野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 04月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2017年 04月 09日

ベニマシコ 31

喧騒から逃れて、静寂でスローライフを楽しむために居住地を、
日本一の桜の回廊をウォーキング出来る位置に移した。
晩秋から早春まで「ベニマシコ命」としては血が騒ぐ時期なのである。
今シーズンは居住地が功を奏した。
グーグルで距離を測ってみたが歩きで600m、機材があるから車で3分の距離、
鳥撮りに明日はないという「ことわざ」ゆえ整理が出来ぬほど撮って、ボケ畑に移動する。
ボケ畑の撮影は被りやすいので、集中力と辛抱だ。
出ないからと言って位置を移動すると、結果的に良くないのである。
そんなベニマシコシーズンも終わり夏鳥を迎えたい。



漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×30)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_08525468.gif



その2

d0290240_08530326.gif



その3

d0290240_08531141.gif



その4

d0290240_08531953.gif



その5

d0290240_08532713.gif



その6

d0290240_08533617.gif



その7

d0290240_08542392.gif



その8

d0290240_08543674.gif



その9

d0290240_08545113.gif






by ichibannori | 2017-04-09 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 08日

仲がいいなあ ホオジロガモ Ⅶ

目を閉じ、昔を顧みれば我が家も、そんな時があったような気もする。

美しい県を代表する大河の上流にて



漢字名:頬白鴨
英 名:Common Goldeneye
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L45cm
時 期:冬鳥
環 境:内湾、港、河口、湖沼、池、河川など。

命名の由来:雄の頬が白いから「頬白鴨」。

(再掲載×6)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_08484034.gif



その2

d0290240_08484995.gif



その3

d0290240_08485794.gif



その4

d0290240_08490580.gif



その5

d0290240_08491419.gif



その6

d0290240_08492178.gif



その7

d0290240_08500080.gif



その8

d0290240_08501604.gif



その9

d0290240_08502691.gif



その10

d0290240_08505048.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

週末バーダーにとっては気の毒な天気、しかしわたくしは週2ぐらいはこんな天気は良しとしたい。
まだ昨年の冬の絵が整理できていない、撮りすぎなのか。
でもこんな時期、ノビタキが立ち寄り、ツミが来て、旬はニュウナイスズメか、
ただのスズメと言うけれど、人それぞれだ。

d0290240_09130485.jpg



d0290240_09125571.gif



d0290240_09124899.gif


今日は雨の土曜日、ゆったりとベニマシコの編集をしていたら
載せたくなりました。
この絵は日の出から一時間以内、距離は10メートル、陽は横から、もちろん独りです。
落ち着いて食べていました。
立ち位置は自由ですが、被ります。

d0290240_10444330.gif



d0290240_10445121.gif





by ichibannori | 2017-04-08 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 07日

ベニマシコ  30―2

植木畑の持ち主のご理解があって五年間撮り続けている。
県庁所在地の新都心が見える首都圏の植木の供給地である。
そこにこの時期、何色もの赤、それぞれの黄色、紫、白と花が咲き、まさに廻りは春爛漫、
その中に「美しき湿原」で冬鳥を撮った仲間が集まる。
今年も条件が厳しく幾日も無かったが「至福の時」を過ごすことが出来た。



ダイジェスト版にまとめてみました

その1   夜明けから二時間の勝負、緊張感がないと

d0290240_15143042.gif



その2   ほとんどは六時から七時までの間に

d0290240_15143878.gif



その3

d0290240_15144755.gif



その4

d0290240_15145622.gif



その5

d0290240_15150694.gif



その6

d0290240_15151648.gif



その7

d0290240_15155752.gif



その8

d0290240_15161682.gif



その9

d0290240_15162955.gif







by ichibannori | 2017-04-07 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 07日

ベニマシコ  30

新都心の気象観測所によると朝6時は1℃、この場所は氷点下、
橋の床、鳥見台の手すりは霜で真っ白、下を見れば芽吹いた草も白く、
三月中旬というのに寒さが身に染みた。



