野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:野鳥( 1776 )


2017年 10月 10日

時々来るんです ミサゴ 02

蒸し暑しい朝、一番電車を朝焼けに入れようと毎日、湿原を一周する。
一週間前まではオオタカが日の出に合わせて来ていたが、このところ他に行っているのか。
6時になるとアリスイが鳴く、2羽で鳴きあっている。
湿原には10羽以上居ると聞いている。
ミサゴも不定期で読めない、先日の続きを掲載する。
人それぞれだが、この場所では空を飛ぶより水面がらみを撮りたい。



その1 湿原をウォーキングする際、重いカメラのセッティングが面倒で手ぶらで歩こうと思うと、
    見事な朝  朝焼けで反省、次回は重くても持とうと。
d0290240_13525027.gif




その2 サギが飛び立つのを待つと朝焼けの中に
d0290240_13531945.gif




その3  朝が早いアリスイ
d0290240_13540068.gif




その4
d0290240_13544824.gif




その5
d0290240_13552029.gif




その6 ミサゴは先日の続編、次はいつ会えるか
d0290240_13563347.gif




その7
d0290240_13565981.gif




その8
d0290240_13572582.gif




その9
d0290240_13575012.gif




その10
d0290240_13581567.gif




その11
d0290240_13591327.gif




その12
d0290240_13584581.gif




その13
d0290240_13594088.gif






by ichibannori | 2017-10-10 14:30 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 09日

時々来るんです ミサゴ 01

今シーズン、猛禽の季節になりました。

いつ来るかと待っていると、不意にやって来るんです。

でも当てに出来ません。

「ミサゴどこにいますか」なんて言われても。


漢字名:鶚
英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する
命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その前に  今日の朝焼けと一番電車、朝焼けは良い感じでした。

d0290240_13264691.gif




その1

d0290240_13265741.gif




その2

d0290240_13271196.gif




その3

d0290240_13272251.gif




その4

d0290240_13273207.gif




その5

d0290240_13274348.gif




その6

d0290240_13275678.gif



その7

d0290240_13281577.gif




その8

d0290240_13282814.gif




その9

d0290240_13284213.gif



上記の写真は午前中の出来立てほやほやです。



by ichibannori | 2017-10-09 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 08日

秋のかわせみ  Ⅶ

10月、ピラカンサスも色づいて来ました。
最終的には濃い赤になりますが、
今が旬でしょう。

漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」



その1

d0290240_20111505.gif


その2
d0290240_20144443.gif


その3
d0290240_20145351.gif


その4
d0290240_20150493.gif


その5
d0290240_20151217.gif


その6
d0290240_20152178.gif


その7
d0290240_20155235.gif


その8
d0290240_20160284.gif


その9
d0290240_20161470.gif



上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】


目まぐるしく変化の半日であった(空も鳥も)。
湿原を一周を終え車に戻るとS先輩が到着、意気込みが違うようだ。
二人でフィールドで待つが、時間が経過しても他の仲間は来ない。
すぐアリスイを撮ると、ツツドリ、カケス、他にも。
先輩はお腹いっぱいと言って帰り、自分も昼食をして帰路につく。
「みんな、どうしたの」


絶好のアリスイ日和
d0290240_14001381.gif



いつまでこの背景は有るのか
d0290240_14003420.gif



ミサゴの木の隣からツツドリが飛び出す
d0290240_14012486.gif




d0290240_14022537.gif



毎年この時期に通過するカケス
d0290240_14024295.gif




なにか飛び込んだ
d0290240_14033208.gif




d0290240_14063583.gif





by ichibannori | 2017-10-08 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 07日

