野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 05日

サプライズ  チョウゲンボウ

天気予報通り平穏な朝、湿原は12℃、ウォーキングをしているとは心地よい。
動きが止まると体に身にしみる寒さ、新しい防寒着が着たく、いいじゃないか。
オオタカを待っていたが3日間現れず、アリスイスポツトに戻る。
昨日に続いてチョウゲンボウが狩りに来たのを目で追うと、枯れ木に止まる。
遠くで行くかどうか判断を躊躇していたが、それは普段の鍛えた足、三脚を担いて走る、待っていてくれた。
すぐに背景を探し、お気に入りの背景を決め、飛び出しに備えた。
最近そんな状況を想定してかまえているので、大成功、サプライズであった。


漢字名:長元坊
英 名:Common Kestrel
科 属:ハヤブサ目/ハヤブサ科
全 長:L35cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:平地から高山の草地、農耕地、川原、埋め立地など。

命名の由来:下から見た飛ぶ姿がヤンマに似ている。
      ヤンマを方言で「ゲンザンボー」などと言うことから「鳥ゲンボー」とか。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より




その1

d0290240_13245778.gif


その2

d0290240_13250837.gif


その3

d0290240_13251618.gif


その4

d0290240_13252457.gif


その5

d0290240_13253739.gif


その6

d0290240_13254529.gif


その7

d0290240_13261981.gif


その8

d0290240_13262838.gif


その9

d0290240_13264749.gif


その10

d0290240_13265678.gif





by ichibannori | 2017-10-05 15:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 美しき湿原は白鷺のパラダイス      オオタカ  Ⅱ >>