      卵を守る雌は地味な茶色。
      名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
      何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。
(再掲載)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より





その1

d0290240_05574938.gif



その2

d0290240_05575891.gif



その3

d0290240_05580456.gif



その4

d0290240_05581114.gif



その5

d0290240_05581842.gif



その6

d0290240_05582790.gif



その7

d0290240_05590475.gif



その8

d0290240_05591726.gif



その9

d0290240_06012053.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

エキサイトがおかしいです。
先ほどベニマシコを載せましたが消えてしまいましたので、再登場です。


曇天の暖かい朝、歩いてもすぐのフィールドにベニマシコを追って。
八時まえから30分間出てくれ、シャッターが壊れそうでした。
ユニットは一年持つか心配です。

d0290240_11480737.gif



d0290240_11481829.gif



d0290240_11482824.gif



d0290240_11483991.gif



d0290240_11484834.gif



d0290240_11485631.gif



d0290240_11490656.gif



d0290240_11491850.gif





# by ichibannori | 2017-01-29 12:00 | 野鳥 | Comments(4)
2017年 01月 28日

チュウヒ Ⅳ

漢字名:沢鵟
英 名:Eastern Marsh Harrier
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L52cm
時 期:冬鳥又は留鳥。


宙返りをするように飛ぶので、「宙」と「飛」からチュウヒではないか?
(再掲載)×2
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_15255451.gif



その2

d0290240_15260350.gif



その3

d0290240_15274399.gif



その4

d0290240_15275817.gif



その5

d0290240_15280872.gif



その6

d0290240_15282044.gif



その7

d0290240_15282999.gif



その8

d0290240_15304903.gif



その9

d0290240_15305894.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

暖かい土曜日、きっとベニマシコは出てくれると予想して日の出時間に。
30分過ぎ、出てくれた、高いところではなかった。
最近モズが嫌がらせにくる。
その後近くのセイタカに留まり、久しぶりに撮ることが出来、9時にご帰還となる。

d0290240_10423515.gif



隙間から

d0290240_10425090.gif




d0290240_10430766.gif




d0290240_10432162.gif





d0290240_10433513.gif




アリスイはいつも出てくれる、今シーズンは撮りに撮った一万枚以上

d0290240_10442779.gif





# by ichibannori | 2017-01-28 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 27日

ベニマシコ Ⅴ

状況は好くなってきた、しかし自然のもの
その日によって見ることが出来ない日もある。
坊主でも行く、あしたを信じて。


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など



命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×4)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_20530256.gif



その2

d0290240_20531089.gif



その3

d0290240_20531758.gif



その4

d0290240_20532541.gif



その5

d0290240_20533230.gif



その6

d0290240_20533921.gif



その7

d0290240_20541559.gif



その8

d0290240_20543372.gif



その9

d0290240_20544389.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】





# by ichibannori | 2017-01-27 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 26日

ノスリ Ⅸ

一定期間幼鳥のパラダイスであった。
でも時々顔を見せに故郷に戻る。


漢字名:鵟
英 名:Common Buzzard
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L55cm
時 期:主に本州中部以北で繁殖し、留鳥。四国、
    九州中部以南では冬鳥。


野に顔を「こする」ような低空飛行で、
地面にいるネズミなどの獲物を探すのが名前の由来。
(再掲載×6)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_06195252.gif



その2

d0290240_06200243.gif



その3

d0290240_06201360.gif



その4

d0290240_06202241.gif



その5

d0290240_06203599.gif



その6

d0290240_06204743.gif



その7

d0290240_06205705.gif



その8

d0290240_06210674.gif



その9

d0290240_06211567.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






# by ichibannori | 2017-01-26 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 25日

美しき湿原にミコアイサがよく似合う Ⅳ

漢字名:巫女秋沙 他に神子秋沙
英 名:Mergus albellus
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L42cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、池、河川など。河口や入り江などにも入る。


命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。秋は季節、沙は「去る」
「間」などの説があるが本当の語源はわからない。
ミコアイサとは成鳥雄の羽衣の特徴を「白い衣を着て、
目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てて命名。
(再掲載×3)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_05555050.gif



