野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 31日

本年も最後、来年もよろしく

ついに大晦日になりました。
私たち夫婦も人生の転機を迎えました。
若いときはモーレツ人間で職住近接を望み、事故のリスクの無いところに定住。
住居費は嵩みましたが、子供たちも無事独立し、役目を終え、残った二人、静かなところに移り、楽しい日々を過ごしています。
九月に母が亡くなりましたが九十三歳まで生き大往生でした。
それから三か月も過ぎようとしています。
孫娘も可愛くなり、将来が楽しみです。

来年はどうでしょうか、健康で楽しい鳥撮りに励みたいと思います。

一年お付き合い頂きありがとうございました。




一月

d0290240_17143546.gif



二月

d0290240_17153083.gif



三月

d0290240_17160391.gif



四月

d0290240_17161679.gif



五月

d0290240_17163553.gif



六月

d0290240_17165115.gif



七月

d0290240_17170742.gif



八月

d0290240_17171916.gif



九月

d0290240_17172718.gif



十月

d0290240_17173854.gif



十一月

d0290240_17175432.gif



十二月

d0290240_17180595.gif





by ichibannori | 2016-12-31 12:00 | 野鳥 | Comments(4)
2016年 12月 31日

一年を振り返る  初撮りで終わっても良かったかも

今年の初撮りは一月四日、毎年のことである。
大晦日から酒を呑み、駅伝を見ながら酒を呑み、正月は終わりとする。
鳥撮りのため早起きをするので、一年で酒は三日間のみ、過去十年そうしている。

初撮りは一月四日、この日も夜明けからスタンバイ、コハクチョウ七羽が飛び立ちを独り占め、その後川沿いのベニマシコこれも良し、ユリカモメも正月祝いに、そしてチュウヒも。
この日で一年分のツキを使い果たしたかと思ったが。

正午から一年の決算を。




その1

d0290240_10035874.jpg



その2

d0290240_10112222.jpg



その3

d0290240_10113616.jpg



その4

d0290240_10115222.jpg



その5

d0290240_10120702.jpg



その6

d0290240_10121912.jpg



その7

d0290240_10122891.jpg



その8

d0290240_10123886.jpg



その9

d0290240_10125780.jpg



その10

d0290240_10132942.jpg



その11

d0290240_10133803.jpg



その12

d0290240_10134704.jpg



上記の写真は在庫品です。






by ichibannori | 2016-12-31 00:00 | 野鳥 | Comments(2)
2016年 12月 30日

ノビタキは美しき湿原にて  Ⅰ

美しき湿原シリーズが始まります。
三か月も樽に漬け込むと、だいぶ熟成しています。
今頃になって、なぜ出すのかと思われますが、
「美しき湿原」には日ごとに変化する「日本一の背景」があり、
是非紹介したいからなのてす。
昨年「日本一の背景」なんて紹介したら、
どれが「日本一の背景」だといわれましたが、私が勝手に命名しています。


漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥


草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
(再掲載×14)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1 背景は淡い草紅葉

d0290240_16585383.gif



その2

d0290240_16590223.gif



その3  なぜか整備されたセイタカアワダチソウとススキ

d0290240_16593910.gif



その4

d0290240_17004115.gif



その5

d0290240_17005623.gif



その6

d0290240_17010762.gif



その7  この時期の主役はススキなんです

d0290240_17011795.gif



その8

d0290240_17013185.gif



その9   散歩の人がボケに入りました

d0290240_17014333.gif



上記の写真は在庫品です。




【晦日の言われ】

晦日とは毎月の末日のこと。
旧暦では、大の月が30日、小の月が29日で、31日はなかったようです。
ですから、三十日(みそか)が末日を意味しているのです。
現在は事情が異なりますが、31日まである月は31日が晦日で、
30日を「晦日」と呼ぶのは妥当でないようです。
しかし子供のころ父母は 12月31日は大晦日、30日を晦日と言っていました。

今日から三が日まで鳥撮りは休み
今日は家の用事と写真データの整理をして過ごしています。

年末になってベニマシコを撮れるようになりました。

d0290240_16330617.gif



d0290240_16332018.gif



d0290240_16332877.gif





by ichibannori | 2016-12-30 12:30 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 30日

new field かわせみ 30 

ついに晦日になりました、あと一日です。
最後の「かわせみ」は、十年近く撮っていますが、
こんなシチュエーションは初めてでした。
きっと、いつまでも印象に残る「お気に入り」になるでしょう。
来年も「かわせみ」撮りに励みますが、気に入った絵が撮れるかどうか。



