野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 15日

オオタカ Ⅲ

湿原は水鳥も多く狩場としてテリトリーしたようだ。
いつまで居てくれるか、楽しみたい。

環境省は2017年9月21日、絶滅の恐れがある国内希少野生動植物種(希少種)のオオタカについて、
個体数が増えたとして指定を解除した。

漢字名:大鷹、蒼鷹
英 名:Northerm Goshawk
科 属:タカ目/タカ科
全 長:♂L50cm ♀L56cm
時 期:九州以北では留鳥、南西諸島ではまれな冬鳥


命名の由来:本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ、雄は雌より小さく、
      「せう」と呼ばれていた。
  (再掲載×多数)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前 




その1

d0290240_15413490.gif




その2

d0290240_15414330.gif




その3

d0290240_15415034.gif




その4

d0290240_15415738.gif



その5

d0290240_15420505.gif



その6

d0290240_15421539.gif



その7

d0290240_15424892.gif



その8

d0290240_15425948.gif



その9

d0290240_15431061.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のひと言】


今日も雨、自宅待機でもデータの整理に勤しんでいるので明日も明後日も

構わないですが、現役組の方々にはお気の毒です。


大好きなベニマシコ、仙台は通過したんでしょうか、今頃上州あたりで骨休めしているかもしれません。

待っていますんで、今年はセイタカアワダトソウが少ないように感じます。


このオオタカのすぐ近くで撮ったお気に入りです。


d0290240_14322485.jpg








by ichibannori | 2017-10-15 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< アリスイは美しき湿原にて  Ⅱ      霧の湿原にミサゴが Ⅳ >>