2017年 04月 09日 ( 1 )


2017年 04月 09日

ベニマシコ 31

喧騒から逃れて、静寂でスローライフを楽しむために居住地を、
日本一の桜の回廊をウォーキング出来る位置に移した。
晩秋から早春まで「ベニマシコ命」としては血が騒ぐ時期なのである。
今シーズンは居住地が功を奏した。
グーグルで距離を測ってみたが歩きで600m、機材があるから車で3分の距離、
鳥撮りに明日はないという「ことわざ」ゆえ整理が出来ぬほど撮って、ボケ畑に移動する。
ボケ畑の撮影は被りやすいので、集中力と辛抱だ。
出ないからと言って位置を移動すると、結果的に良くないのである。
そんなベニマシコシーズンも終わり夏鳥を迎えたい。



漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×30)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_08525468.gif



その2

d0290240_08530326.gif



その3

d0290240_08531141.gif



その4

d0290240_08531953.gif



その5

d0290240_08532713.gif



その6

d0290240_08533617.gif



その7

d0290240_08542392.gif



その8

d0290240_08543674.gif



その9

d0290240_08545113.gif






by ichibannori | 2017-04-09 12:00 | 野鳥 | Comments(0)