雀なんですが  Ⅳ

郷土が誇るM田圃
天候不順でも梅雨が明ける、稲穂にも実がつき、
スズメ達は手ぐすね引いて待っていた。

日本におけるスズメの個体数は減少傾向にあると言われている。
気密性の高い住宅の普及によって営巣場所が減少したこと、
農村部でコンバインの普及によって落ち籾(もみ)が減少しそれによる冬季の餌が不足したことなどが可能性として挙げられている。
夏から秋にかけては稲に対する食害も起こす。
しかし、農村地帯で繁殖するスズメは、稲にとっての害虫も食べるため、
コメ農家にとっては総合的に益鳥の面が大きいともされる
Wikipediaより引用

漢字名:雀
英 名: Eurasian Tree Sparrow
科 属:スズメ目/スズメ科
全 長:L14cm 
時 期:留鳥または漂鳥。
環 境:市街地から山地の人家のあるところ、農耕地、川原など。


命名の由来:鳴き声から「スス」、そこに「鳥」「群れ」を意味する「メ」がついた。
      「スス」には「小さい」という意味も。

     (再掲載×3)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_05581015.gif

その2
d0290240_05582291.gif

その3
d0290240_05583062.gif

その4
d0290240_05584507.gif

その5
d0290240_05585342.gif

その6
d0290240_05590263.gif

その7
d0290240_05593842.gif

その8
d0290240_05594740.gif

その9
d0290240_06000172.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

予報通りの雨の朝、自宅待機、いいじゃないか。
昨日パソコンの入れ替えと設定、ソフトの導入を終わり、頗る順調に動いているように思う。
写真データも外付けハードディスクから取り込む。
一から見ているが、連射の写真が良くない。
シャッターを押しているとずれが生じているようだ。
三脚+雲台+レンズ+カメラを動かないように固定しなければと反省。
そんなデータを見ながら救済された「アリスイ」をどうぞ。


同じポーズのたくさんの絵が無残にもピンボケ
d0290240_14393717.gif



d0290240_14395416.gif



d0290240_14401855.gif



モ゛ズとアリスイは仲良しなんだろうが
d0290240_14405337.gif



この連射はそれなりに撮れたか
d0290240_14411099.gif



d0290240_14412734.gif



d0290240_14414670.gif






by ichibannori | 2017-10-07 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 06日

美しき湿原は白鷺のパラダイス

我ら仲間の冬鳥の探鳥地 美しき湿原(勝手に命名)
今年は9月19日に初撮り、例年鳥との前に湿原の周りをウォーキングをする、出来れば二周
今年、湿原に踏み込むと白い塊が横に並ぶ、ビックリ、そして湿原の水面が昨年とは違う、水深が浅い
白い塊群を見るとサギの仲間たちだ、県南にあるサギのコロニーは有名だが、ここも捨てたもんでもないだろう。
このコロニーもどきも独り占めだ。


漢字名:  大鷺       中鷺           小鷺
英 名: Great Egret    Intermediate Egret    Little Egret
科 属: ペリカン目/サギ科
全 長: L88~98cm     L68cm        L6Ⅰcm 
時 期: 夏鳥、漂鳥。一部冬鳥。
環 境: 河川、湖沼、池、水田、湿地、加工、干潟など。

命名の由来:サギの語源は白露のような透明な羽をしているので、「鷺」といい、それを強調して「シラサギ」。
 日本のシラサギは小・中・大の3種。
        大きさ以外にも嘴や脚の色の相違などからも見分けられる。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1   日の出時間、薄暗さがよい

d0290240_19563401.gif


その2   新都心のビル群 県のシンボル三角山の武甲山が見える時期になった
d0290240_19582809.gif


その3  少しづつ空が青くなって来る
d0290240_20001843.gif


その4  この水深だったら白鳥も居ついてくれるだろう
d0290240_20013777.gif


その5
d0290240_20023568.gif


その6
d0290240_20025270.gif


その7
d0290240_20030609.gif


その8
d0290240_20031809.gif


その9   この日はオオタカと6時間
d0290240_20032783.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

