野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 15日

モズも映えます、美しき湿原 Ⅱ

湿原でもやるんです「はやにえ」を、

モズは捕らえた獲物を木の枝等に突き刺したり、木の枝股に挟む行為を行う。
秋に初めての獲物を生け贄として奉げたという言い伝えから「モズのはやにえ(早贄)」といわれた。
稀に串刺しにされたばかりで生きて動いているものも見つかる。


漢字名:百舌
英 名:Bull-headed Shrike
科 属:スズメ目/モズ科
全 長:L20cm
時 期:漂鳥または留鳥
命名の由来:いろいろな鳥の鳴き真似をするので、「百舌」。「も」は「百」、
  「す」は鳥を意味する接尾詞。
     (再掲載)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 



その1

d0290240_15463955.gif




その2

d0290240_15464735.gif




その3

d0290240_15465710.gif




その4

d0290240_15470766.gif




その5

d0290240_15471446.gif




その6

d0290240_15472578.gif




その7

d0290240_15483242.gif




その8

d0290240_15484761.gif




その9

d0290240_15485752.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


友の情報により勇んで湿原に向かったが前方の空には「朧月」もどき、

この時期はおぼろ月夜とは言わないようだ。

そこで曇天ではベニマシコと思い途中から行き先を変更、ベニ場に到着。

時間が早く真っ暗なので灯りを持ち、「緑のヘルシーロード」にてウォーキングを慣行、

体が温まり立ち位置に到着、しかし、そんな甘いもんではない、赤が出ない。

どうもふた班にに別れ、雌の2羽が相手をしてくれた。

気温が上がらず体が冷え帰路に着く。

家に帰っても手足は悴んでコタツで回復を待った。

こんな日もある。



冬のセッカがセイタカアワダチソウの上に留まる

d0290240_14095073.gif



d0290240_14095771.gif


時々陽があたり逆光で試練を与えてくれる

d0290240_14113581.gif



d0290240_14115023.gif



d0290240_14120497.gif



d0290240_14121675.gif

色がさみしいので昨日の赤
d0290240_14125533.gif







by ichibannori | 2017-12-15 14:30 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 12月 14日

初冬のかわせみ Ⅴ

漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」



その1

d0290240_15591886.gif


その2

d0290240_15593047.gif



その3

d0290240_15593808.gif



その4

d0290240_15594707.gif



その5

d0290240_16000031.gif



その6

d0290240_16001382.gif



その7

d0290240_16004013.gif



その8

d0290240_16004997.gif



その9

d0290240_16010657.gif




上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】


用事と風の予想を踏まえて地元のベニ場へ。

昨年は18日から撮り始めたが、今期は11月から行くがまともの絵は獲れなかった。

下草やアキニレの実を食べて絵にはならなかったが、この寒さも有り、

今日初めてセイタカアワダチソウに載ってくれ撮ることが出来た。

しかしこのフィールドは逆光で絵作りが難しく今後の課題である。

今期初撮りとして掲載する。


d0290240_11191809.gif



d0290240_11193374.gif



d0290240_11194101.gif



d0290240_11201607.gif



d0290240_11203366.gif





by ichibannori | 2017-12-14 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 12月 13日

今期初見のチュウヒです  Ⅰ

晩秋になるとやってきたチュウヒ、今シーズンは立ち寄りです。

2回有った様ですが2回目に合うことが出来ました。

他ではタタチュウと読んで居るそうですが、我らの湿原では貴重な冬鳥なんです。

そして白鳥も来ていません、上流の川まで来ているんですが。
     

漢字名:沢鵟
英 名:Eastern Marsh Harrier
科 属:タカ目/タカ科
全 長:L52cm
時 期:冬鳥又は留鳥。

命名の由来:宙返りをするように飛ぶので、「宙」と「飛」からチュウヒではないか?

