<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 31日

ノビタキは美しき高原にて Ⅵ

10月になってもノビタキに合う事ができ、秋本番を堪能している。
これでもかと掲載は続く。


漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥

草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
(再掲載×5)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より


その1

d0290240_20485343.gif



その2

d0290240_20490506.gif



その3

d0290240_20491624.gif



その4

d0290240_20492751.gif



その5

d0290240_20495376.gif



その6

d0290240_20500299.gif



その7

d0290240_20501198.gif



その8

d0290240_20502243.gif



その9

d0290240_20503102.gif





上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

 いつものウォーキングに立ち寄る公園の池、水が流れなくなり、
 カワセミ撮りはいない。
 しかしカワセミは近くまで来て寂しそうだった。
 一昨日の夕方、立ち寄るとチョロチョロ流れている、次の朝も同じだった。
 その日の夕方立ち寄ると、活きよいよく流れているではないか。
 そして今日、落ち葉を拾いにに行き、カワセミと再度合うことができ、
 その後、昨日のリベンジを近くの探鳥地に行き、粘って待望の三種を撮ることができた。
 カメラの摩耗は速そうだ。



   立ち位置の背面にある桂の木の紅葉が待たれる
 

d0290240_16060288.gif


   昨日は暗い曇天で今日リベンジ
d0290240_16062190.gif

d0290240_16064002.gif
d0290240_16065059.gif



   アトリは良いところに

d0290240_16070071.gif





d0290240_16071541.gif


   皆撮っていたカケス、仲間入りできた

d0290240_16074308.gif



d0290240_16075473.gif





by ichibannori | 2016-10-31 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 10月 30日

ツツドリ  Ⅷ

赤色型ツツドリを朝から晩まで撮る。
次の日も、そして次の日も、都合四日の滞在である。
それまでのツツドリ撮りを挽回、
それからもサプライズがあったのだ。
掲載は続く。

漢字名:筒鳥
英 名:Oriental Cuckoo
科 属:カッコウ目/カッコウ科
全 長:L33 cm
時 期:夏鳥


鳴き声が、竹筒や茶筒の口を手の平で叩くと出る
音に似ているから「筒鳥」。
(再掲載×6)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1

d0290240_16230050.gif



その2

d0290240_16231205.gif



その3

d0290240_16233798.gif



その4

d0290240_16234629.gif



その5

d0290240_16241288.gif



その6

d0290240_16235651.gif



その7

d0290240_16242907.gif



その8

d0290240_16244243.gif



その9

d0290240_16245478.gif





上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

午後所用ががあり、近場に行く。
   目的は他の鳥であったが出てくれず、
   しかし何年振りのヤマガラとの遭遇、短時間であったが楽しむことができた。


d0290240_11341758.gif




d0290240_11343658.gif




d0290240_11345164.gif




d0290240_11350489.gif





by ichibannori | 2016-10-30 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 10月 29日

new field かわせみ 18

かわせみ撮りは原則、止まりもの。
しかし変化を求めて方法を変える。
小鳥が餌をとるとき少し高い場所から狙う。
かわせみも高い木の天辺から狙う時もあり、少しでも距離を縮めたいのを
バーダーが手助けのつもりで「止まり木」を設置する。
その場所から飛び込み、飛びつきは置きピンでも撮れる。



その1

d0290240_10095850.gif



その2

d0290240_10101139.gif



その3

d0290240_10102341.gif



その4

d0290240_10103464.gif



その5

d0290240_10104774.gif



その6

d0290240_10110143.gif



その7

d0290240_10111205.gif



その8

d0290240_10112425.gif



その9

d0290240_10113657.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

  曇天の朝は暗く、空を飛ぶ猛禽の撮影は補正しても色が出ない。
  少し遠いが良いところにオオタカの若が一時間も止まっている。
  横着して近場で狩りを済まそうとするが、ことごとく失敗、まじめにやれよと。
  その後ノスリとショウゲンボウが来たが色が出ない。



   少しの晴れ間に

d0290240_13255185.gif




d0290240_13261263.gif



   近場で狩りを、ことごとく失敗

d0290240_13262961.gif




d0290240_13264521.gif





d0290240_13265820.gif



    色が出ないノスリ

d0290240_13285065.gif




d0290240_13285971.gif





by ichibannori | 2016-10-29 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 10月 28日

ノビタキは美しき高原にて Ⅳ

今シーズンも後幾多の場所でノビタキに合う事ができ、秋本番を堪能している。
これでもかと掲載は続く。


漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥

草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
(再掲載×4)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1

d0290240_09442823.gif



その2

d0290240_09444308.gif



その3

d0290240_09445771.gif



その4

d0290240_09451022.gif



その5

d0290240_09452090.gif



その6

d0290240_09453178.gif



その7

d0290240_09461370.gif



その8

d0290240_09455744.gif



その9

d0290240_09462949.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2016-10-28 09:48 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 10月 27日