その2

d0290240_05555837.gif



その3

d0290240_05560580.gif



その4

d0290240_05561561.gif



その5

d0290240_05562306.gif



その6

d0290240_05563317.gif



その7

d0290240_05572323.gif



その8

d0290240_05573731.gif



その9

d0290240_05574716.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

今季一番の寒さを予想し弾丸ツアーを慣行
寒くても湿度が低いからか、朝焼け、朝靄は満足できなかった。
時々雨も欲しいこの頃である。
白鳥からホオジロガモに移動し、貴重な交尾シーンを撮ることが出来た。
雄が盛んにディスプレイをしていると雌が雄に近づき、集団から離れる。
もしかして交尾が行われるか観察していると、多くの雌から一羽が選ばれ、
神聖な命を繋ぐ行為を目のあたりにした。
その後風が強くなりタゲリの場所に移動したが、レンズが風にもっていかれ、
ピントが合わない、少し撮って帰路に就く、今日も午後2時には自宅に。
今日は独りぼっちなので、大音量でカラヤンのアダージョを聴く。



朝焼け、朝靄、陽の出る前の一瞬

d0290240_16035349.gif



陽が上がり鳥にピントは眩しくアバウトで

d0290240_16040645.gif



もう少し早い時間ならもっと赤くなるが

d0290240_16041894.gif



最初はディスプレイをすると雌の多くが追いかけるが一羽が選ばれる

d0290240_16044135.gif





d0290240_16052239.gif




d0290240_16053312.gif




d0290240_16062503.gif




d0290240_16064017.gif



今日は貴婦人のメタリツクが輝いていた

d0290240_16155362.gif





# by ichibannori | 2017-01-25 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 24日

オジロビタキ Ⅳ

上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。


2~3日前に他の場所に移動したとか、貴重な出会いを有難うと言いたい。
色々なご意見もあると思うが、これで良かったのだろう。


漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥
環 境:平地から山地の、落葉広葉樹のある明るい林

命名の由来:日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
      (1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
      (2)オジロビタキは東経50度以東としている。
      (再掲載×3)
      「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋



その1

d0290240_05480372.gif



その2

d0290240_05481290.gif



その3

d0290240_05482262.gif



その4

d0290240_05483038.gif



その5

d0290240_05484149.gif



その6

d0290240_05485443.gif



その7

d0290240_05493852.gif



その8

d0290240_05494886.gif



その9

d0290240_05495848.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日この頃】

小鳥の撮影は晴天では向かぬと思うが出かける。
ベニマシコ以外は成果が上がらぬ、贅沢と思うが。
このところイカル、コイカルの情報があり、コイカル一羽を確認できたが、
陰影が強く、満足な絵にならなかった。



副産物のミコアイサの雌を至近距離で撮る。

d0290240_10295189.gif



d0290240_10300256.gif



d0290240_10301102.gif



嘗て、この場所で撮ったミコアイサの雄

d0290240_10311331.jpg



今日のコイカルなんだが

d0290240_10293439.gif




d0290240_10294335.gif





# by ichibannori | 2017-01-24 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 23日

コハクチョウがやってきました Ⅳ

毎シーズン12月になると白鳥がやって来る。
オオハクチョウ、コハクチョウ、特にオオハクチョウは県内では珍しいという。
ハクチョウの好きな鳥友に聞くとオオハクチョウは同じ個体だとか。
今季は現在コハクチョウが出たり入ったりしている。

漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。

命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。
(再掲載×2)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_06182831.gif