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前



その1  背景は男体山か霞んで見えます

d0290240_16444480.gif



その2

d0290240_16445246.gif



その3

d0290240_16445965.gif



その4

d0290240_16450839.gif



その5

d0290240_16451911.gif



その6

d0290240_16452782.gif



その7  ミサゴがこの煙突の脇で食事をします

d0290240_16460398.gif



その8

d0290240_16461283.gif



その9

d0290240_16462384.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】
日ごとに寒くなる朝、足のつま先が冷たく、我慢できず防寒ブーツを手に入れる。

試し履きをしたが調子は良さそうだ。

ミサゴのパフォーマンスもつまらなくなり、工夫をして撮る。

風が冷たくミサゴの飛ぶサイクルもつかめ昼前に帰路に着く。


いつもの新都心

d0290240_14452021.gif


朝焼けと武蔵野線

d0290240_14452760.gif


カワウが少なく成ったといえ夜明け前は凄いことに成っている

d0290240_14463840.gif



北側の雲が朝焼け状態なので背景にミサゴを

d0290240_14474972.gif



富士も天辺の雪は風に飛ばされたか、いままでのベストか

d0290240_14490170.gif


良いところに留まってくれたツグミ
d0290240_14494502.gif


朝の光線は難しく立ち位置に工夫が必要だ

d0290240_14511656.gif



ホワイトバランスが難しく、背景を暗い道草道路を選ぶ

d0290240_14523073.gif



狙い道理、ミサゴのみに陽が当たり羽根が透ける、今日はこれで満足

d0290240_14535391.gif



d0290240_14540622.gif


地上60m 立ち位置から7~800mいや1000mかな、328はすごい

d0290240_15200287.gif


シャッターユニットの寿命が短くなる、消えるまで狙うバカカメラマン。これも1000mか魚は逃がさないぞ
d0290240_15371491.gif







by ichibannori | 2017-12-13 15:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 12月 12日

若いミサゴが居着くようです ミサゴ 14

漢字名:鶚
英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する

命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 



その1

d0290240_14344285.gif




その2

d0290240_14345299.gif




その3

d0290240_14350409.gif




その4

d0290240_14351409.gif




その5

d0290240_14352615.gif




その6

d0290240_14353593.gif




その7

d0290240_14354699.gif




その8

d0290240_14355815.gif




その9

d0290240_14361548.gif




上記の写真は在庫品です。


【遠方より友来る】


鳥友が来ると言うことでいつもの時間にフィールドに立つ。

朝焼けも素晴らしく、背景に撮れればと立ち位置に戻ったらミサゴはいない、

富士を撮りながら待っていると、止まり木に到着。

友は交通渋滞にはまり少し遅くなってしまったようだ。

それでも一年ぶりに顔を見るとお互いに元気で良かった。

私だけ少し病気に成ったが元に戻っている。

そんな半日の結果を掲載。



寒く暗い空に新都心の光が

d0290240_14452415.gif


これからもっと朝焼けが鮮やかになる前に
d0290240_14462401.gif


ミサゴ撮りの立ち位置に戻る途中日の出の時間前でも明るい
d0290240_14463987.gif


遠くに富士が
d0290240_14480093.gif


富士に陽があたる
d0290240_14491242.gif



d0290240_14494625.gif


背景はわが県のシンボル武甲山
d0290240_14501116.gif


われらの新都心を背景に
d0290240_14515576.gif


近くの畑で枯れ草を焼いて煙が
d0290240_14525836.gif


飛び出しは下に向かうので何枚も撮れない
d0290240_14531229.gif


久しぶりにオオタカの成鳥が青空を舞う

d0290240_14543923.gif



d0290240_14544659.gif




by ichibannori | 2017-12-12 15:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 12月 11日

若いミサゴが居着くようです  13

漢字名:鶚
英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する

命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 



その1

d0290240_14305097.gif



その2
d0290240_14305929.gif



その3
d0290240_14310714.gif



その4
d0290240_14311625.gif



その5
d0290240_14312283.gif



その6
d0290240_14313023.gif



その7
d0290240_14320813.gif



その8
d0290240_14321726.gif



その9
d0290240_14325330.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

富士山を撮れればと日の出30分前に到着、ミサゴはスタンバイしているが暗くて328で撮ることに。
その後富士を押さえて緊張感のないミサゴを撮るが鳥もカメラマンも中だるみのようだ。
そんな半日をすごす。

d0290240_14514476.gif

d0290240_14515759.gif


d0290240_14521393.gif


d0290240_14523089.gif


d0290240_14524219.gif


d0290240_14525631.gif




by ichibannori | 2017-12-11 15:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 12月 10日