暗い寒い朝、湿原を一周しても暗かった。
久しぶりの鳥友と会いフィールドへ向かったが、まだ暗い。
しかし、どうしたことかアリスイが迎えてくれた。暗いがカメラが何とかしてくれる。
その後アガゲラにも会え、後ろ姿のアカガシラサギを見ることが出来、アリスイ撮りに専念した。
曇天の今にも雨が降りそうな日であったが写真撮りとしては良い光線を得ることが出来た。


後ろ姿のアカガシラサギ
d0290240_15190912.gif



よく見かけるアカゲラ
d0290240_15192975.gif



d0290240_15193801.gif



ススキとセイタカアワダチソウは良い感じ
d0290240_15194683.gif



d0290240_15202378.gif




d0290240_15204354.gif




d0290240_15210240.gif



d0290240_15211591.gif







by ichibannori | 2017-10-06 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
2017年 10月 05日

サプライズ  チョウゲンボウ

天気予報通り平穏な朝、湿原は12℃、ウォーキングをしているとは心地よい。
動きが止まると体に身にしみる寒さ、新しい防寒着が着たく、いいじゃないか。
オオタカを待っていたが3日間現れず、アリスイスポツトに戻る。
昨日に続いてチョウゲンボウが狩りに来たのを目で追うと、枯れ木に止まる。
遠くで行くかどうか判断を躊躇していたが、それは普段の鍛えた足、三脚を担いて走る、待っていてくれた。
すぐに背景を探し、お気に入りの背景を決め、飛び出しに備えた。
最近そんな状況を想定してかまえているので、大成功、サプライズであった。


漢字名:長元坊
英 名:Common Kestrel
科 属:ハヤブサ目/ハヤブサ科
全 長:L35cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:平地から高山の草地、農耕地、川原、埋め立地など。

命名の由来:下から見た飛ぶ姿がヤンマに似ている。
      ヤンマを方言で「ゲンザンボー」などと言うことから「鳥ゲンボー」とか。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_13245778.gif


その2

d0290240_13250837.gif


その3

d0290240_13251618.gif


その4

d0290240_13252457.gif


その5

d0290240_13253739.gif


その6

d0290240_13254529.gif


その7

d0290240_13261981.gif


その8

d0290240_13262838.gif


その9

d0290240_13264749.gif


その10

d0290240_13265678.gif





by ichibannori | 2017-10-05 15:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 04日

オオタカ  Ⅱ

湿原は水鳥も多く狩場としてテリトリーしたようだ。
いつまで居てくれるか、楽しみたい。

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。

漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
     (再掲載)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 


その1

d0290240_18522538.gif

その2
d0290240_18523241.gif

その3
d0290240_18524062.gif

その4
d0290240_18525009.gif

その5
d0290240_18525973.gif

その6
d0290240_18532807.gif

その7
d0290240_18540283.gif

その8
d0290240_18544916.gif

その9
d0290240_18550300.gif


上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

車が走りだすと空の様子がおかしい、予報と違うじゃないか。暗い、雨が降って来た、それでも到着する。
車の中で待機する、風が強くなって来る、黒い雲、一番列車が通過、暗い、しかし「明けない夜は無い」。
少しずつ明るくなったが、体が冷える、今季初めて防寒着着用。
日の出時間は過ぎ、オオタカに会いに行くが獲物も出てこず、今日の狩りは様子見か。
アリスイスポットに戻るが、こちらもモズが元気に飛び回っているが、アリスイさんは寝ているようだ。
帰る時間が迫るなか、周りは明るくなり、舞台は揃って真打が登場する。
ベストな撮影コンディションで撮ることか出来て、息子の嫁さんの家族と会うための準備に帰った。
明日は午後新しいパソコンと設定で格闘になりそうだ。



その1  遠くのススキの束がオオタカに見えてしまう
d0290240_15014444.gif


その2
d0290240_15015905.gif


その3
d0290240_15021551.gif


その4 この時期だけの黄葉と背景の緑
d0290240_15022906.gif


その5
d0290240_15032916.gif


その6
d0290240_15035411.gif


その7
d0290240_15052633.gif


その8
d0290240_15054350.gif


その9
d0290240_15061280.gif


その10
d0290240_15062660.gif







by ichibannori | 2017-10-04 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 03日

