野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 16日

ベニマシコがやって来た Ⅰ

撮ることが出来ました。

11月中頃から見る事が出来た、写真には成らない、ただ見るだけ。

今月に入り下草や木々の実も風に飛ばされ、やっとセイタカアワダチソウに載ってくれた。

そこで食べ始めると少しは撮る事が出来る。

北のの大地のみなさん、やっと撮る事が出来るようになりました。

4月まで大事に預かりますから。


漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など


命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。
マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
     山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 



その1

d0290240_12502403.gif


その2

d0290240_12504575.gif



その3

d0290240_12505612.gif



その4

d0290240_12510602.gif



その5

d0290240_12512205.gif



その6

d0290240_12513517.gif



その7

d0290240_12514842.gif



その8

d0290240_12520365.gif



その9

d0290240_12521608.gif







by ichibannori | 2017-12-16 13:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 5年間完走出来ました      モズも映えます、美しき湿原 Ⅱ >>