ヒドリガモ Ⅰ

このところ気温が下がり、身が締まり気持ち良い季節に変わろうとしている。
朝の季語を探すウォーキングも順調だ。
川を覗くと鴨たちも到着し、何たってむ美しき湿原も増えつつある。
水が多いがハクチョウは着水してくれるだろうか。
色のはっきりしている鴨が飛翔すると、シャッターを押してしまう。
ヒドリガモ他の絵を。

漢字名:緋鳥鴨
英 名:Eurasian Wigeon
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L49cm
時 期:冬鳥。北海道では春秋に多く、厳冬期に少ない。


雄の頭が緋色なので「緋鳥鴨」。
アメリカヒドリの英名の別名はBaldpate。bladは「頭が白い」こと。
ハクトウワシもBaldeagle
緋色とは、赤、燃えるような紅色のほかに、黄ばんだ赤色をいう。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より


その1

d0290240_09275191.gif



その2

d0290240_09283797.gif



その3

d0290240_09292200.gif



その4

d0290240_09303624.gif



その5

d0290240_09300722.gif



その6

d0290240_09310522.gif



その7

d0290240_09313661.gif



その8

d0290240_09324691.gif



その9

d0290240_09331722.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

  風が強く、鳥撮りの日ではなかった。
    来たばかりのジョウビタキが間違って出てきた。
    久しぶりのノスリ、風が強くゆったり飛んでいた。
    青空に猛禽を待つ。

d0290240_13354808.gif



d0290240_13360514.gif




d0290240_13361674.gif





by ichibannori | 2016-10-27 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 10月 26日

アリスイ  Ⅲ

わが「美しき湿原」の主役はこの頃、中だるみである。
草刈も終わり、人間がよく見えるのか、近づかない。
それでも「一番乗り」には、やさしい。


漢字名:蟻吸
英 名:Euraslan Wryneck
科 属:キツツキ目/キツツキ科
全 長:L18cm
時 期:北海道東北地方北部では夏鳥。それ以南では旅鳥か冬鳥


長い舌を伸ばして、主にアリ類と小昆虫の成虫や卵などを
舐め取って食べるから「蟻吸」

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_19371603.gif



その2

d0290240_19383876.gif



その3

d0290240_19401986.gif



その4

d0290240_19403275.gif



その5

d0290240_19413286.gif



その6

d0290240_19414769.gif



その7

d0290240_19420788.gif



その8

d0290240_19422313.gif



その9

d0290240_19424323.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

   小春日和とは、こういう日か、しかし太陽暦では11月から12月のこんな日を言うとの事。
   アリスイは昨日と違い良く出てくれたが、猛禽は飛ばず、午前中で帰路に就く。

   ノビタキは隣の草原から給水に来るのか。
d0290240_13270629.gif



   背景は美しき湿原の水面

d0290240_13272258.gif


   タシギも水面の上を飛ぶ

d0290240_13280597.gif
 


 隣の樹林帯にて

d0290240_13284728.gif




d0290240_13292595.gif




d0290240_13295954.gif




d0290240_13294113.gif






by ichibannori | 2016-10-26 15:45 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 10月 25日

キビタキ Ⅱ


鳥撮りの先輩のブログに「自然大好き・あるがままに」が有り、
その趣旨に近づくようにと思っています。
そんなキビタキです。


漢字名:黄鶲
英 名:Narcissuus Flycatcher
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L14cm
時 期:夏鳥


火打石を打っているような「カッカッ」という鳴き声から「火焚き」となった。
この鳥の雄成鳥は、眉線、腰、喉、胸腹部が綺麗な黄色なので「黄色いヒタキ」。
「ヒタキ」は「火焚き」

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より


その1

d0290240_15305299.gif



その2

d0290240_15310245.gif



その3

d0290240_15311104.gif



その4

d0290240_15312509.gif



その5

d0290240_15313608.gif



その6

d0290240_15315198.gif



その7

d0290240_15323851.gif



その8

d0290240_15325330.gif



その9

d0290240_15331279.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

  今季一番の寒さ、いい感じである。
  日の出前にウォーキングを終了したが、汗をかき、着替える。
  さわやかに今日はと意気込むが、小鳥たちの出がよくない。
  しかしアリスイと遠くであったがコミズクの飛翔を撮る。
  遠く過ぎて改造できず記録写真となった。


d0290240_14305392.gif



d0290240_14310765.gif




d0290240_14311892.gif




d0290240_19090043.gif




d0290240_14315122.gif





by ichibannori | 2016-10-25 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 10月 24日

