野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 07日

湿原のノビタキ Ⅱ

昨年に続く湿原にて撮ることが出来ました。
今まで撮っていた草原や田んぼでは木はあまり生えていません。
そのかわりセイタカアワダチソウのような高い草に止まって虫
を探しています。
この湿原では背の低い木も多く、それに止まって虫に一目散で飛びかかります。
皆さんが撮っている絵とは雰囲気が異なると思います。
ノビタキの表情も一味違うような絵になりました。
マニアルで飛びつきをねらっています。


漢字名:野鶲
英 名:African Stonechat
科 属:スズメ目/ヒタキ科
全 長:L13cm
時 期:夏鳥


命名の由来:草原や農耕地などで、野で見られるヒタキなので「野鶲」。
      雄の夏羽に首飾り模様があるので、「首環のある」という意味の種小名。
     (再掲載)

山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前より 


その1

d0290240_08325077.gif




その2

d0290240_08325711.gif




その3

d0290240_08330388.gif




その4

d0290240_08331141.gif




その5

d0290240_08331902.gif




その6

d0290240_08332663.gif




その7

d0290240_08340556.gif




その8

d0290240_08341358.gif




その9

d0290240_08342555.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】


湿原のミサゴ獲りもマンネリ化、心をリフレッシュのために朝のウォーキングに。

田んぼに出ると朝靄と東の空は朝焼けの残りと西の空は丸い月、いいじゃないか。

こんなのを60倍のコンデジで残して置きゃなかと真剣になる。

良いロケーションを探して帰宅したら一万歩を超えていた。

明日は何処へ


d0290240_09092993.jpg


d0290240_09100177.jpg

丸い月も
d0290240_09102219.jpg



d0290240_09110170.jpg

遠くの白いビル群はわが街
d0290240_09112623.jpg



d0290240_09122101.jpg


d0290240_09124256.jpg



d0290240_09131332.jpg







by ichibannori | 2017-11-07 12:00 | 野鳥 | Comments(4)
Commented by youko19530222 at 2017-11-07 18:53
素晴らしいウォーキングコースですねぇ✨✨
Commented by ichibannori at 2017-11-07 19:25
ヨウコさん こんばんは
いつも「イイネ」ありがとうございます。
暗いうちから大勢の方々が歩いている素晴らしき田んぼです。
四季折々話題には尽きません、特に自慢なのは日本一の桜回廊です。
春から紹介していますが、秋の曼珠沙華もなかなかです。
Commented by chiwari-yuki-y2 at 2017-11-08 04:49
ノビタキっていうのですね。
こういう鳥を、遠目で見たこといっぱいある気がしますが、
全部「小鳥」で済ませて来たような…
愛らしいですね。あっち向いたりこっち向いたり^^
それから、田んぼと朝もやのお写真もとても素敵ですね!
イイネありがとうです。
イイネ済みなので、ランキングのクリックだけ…また、次の更新、楽しみにしてます。
Commented by ichibannori at 2017-11-08 16:55
chiwari-yuki-y2さん こんにちは
ノビタキは渡り鳥です。
春と秋に通過します、夏は高原に、冬は東南アジアに渡ってゆきます。
今頃は四国か九州あたりで栄養を蓄えて海を渡るでしょう。
春は1~2日の滞在、秋は長くて一週間位です。
つぶらな瞳、可愛いですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 初冬のかわせみ Ⅱ      時々来るんです ミサゴ Ⅸ >>