その1

d0290240_16404347.gif



その2

d0290240_16405030.gif



その3

d0290240_16405828.gif



その4

d0290240_16410846.gif



その5

d0290240_16411742.gif



その6

d0290240_16412426.gif



その7

d0290240_16420100.gif



その8

d0290240_16421047.gif



その9

d0290240_16422197.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2016-12-30 00:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 29日

コハクチョウがやってきました。

毎シーズン12月になると白鳥がやって来る。
オオハクチョウ、コハクチョウ、特にオオハクチョウは県内では珍しいという。
ハクチョウの好きな鳥友に聞くとオオハクチョウは同じ個体だとか。
今季は現在コハクチョウが出たり入ったりしている。

この日は散歩のあと着替えをしている時、着水したらしい。


漢字名:小白鳥
英 名:Tundra Swan
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L120cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、河川、内湾など。

命名の由来:鳴き声の特徴から古名は「ククイ」。「コーイ、コーイ」と
呼びよせるが、それも鳴き声から。
ハクチョウ類を表す漢字には鵠、鵝、鴻などがある。
白く、大きいこの鳥は古くから日本人の目にとまっていた。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_19141551.gif



その2

d0290240_19142252.gif



その3

d0290240_19142902.gif



その4

d0290240_19143552.gif



その5

d0290240_19144299.gif



その6

d0290240_19144880.gif



その7

d0290240_19150105.gif



その8

d0290240_19151016.gif



その9

d0290240_19151750.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

湿原の日の出時刻 6:51  スタンバイは6:00 最高の朝焼けだ。
6:15頃から撮影、ライトが無いと設定が出来ぬ、どんどん明るくなるので急ぐ。
約一時間でノルマ達成、その後ノスリ、コハクチョウ、ミコアイサを撮り岐路に。



朝焼けのスカイツリー 6:15

d0290240_17154981.gif



赤く染まる水面にミコアイサが

d0290240_16432745.gif



ミコアイサが走り出す

d0290240_16450895.gif



カンムリカイツブリは目の前で

d0290240_16453909.gif



朝焼けに入るカモ達

d0290240_16462653.gif



この場所でベニマシコの雄は初撮り

d0290240_16471257.gif



アオジも良い感じで

d0290240_16474038.gif



頭上を飛びながら湿原に入るが見失う、友が着水を確認、ひと時で去ってしまった

d0290240_16503857.gif


ミコアイサ当分の間は楽しめそうだ

d0290240_16505858.gif






by ichibannori | 2016-12-29 12:00 | 野鳥 | Comments(4)
2016年 12月 28日

オオタカ Ⅴ

カワウの止まり木に降りてしまった。
若いオオタカ、体の大きさ、大きな口で威嚇されいるが、
なかなかしぶとく離れようとはしない。

漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
「せう」と呼ばれていた。
(再掲載×3)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_17131529.gif



その2

d0290240_17132104.gif



その3

d0290240_17140582.gif



その4

d0290240_17141302.gif



その5

d0290240_17142059.gif



その6

d0290240_17142915.gif



その7

d0290240_17145855.gif



その8

d0290240_17150884.gif



その9

d0290240_17152276.gif



上記の写真は在庫品です。




【鳥撮りは休みですが】

所要があり、鳥撮りは休む、カメラを持たないでウォーキングをすると、
オオタカの成鳥を近くで見る、自然公園までのヘルシーロードではカワセミを三羽確認
寒いけれど楽しい朝のひと時である。

ベニマシコを調べていたらマシコと言われる鳥は仲間ではないとか。
最近オオマシコをブログで見かけるが、ベニマシコ、ハギマシコもなかなか。


d0290240_14564472.gif




d0290240_14565047.gif




d0290240_14565971.gif




d0290240_14593472.gif






by ichibannori | 2016-12-28 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 27日

美しき湿原にミコアイサがよく似合う Ⅰ

県内でも珍しいオオハクチョウも入る「美しき湿原」 ※勝手に命名
ミコアイサも毎シーズン入るのである。
湿原は広くなかなか近くには来てくれないが、今シーズンは数も多く、
時々近くによって来る。
広大な背景は晴れの日、朝焼けによく似あう。



