野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 19日

湿原のノビタキ Ⅳ

寒い朝も元気で近所の草取りを1時間した後、昨日のクロホオズキを撮ろうと思ったが

天気が良すぎて影ができるので断念する。

午後はウォーキングに。


さて「ノビタキ」はどこまで南下したか、対馬から大陸に渡ったか、菜の花の咲くころに再会したい。


漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥
命名の由来:草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
      雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
     (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 




その1

d0290240_17100478.gif




その2

d0290240_17101483.gif




その3

d0290240_17102239.gif




その4

d0290240_17102965.gif




その5

d0290240_17103681.gif




その6

d0290240_17104490.gif




その7

d0290240_17112045.gif




その8

d0290240_17113165.gif




その9

d0290240_17114414.gif




上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】


午後のウォーキング

風も止み、冷たい空気は心地よい、それでも家に到着すると汗びっしょり。


アオサギとダイサギと東京スカイツリー

d0290240_16010969.gif


定点観測、お気に入りの場所

d0290240_16012468.gif


田んぼもお休みです

d0290240_16020948.gif


レタス畑、近くのネギも良い育ち、野菜は値が上がっているとか
d0290240_16030335.gif







by ichibannori | 2017-11-19 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 初冬のかわせみ Ⅲ      アリスイは美しき湿原にて  Ⅷ >>