字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×29)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_14351124.gif



その2

d0290240_14021621.gif



その3

d0290240_15095348.gif



その4

d0290240_15100580.gif



その5

d0290240_15101640.gif



その6

d0290240_15102741.gif



その7

d0290240_15103707.gif



その8

d0290240_15105003.gif



その9


d0290240_15110012.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

春雨です、染井吉野も花は来週前半までは持つでしょう。
上記の絵は3月12日の氷点下で霜が降りた時もの、
これから赤いベニマシコを少しずつ掲載します。
昨日は上着をぬいた温かい朝、これではベニも北に急ぐんでしょうね。



今シーズン初めてのベニマシコの雌

d0290240_06080193.gif



この絵も独りで撮りました

d0290240_06081524.gif



この絵はそれほどもないですが晴れた日は枝の影が映り黒い影が出て絵になりません

d0290240_06082446.gif



d0290240_06083407.gif



この日は満足な絵は撮れませんでした

d0290240_06084357.gif





by ichibannori | 2017-04-07 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 06日

アリスイ 18


アリスイもベニマシコと同じく「彼岸から彼岸まで」
昨年は「美しき湿原」にて被写体は遠いが背景はすばらしい、
今年に入ってからはMFにて距離は近く、
独り占めが出来、HDDがいっぱいに成るくらい撮った。


漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。それ以南では旅鳥か冬鳥


長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
舐め取って食べるから「蟻吸」
(再掲載×17)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1

d0290240_16383324.gif



その2

d0290240_16384124.gif



その3

d0290240_16385158.gif



その4

d0290240_16390809.gif



その5

d0290240_16391784.gif



その6

d0290240_16392822.gif



その7

d0290240_16401489.gif



その8

d0290240_16403533.gif



その9

d0290240_16404942.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

今季はじめて上着を脱ぎました、フィールドで、快晴無風の春爛漫ですから。

北の大地の「カシャカシャ」さん、向かいましたよ、そちらに、GW過ぎには着くのでしょうか。
ボケ畑はメスは居たようですが、オスは数少ない出会いでした。
年ごとに数が少なくなりました。


d0290240_11153062.gif




d0290240_11153918.gif




d0290240_11155202.gif




d0290240_11160467.gif





by ichibannori | 2017-04-06 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 05日

ベニマシコ 29

字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×28)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_13254603.gif



その2

d0290240_13255677.gif



その3

d0290240_13260676.gif



その4

d0290240_13261475.gif



その5

d0290240_13262733.gif



その6

d0290240_13263222.gif



その7

d0290240_13270362.gif



その8

d0290240_13271623.gif



その9

d0290240_13272814.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


染井吉野のトンネルを抜けると春爛漫が待っていた。
今日も風もなく温かい朝、フィルターのかかる遠くから鐘の音も。
所要もあり朝、二時間の鳥撮りタイムである。
この場所はいつも順光側、ここに居るだけで幸せである。




目の前で一対一のワンマンショー

d0290240_10025102.gif



ホオジロだって主役をこなす

d0290240_10030985.gif




d0290240_10035421.gif



いつも元気なメスのベニマシコ

d0290240_10041941.gif



背景は畑の菜の花

d0290240_10050980.gif






by ichibannori | 2017-04-05 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 04日

図に乗ってるアリスイカメラマンです 17

アリスイもベニマシコと同じく「彼岸から彼岸まで」
昨年は「美しき湿原」にて被写体は遠いが背景はすばらしい、
今年に入ってからはMFにて距離は近く、
独り占めが出来、HDDがいっぱいに成るくらい撮った。


漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。それ以南では旅鳥か冬鳥


長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
舐め取って食べるから「蟻吸」
(再掲載×16)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_11295061.gif