救世主  カンムリカイツブリ Ⅰ   そして「陸王」を

白い鳥、遠くから見るとミコアイサがやってきたと皆が思う。

双眼鏡で確認するとカンムリカイツブリ、がっかりする、失礼じゃないか。

早く来て春まで滞在、ひょうきんな顔、春になると夏羽根も美しく、侮れない水鳥である。


漢字名:冠鳰
英 名:Great Crested Grebe
科 属:カイツブリ目/カイツブリ科
全 長:L56cm W85cm
時 期:冬鳥。北海道では旅鳥。青森、茨城、滋賀県の一部では少数が繁殖している。
環 境:越冬期には沿岸、湖沼や池、河川など。


命名の由来:夏羽でも冬羽でも、頭に冠をかぶっているので「冠鳰」。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_17022661.gif


その2

d0290240_17023427.gif



その3

d0290240_17024953.gif



その4

d0290240_17025675.gif



その5

d0290240_17030473.gif



その6

d0290240_17031302.gif



その7

d0290240_17034582.gif



その8

d0290240_17035662.gif



その9

d0290240_17040695.gif



上記の写真は在庫品です。


【近所廻り】


近所のベニ場に行きましたが見せられるような絵は撮れず。


そこで7月14日行田市「古代蓮の里」の田圃アートを見てきました、毎年やっています。

今年は何たって「陸王」、すばらしい役所広司の似顔絵です。

今夜も見てください、県民として応援しています。

d0290240_14341947.gif


d0290240_14350814.gif







by ichibannori | 2017-12-10 15:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 12月 09日

2015年命名 ミサゴの木に留まるオオタカ  Ⅻ

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。
漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥
命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
  (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_08584643.gif


その2

d0290240_08585402.gif



その3

d0290240_08590309.gif



その4

d0290240_08591295.gif



その5

d0290240_08592011.gif



その6

d0290240_08592755.gif



その7

d0290240_09000255.gif



その8

d0290240_09001511.gif



その9

d0290240_09002702.gif




上記の写真は在庫品です。


【週末は近所廻り】

週末は体を休めるために近所のベニ場に行くが芳しくない。

そんなことで湿原のミサゴの木に止まる鳥を少々掲載する。


ハイタカもまれに留まる

d0290240_11055131.gif



昨年はノスリが相手をしてくれた

d0290240_11060643.jpg



ミサゴの木は2015年に休み所として多くのバーダーを楽しませてくれた記念に「ミサゴの木」と命名

そして今年もやってきた。

d0290240_11061937.gif







by ichibannori | 2017-12-09 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 12月 08日

カワラヒワ Ⅲ

留鳥で夏はヒマワリの花に来るのを撮って居ますが、
この時期、団体さんで飛んできます。
湿原の枯れ木に止まるんですが、枝をつついて、虫でも探して居るようで、
飛ぶとき、止まるときを置きピンでねらいます。
成功すれば、羽を広げたときの絵が撮れ大満足です。(再掲載)


漢字名:河原鶸
英 名:Oriental Greenfinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15 cm
時 期:留鳥(漂鳥)または冬鳥

命名の由来:語源「ひわかし」は「可憐で若々しい」という意味。
        ヒワの体色から黄緑色を「ひわ色」という。
      (再掲載)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_11332344.gif


その2

d0290240_11333331.gif


その3

d0290240_11334765.gif


その4

d0290240_11335420.gif


その5

d0290240_11340201.gif


その6

d0290240_11341069.gif


その7

d0290240_11343951.gif


その8

d0290240_11344886.gif


その9

d0290240_11345879.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】





by ichibannori | 2017-12-08 12:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 12月 07日