水辺の貴婦人  14



幼鳥も9月になれば大きくなります。
すこし有機をだして親から離れてみます。


【 セイタカシギ 】

漢字名:丈高鷸
英 名:Black-winged Stllt
科 属:チドリ目/セイタカシギ科
全 長:L37cm
時 期:旅鳥または留鳥


命名の由来:脚が長く背丈が高いので「丈高鷸」。英名のStlltは竹馬。
      まさに竹馬に乗ったようなプロポーション。
      美しさと優雅さで「水辺の貴婦人」ともいわれる。
(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1

d0290240_13433958.gif

その2
d0290240_13434779.gif

その3
d0290240_13435450.gif

その4
d0290240_13440486.gif

その5
d0290240_13442132.gif

その6
d0290240_13442900.gif

その7
d0290240_13450530.gif

その8
d0290240_13451637.gif

その9
d0290240_13452897.gif



上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】





by ichibannori | 2017-10-03 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 02日

今日の湿原です

10月に入り順調に涼しく過ごしやすくなった。
オオタカも連日、6時頃池の中島に降りたが、様子が変わって来た。
人が気になるのか、今日は離れた木に隠れていた。
そこから今日のスタート、狩りが容易でないのか色んな場所で楽しむことが出来た。
アリスイ撮りの絶好の日、待った甲斐があり、良い色で撮ることが出来、
サプライズはキセキレイとアカゲラと会うことが出来た。



その1   予想外の朝焼け、曙色がその後、空全体を染めた

d0290240_13050199.gif


その2
d0290240_13063230.gif


その3
d0290240_13065230.gif


その4
d0290240_13072874.gif


その5
d0290240_13074184.gif


その6
d0290240_13075220.gif


その7
d0290240_13080447.gif


その8
d0290240_13081734.gif


その9
d0290240_13085324.gif


その10
d0290240_13090633.gif


その11
d0290240_13091901.gif


その12
d0290240_13094122.gif


その13
d0290240_13100114.gif




by ichibannori | 2017-10-02 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
2017年 10月 01日

秋のかわせみ  Ⅵ

ピラカンサスも10月に入り色づいてきました。
最終的には濃い赤になりますが、
旬が続いています。

漢字名:翡翠
英 名:Commoon Kingfisher
科 属:ブッポウソウ目/カワセミ科
全 長:L17cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:海岸から低山の河川、湖沼、池など。

命名の由来:鳴き声「そび」「せび」から「せみ」になり、
      川などの水辺にいるのでカワセミという名前になった。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」



その1

d0290240_19375653.gif


その2
d0290240_19380310.gif


その3
d0290240_19381187.gif


その4
d0290240_19382097.gif


その5
d0290240_19383141.gif


その6
d0290240_19384182.gif


その7
d0290240_19392436.gif


その8
d0290240_19393458.gif


その9
d0290240_19395003.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

北極星を見ながら車に乗る、冷えた朝、汗かきの肌が心地よい。
それでもウォーキング後の着替えは用意している。
曇天より快晴の空は暗い、歩き始めから東の空はチェック、半周過ぎるころに曙色が混じって来た、良い感じだ。
お気に入りの場所で一番電車を待つ、明るくなるのが予想より早く、
オオタカの出る場所に急ぎ、今日は間に会った。
Sさんと一緒にカメラに収め、初期の目的を達成、アリスイを撮って帰る。



一番電車は5時6分
d0290240_14542509.gif



スカイツリーも良く見える

d0290240_14543475.gif



d0290240_14544199.gif



オオタカの到着 5時48分

d0290240_14545185.gif



遠くの島に移動

d0290240_14550459.gif



まだ軟らかい陽のうちに

d0290240_14551699.gif



この後ガビチョウも現れる

d0290240_14552897.gif





by ichibannori | 2017-10-01 16:00 | 野鳥 | Comments(0)