その2

d0290240_11295776.gif



その3

d0290240_11300765.gif



その4

d0290240_11301728.gif



その5

d0290240_11302556.gif



その6

d0290240_11303485.gif



その7

d0290240_11312189.gif



その8

d0290240_11313169.gif



その9

d0290240_11314178.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

明るい夜明け、車をスタートさせると目の前はフィルターのかかった太陽がまん丸。
15分でフィールドにつき鐘の音を聞く、鳥が出る前にからし菜を刈り取り、スタンバイ完了。
ピンポイントで待つ、当然独りで、載りましたメスのベニマシコが、6時15分明るい。
その後、友も到着、昨日とは様子が違い4~5羽のメスがショーをしてくれた。
オスはどうしたのか。




春爛漫の川沿い

d0290240_11364094.gif



利休梅も生け花用に刈られる前に

d0290240_11365638.gif



そこなんだよ

d0290240_11371068.gif




d0290240_11372277.gif



まさに花園

d0290240_11373214.gif



アオジの綺麗になりました

d0290240_11374123.gif






by ichibannori | 2017-04-04 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 03日

ベニマシコ 28

字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×27)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_10495459.gif



その2

d0290240_10500569.gif



その3

d0290240_10501283.gif



その4

d0290240_10502008.gif



その5

d0290240_10502882.gif



その6

d0290240_10504132.gif



その7

d0290240_10521984.gif



その8

d0290240_10522803.gif



その9

d0290240_10522803.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


いい天気だなあ、桜並木の向こうから寺の6時の鐘が聞こえる。
東京への植木の供給地は春爛漫、鳥がいれば幸せなんだが。
このところ不調のようである。
いつも出なくていいよ。

d0290240_14072785.jpg




d0290240_14092990.jpg




d0290240_14114535.jpg





by ichibannori | 2017-04-03 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 02日

美しき湿原は健在であった。

暑さ寒さも彼岸までとは日本の慣用句と言われている。
昨年の9月末日から今年の3月17日まで「美しき湿原」にて多くの鳥たちと会うことが出来た。
体調維持のために夜明け前に湿原を二周のウォーキングし、それから鳥撮りに勤しむ。
風の強さ3mを境に出かけていた。今シーズンの特徴はノスリがミザゴの木によく止まってくれた。
これから夏鳥のシーズンになるが秋にはまた「美しき湿原」に出かけたい、体調が気になるが。

漢字名:冠鳰
英 名:Great Crested Grebe
科 属:カイツブリ目/カイツブリ科
全 長:L56cm W85cm
時 期:冬鳥。北海道では旅鳥。青森、茨城、滋賀県の一部では少数が繁殖している。
環 境:越冬期には沿岸、湖沼や池、河川など。


命名の由来:夏羽でも冬羽でも、頭に冠をかぶっているので「冠鳰」。
(再編集)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1   今シーズンも何とか間に合った夏羽のカンムリカイツブリ

d0290240_11291285.gif



その2

d0290240_11292396.gif



その3

d0290240_11293060.gif



その4

d0290240_11300329.gif



その5

d0290240_11311956.gif



その6

d0290240_11312905.gif



その7

d0290240_11320514.gif



その8

d0290240_11321574.gif



その9

d0290240_11331594.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

新年度も一日過ぎ、明るい天気で朝のうち鳥友に会いにMFに
今日はベニとアリスイは居るか心配していたが、居たのである。
撮れなくても見られればと思い週末バーダーに場所を譲る。
所要かありすぐ帰宅したが、先日雨の中傘をさして撮ったものも在庫にのこしている。

d0290240_09481538.gif



d0290240_09482466.gif



d0290240_09483348.gif




d0290240_09484097.gif





d0290240_09484786.gif





by ichibannori | 2017-04-02 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 04月 01日

ベニマシコ 27

漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×26)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_17383378.gif



その2

d0290240_17384071.gif



その3

d0290240_17384918.gif



その4

d0290240_17385931.gif



その5

d0290240_17390705.gif



その6

d0290240_17391323.gif



その7

d0290240_17395456.gif



その8

d0290240_17400435.gif



その9

d0290240_17401192.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】





by ichibannori | 2017-04-01 12:00 | 野鳥 | Comments(0)