背景を探して師走の湿原を撮る

師走の湿原、スーパームーン崩れの月は丸く無くとも明るく5時過ぎでも懐中電灯はいらず、

月影が出来るほどだった。

いつも朝焼けがどのように成るのが楽しみで、最近は風景が主で、鳥撮りは二の次になっている。
朝靄も期待したが昨日の冷え込みで水温も低く、靄も閉じ込められたようだ。

周りを見れば全体に裾野は黒い雲で明るくなるまで時間を要した。

鳥と言えばミコアイサが数多く居るが、真っ白い成鳥はこれからか、それでも雄の若いパンダ仕様を写すことが出来た。

ミサゴの飛来は2羽になってそれぞれのパフォーマンスを披露してくれる。






その1  湿原に立つと新都心撮りから始まる

d0290240_14064062.gif



その2 次は朝焼けと武蔵野線の電車を伺う

d0290240_14064882.gif



その3  カモたちの活動が始まる

d0290240_14070827.gif



その4  朝焼けの映り込みにカンムリカイツブリもまぶしそうで

d0290240_14074927.gif



その5  今日はミサゴよりミコアイサ

d0290240_14084020.gif



その6  ミコアイサの特徴は時々飛んで移動

d0290240_14100611.gif



その7

d0290240_14101975.gif



その8  後ろ姿を見るのは珍しい

d0290240_14111168.gif



その9  水門には何人かが待機

d0290240_14115191.gif



その10  撮り方はそれぞれだが、皆と異なる物を

d0290240_14120820.gif



その11  これも立ち位置が違う、してやったり

d0290240_14131762.gif



その12  どうでしょうか

d0290240_14133188.gif



その13  昔話のような田舎を表現

d0290240_14142410.gif



その14  アオサギはなかなか手強い

d0290240_14151419.gif



その15  青空にて

d0290240_14155266.gif



その16  アリスイ撮りもミサゴ撮り効果

d0290240_14162067.gif



その17  われらの新都心、背景を決めてから撮る

d0290240_14165867.gif



その18  今日も大勢のバーダーがいたが皆と違う立ち位置にて撮る

d0290240_14175488.gif






by ichibannori | 2017-12-07 14:30 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 12月 06日

アリスイは美しき湿原にて  Ⅺ

漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。
    それ以南では旅鳥か冬鳥
命名の由来:長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
      舐め取って食べるから「蟻吸」
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前


 



その1

d0290240_10584107.gif


その2

d0290240_10585136.gif



その3

d0290240_10585787.gif



その4

d0290240_10590529.gif



その5

d0290240_10591264.gif



その6

d0290240_10591949.gif



その7

d0290240_10595503.gif



その8

d0290240_11000492.gif



その9

d0290240_11001410.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


先日の早起きが祟ったのか、1時間の遅刻、すでにKさんは到着して、ミサゴがとまっているとか、

すぐに駆けつけたが飛ばれてしまった。

その後2羽のミサゴが飛来、次はミコアイサを撮りに行くとチュウヒが登場、目の前にベニマシコ、

位置を変えミコアイサを撮る、ミサゴはそれなりに撮り、場所を移し綺麗なトモエガモをとる。

この池はカモたちが近くで撮れ、図鑑の作成に最適のようだ。

そんな忙しい一日をすごしブログの更新が遅くなってしまいました。



一番の目的は富士山を撮る事だった

d0290240_16364981.gif



18-300のズームで

d0290240_16371284.gif


朝一番のミサゴ

d0290240_16381661.gif




d0290240_16383046.gif




d0290240_16384484.gif



今期二度目のベニマシコ

d0290240_16391848.gif



今期初撮りのチュウヒ

d0290240_16393106.gif



d0290240_16401151.gif


今期初撮りのミコアイサ
d0290240_16403837.gif

面白かったオオバンのじゃれ合い

d0290240_16405377.gif


とても美しいトモエガモ

d0290240_16414495.gif







by ichibannori | 2017-12-06 17:00 | 野鳥 | Comments(2)