ツツドリ  Ⅶ

赤色型ツツドリを朝から晩まで撮る。
次の日も、そして次の日も、都合四日の滞在である。
それまでのツツドリ撮りを挽回、
それからもサプライズがあったのだ。


漢字名:筒鳥
英 名:Oriental Cuckoo
科 属:カッコウ目/カッコウ科
全 長:L33 cm
時 期:夏鳥


鳴き声が、竹筒や茶筒の口を手のひらでたたくと出る
音に似ているから「筒鳥」。
(再掲載×5)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_14542259.gif



その2

d0290240_14543291.gif



その3

d0290240_14544282.gif



その4

d0290240_14552452.gif



その5

d0290240_14561212.gif



その6

d0290240_14571578.gif



その7

d0290240_14575592.gif



その8

d0290240_14581475.gif



その9

d0290240_14583400.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

   身が締まる素晴らしき朝、東のすそ野は赤く染まっている。
   こんな日は夜明け前30分でも明るい。
   先日の反省から一番乗り、真っ暗。
   夜が明ければ空は青く、微風、小鳥撮りには向かない天気。
   案の定、虫も鳥も静か、それでもホオジロハは賑やかに動き回る。
   そんな不作の一日であったが、アオジ、ホオアカが入ってきた。
   
   背景が命の絵を掲載



    いつも協力的なモズ

d0290240_16031019.gif



     日本一の背景と思っている ノビタキ  

d0290240_16033341.gif



   今日一番の活躍したホオジロ

d0290240_16034874.gif



   ホウアカと思うんですが

d0290240_16040756.gif



    大好きなアオジ

d0290240_16042450.gif



   陽が強く顔黒のノビタキ

d0290240_16044409.gif



    こんな遠くなんです、アリスイは遠かった。(誰かの合言葉)

d0290240_16045528.gif





by ichibannori | 2016-10-24 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 10月 23日

new field かわせみ 17   一部、水面にピントを合わせています。

かわせみ撮りは原則、止まりもの。
先輩諸氏からも、言われ、今頃納得、しかし「人それぞれ」である。
言い訳として、近くの飛びものは、むづかしぃので。

秋本番から冬にかけて、一段と美しくなるカワセミ
「カワセミなんて卒業したら」なんて言わないでください。



その1

d0290240_19555665.gif




その2

d0290240_17364658.gif



その3

d0290240_17365549.gif



その4

d0290240_17370519.gif



その5

d0290240_17373144.gif



その6

d0290240_17374014.gif



その7

d0290240_17374994.gif



その8

d0290240_17375988.gif



その9    水面にピントを合わせる

d0290240_17394103.gif



その10  「その9」の絵を逆さまに遊んでいます、水鏡をどうぞ。

d0290240_17395080.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2016-10-23 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
2016年 10月 22日

ノビタキは美しき高原にて Ⅳ

曇天の朝は暗い、特に土手で遮る東の低い目線は暗い背景だ。
それでも時間が経てばそれなりに明るくなる。
その光は逆光側でも影が出来ず、ノビタキ撮りには最高だ。
晴天の光が強い時は、自分の腕では無理な話、
一発勝負のJPEGだから、補正に注意するが、ままならない。

その後幾多の場所でノビタキに合う事ができ、秋本番を堪能している。

漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥

草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
(再掲載×2)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_17220648.gif



その2

d0290240_17221761.gif



その3

d0290240_17222690.gif



その4

d0290240_17223483.gif



その5

d0290240_17230865.gif



その6

d0290240_17231820.gif



その7

d0290240_17233001.gif



その8

d0290240_17234015.gif



その9

d0290240_17235133.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

曇天の朝の暗い「緑のヘルシーロード」をウォーキング
  早や二が月を過ぎ、気持ちスリムに成りつつある。
  この冬をダウンコートの中に空気層を入れるため、悪戦苦闘している。
  人は無責任だ、歩くと体が悪くなるとか、いろいろである。
  
  さて毎シーズン春、秋とノビタキを好んで撮って、今秋もそれなりに。



    すすきに囲まれ

d0290240_11023170.gif




d0290240_11030417.gif



    セイタカアワダチソウに囲まれ

d0290240_11032046.gif



    セッカも幸せそうだ

d0290240_11033782.gif


    そばノビ、コスノビもあるが、何たってこれでしょう。

d0290240_11040048.gif





by ichibannori | 2016-10-22 12:12 | 野鳥 | Comments(0)