その1

d0290240_17031157.gif



その2

d0290240_17031918.gif



その3

d0290240_17033054.gif



その4

d0290240_17033883.gif



その5

d0290240_17034567.gif



その6

d0290240_17035284.gif



その7

d0290240_17042441.gif



その8

d0290240_17043427.gif



その9

d0290240_17044240.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

天気予報によると途中から雨が降るという事で、友の情報もあったが
湿原から地元に変更。
今日も暗く、仕事がある友もすぐに帰り、寒い中、一人になった。
シジュウカラはチョコチョコしているがベニマシコの様子はない。
今日はいないのか、耳が遠いので鳴き声もわからず、あきらめて帰ろうかと、
その時、前のセイタカアワダチソウに載ってくれた。
誰もいないから、立ち位置をいろいろ変えて撮ることができた。
しかし今日も、この一回で終わる。
雨模様になり10時にはパソコンに取り込んだ。
友のことを思うと、複雑な気持ち。


d0290240_10481941.gif




d0290240_10483412.gif




d0290240_10484814.gif




d0290240_10485831.gif







by ichibannori | 2016-12-27 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 26日

ノビタキは美しき高原にて 16

美しき高原シリーズは最後になりました。
今シーズンはフィールドに恵まれたくさん撮る事ができました。
次回からは「美しき湿原」シリーズを掲載します。


漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥


草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
(再掲載×14)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1

d0290240_15432589.gif



その2

d0290240_15433235.gif



その3

d0290240_15433906.gif



その4

d0290240_15434675.gif



その5

d0290240_15435326.gif



その6

d0290240_15440115.gif



その7

d0290240_15443573.gif



その8

d0290240_15444428.gif



その9

d0290240_15445697.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

憂鬱の朝だった。
空は予想よりも暗く、いつもの湿原行きはあきらめ、近くの公園にベニマシコが出れば
儲けものと思い出かけたが、暗くテレコンバーターを外しF2.8で待つ。
7時の気温1℃、鳥友はあきらめ帰る。
すこし待っていると近くに出てくれた。
遠くの鳥友に、ほとんど出ないから勧めないといった手前、申し訳ないと思う。
今日から正月明けまで、もっと条件が悪くなりそうだ。
半逆行の立ち位置に行くゲートが閉鎖状態になる。

今日の成果は無欲であったが複雑な気持ちだ。

d0290240_12594593.gif




d0290240_13000043.gif




d0290240_13001541.gif




d0290240_13003009.gif







by ichibannori | 2016-12-26 18:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 26日

new field かわせみ 29 

十年近く撮っていますが、こんなシチュエーションは初めて、
旬は短く、堪能でき、記憶に残る出会いでした。


その1

d0290240_15290566.gif



その2

d0290240_15291547.gif



その3

d0290240_15292593.gif



その4

d0290240_15293380.gif



その5

d0290240_15294118.gif



その6

d0290240_15295120.gif




その7

d0290240_15300136.gif



その8

d0290240_15300871.gif



その9

d0290240_15301734.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2016-12-26 00:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 12月 25日

オジロビタキ Ⅱ

鳥友によるとコナラの木から他の木に移ったとか、
紅葉したコナラの木に止まった鳥を撮る事が出来、幸運だった。
多くの作品例を見てみると鳥の色合いは最初に撮った方々絵が冴えている。
美しい鳥ゆえ、今でも全国からバーダーが押し寄せているらしい。

上嘴(くちばし)は黒く、下嘴は肉食。
喉(のど)の橙色は胸まで広がり、白っぽい腹部との境がはっきりしない。
上尾筒は灰黒褐色

私のバイブル「新版 日本の野鳥」の著者によると
「仮称 ニシオジロビタキ」の雄の成鳥と判定されたとか。


漢字名:尾白鶲
英 名:Taiga Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L12cm
時 期:旅鳥または冬鳥


日本鳥類目録改定第7版によると種和名を分類、根拠は繁殖地のさえずりから
(1)仮称ニシオジロビタキは東経65度以西
(2)オジロビタキは東経50度以東としている。
(再掲載)
「山と渓谷社刊 日本の野鳥」より抜粋




その1

d0290240_19282371.gif



その2

d0290240_19285330.gif



その3

d0290240_19292348.gif



その4

d0290240_19295483.gif



その5

d0290240_19302450.gif



その6

d0290240_19305314.gif



その7

d0290240_19314530.gif



その8

d0290240_19323023.gif



その9

d0290240_19330024.gif



上記の写真は在庫品です。




【近くを歩いてみると】

夜明けから自然公園まで「緑のヘルシーロード」を歩く
自然公園は「蝋梅」は満開、平年と同じようだ。
「万作」や「河津桜」は春に咲く蕾の準備していた。
歩っている時は寒くないが止まると寒さが身に染みる。
ベニ場に寄ってみたが、鳥は出てこなかった。
最近は地元のバーダーも敬遠のようだ。
近くの方々は撮れれば儲けものと、言うつもりのようだ。



自然公園の蝋梅とユリカモメ


d0290240_16474955.gif



d0290240_16480151.gif





by ichibannori | 2016-12-25 12:00 | 野鳥 | Comments(0)