その2

d0290240_06183654.gif



その3

d0290240_06184285.gif



その4

d0290240_06190140.gif



その5

d0290240_06190879.gif



その6

d0290240_06191796.gif



その7

d0290240_06194693.gif



その8

d0290240_06195438.gif



その9

d0290240_06201679.gif



上記の写真は在庫品です。




【風が強いと鳥が出てきません】

昨日も坊主、そして今日こそと、昨夜から天気予報をチェックして朝確認する、風が強い、撮影中止。
こんな日は在庫整理と重複保存に一日を使う。



少し変わった絵を

d0290240_08002796.gif




d0290240_08003774.gif




d0290240_08004682.gif





# by ichibannori | 2017-01-23 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 22日

new field かわせみ 32

時期は過ぎ初春ですが留鳥という事で
鳥の美しさは増して羽の色は旬です。

漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。


山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」

その1

d0290240_14232390.gif



その2

d0290240_14233214.gif



その3

d0290240_14233983.gif



その4

d0290240_14234879.gif



その5

d0290240_14235680.gif



その6

d0290240_14240467.gif



その7

d0290240_14244955.gif



その8

d0290240_14245952.gif



その9

d0290240_14250880.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






# by ichibannori | 2017-01-22 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 21日

ベニマシコ Ⅳ

状況はよくなってきた、しかし立ち位置は逆行側である。
この時期晴天は多く曇天を待ちたい。



漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など



命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×3)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_11470829.gif



その2

d0290240_11472158.gif



その3

d0290240_11474339.gif



その4

d0290240_11475356.gif



その5

d0290240_11480448.gif



その6

d0290240_11481740.gif



その7

d0290240_11482712.gif



その8

d0290240_11483971.gif



その9

d0290240_11484805.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

自宅から700mだから通うけど過去二日は坊主だった。
特に昨日は気温が低く小鳥たちは動けなかったのだろう、なにせ風花が舞い、手すりに降りた白い結晶がしばらく解けなかった。
足がしびれたのは今季初めての体験。
そして今日も行く、早い人は6時ごろから、私は三脚を立てて車で明るくなるまで待つのだ。
東の屋敷林の隙間から朝焼けの準備。陽が見える直前10分が勝負だった。
結果は久しぶりに間近のセイタカアワダチソウに乗り、逆光になるまで30分は撮れたと思う。
その後珍鳥を探しに行ったが時間が遅かった、ただブログ友に会え、嬉しかった。



日の出まえの理想の光線 07:17

d0290240_10263121.gif




d0290240_10275887.gif




d0290240_11071172.gif



07:43には陽が出て、逆光である+か-か試行錯誤、ホワイトバランスもオート、
晴天、色温度と設定を変える。

d0290240_10320023.gif






# by ichibannori | 2017-01-21 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 01月 20日

あの青い鳥なんです Ⅰ

「幸せを呼ぶ青い鳥」、濃い青になるには何年か時間が必要ですが、
美しい鳥です。
おお撮りをすると表情がきついですが、少し引いて見ると魅力があります。
10年近く撮っていますが、今年も濃い色のルリビタキに会えました。

漢字名:瑠璃鶲
英 名:Red-flanked Bluetail
科 属:スズメ/ヒタキ科
全 長:L14cm
時 期:留鳥(漂鳥)。MFでは漂鳥。
環 境:繁殖期は主に亜高山帯の林、非繁殖期は平地から山地の林、樹木の多い公園など。

命名の由来:雄は美しい瑠璃色の鳥。瑠璃は仏典でいう七宝のひとつ。
      卵を守る雌は地味な茶色。
      名前に瑠璃とつくのはオオルリ、コルリ、ルリビタキ、ルリカケスである。
      何れも雄の羽色が瑠璃色、名前はこの羽色による。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_08000418.gif



その2

d0290240_08001430.gif



その3

d0290240_08002313.gif



その4

d0290240_08003244.gif



その5

d0290240_08004383.gif



その6

d0290240_08005125.gif



その7

d0290240_08013698.gif



その8

d0290240_08014831.gif



その9

d0290240_08020181.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日も寒かった】

こんな日は家に居れば良いのに、フィールドに立つ
今季二番目の寒さ、小鳥は寒すぎて出てこない、そうだろう。
耳が痛い、足も悴んでくる、二日続けて坊主、試練だ。

d0290240_11412880.gif




d0290240_11413562.gif




d0290240_11414344.gif






# by ichibannori | 2017-01-20 12:00 | 野鳥 | Comments(0)