野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 12日

ミサゴ 20

昨年はミサゴに助けられた。

12月も近くで餌をとれるのか南下をとどまり、時々挨拶に来てくれる。

はたして今月はどうなるか。

美しい猛禽を見たい


漢字名:鶚
英 名:Western Osprey
科 属:タカ目/ミサゴ科
全 長:L57cm
時 期:留鳥。寒冷地のものは冬、暖地へ移動する


命名の由来:水中を探って魚を捕ることから「水探」→「みさご」。

(再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 より



その1

d0290240_16061673.gif


その2

d0290240_16062495.gif



その3

d0290240_16063330.gif



その4

d0290240_16070221.gif



その5

d0290240_16071812.gif



その6

d0290240_16072694.gif



その7

d0290240_16080467.gif



その8

d0290240_16081363.gif



その9

d0290240_16082603.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】

湿原の朝、想定より寒い、手袋の中に優れもの「ZIPPOハンデーウォーマー」を入れたが

手の先は痛くなるほどの冷たさ、-6.5℃の世界、馬鹿なことをやっているは自分ひとりのようだ。

定点を撮りながら東の空を見ると良さそうな朝焼け、だから辞められない。

朝焼けの映り込みも素晴らしく、カンムリカイツブリをモデルにしてみる。

ベニ場に到着し寒さと我慢比べをしいてると鳥は藪の中に動きが、そのうち表に出てきたが

証拠写真を撮り、半日は終わった、猛禽も飛んでいるようだったが当分パスをする。


d0290240_14004706.gif



d0290240_14010198.gif



d0290240_14011358.gif


猛禽の飛翔は手強いが、ここに居れば誰でも撮れる
d0290240_14012586.gif


一瞬北東方向に朝靄が

d0290240_14023616.gif


証拠写真写真のベニが続く

d0290240_14033293.gif



d0290240_14040466.gif


真面目に撮らなかったら一枚しかピントがこない ノスリ
d0290240_14043540.gif


昨日PCのアクシデントにより出す事が出来なかった行けば撮れるベニ君たち
d0290240_14051503.gif



d0290240_14053074.gif



d0290240_14054272.gif






by ichibannori | 2018-01-12 14:30 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by suzuzoo3 at 2018-01-12 21:41
こんばんは! はじめまして。
いつも大好きな鳥さんの画像を堪能させていただき
眼福なひとときをいただいています。
こんなに沢山の野鳥が!! と。
群れる鳥さん達、孤高の凛とした鳥さん…。素晴らしい作品ばかりです!
これからも鳥さん達の素敵な表情を楽しみにしています。
Commented by chiwari-yuki-y2 at 2018-01-13 05:39
黒いのは、カラスですか?
ケンカしているんでしょうか?縄張り争い?
空中で、こんな光景が繰り広げられているんですね。
イイネ済なので、ランキングだけクリックしていきます。
また明日も楽しみにしてます。
Commented by ichibannori at 2018-01-13 14:29
suzuzoo3さん こんにちは
ホンワカするブログを楽しませて頂いています。
私の行動半径は自宅から20㌔範囲内で毎日鳥見をしています。
冬鳥は北の方からのお客様が多く春まで滞在していますので、それを。
時々範囲以外に出ますが、来週はその予定です。
今後ともどうかよろしく。
Commented by ichibannori at 2018-01-13 14:38
chiwari-yuki-y2さん こんにちは
訪問有り難うございましす。
カラスさんひつこいんです。
猛禽を見つけると司令塔のカラスが鳴き、仲間に知らせチョッカイをだしにやってきます。
時々体当たりのような事をしますが、まれに。
成果を上げれば退散します。
猛禽たちは付き合って居るようですが本気を出せば、強いんです。
県西の湖ではオオタカがカラスを沈めたこともあるそうです。
この時期カラスさんも餌が無く集団で無くなっているニュースもお聞きしました。
今後もよろしくお願いします。
名前
URL
削除用パスワード


<< 湿原では珍しいキセキレイ      コハクチヨウ  Ⅰ >>