野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 06日

美しき湿原は白鷺のパラダイス

我ら仲間の冬鳥の探鳥地 美しき湿原(勝手に命名)
今年は9月19日に初撮り、例年鳥との前に湿原の周りをウォーキングをする、出来れば二周
今年、湿原に踏み込むと白い塊が横に並ぶ、ビックリ、そして湿原の水面が昨年とは違う、水深が浅い
白い塊群を見るとサギの仲間たちだ、県南にあるサギのコロニーは有名だが、ここも捨てたもんでもないだろう。
このコロニーもどきも独り占めだ。


漢字名:  大鷺       中鷺           小鷺
英 名: Great Egret    Intermediate Egret    Little Egret
科 属: ペリカン目/サギ科
全 長: L88~98cm     L68cm        L6Ⅰcm 
時 期: 夏鳥、漂鳥。一部冬鳥。
環 境: 河川、湖沼、池、水田、湿地、加工、干潟など。

命名の由来:サギの語源は白露のような透明な羽をしているので、「鷺」といい、それを強調して「シラサギ」。
 日本のシラサギは小・中・大の3種。
        大きさ以外にも嘴や脚の色の相違などからも見分けられる。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1   日の出時間、薄暗さがよい

d0290240_19563401.gif


その2   新都心のビル群 県のシンボル三角山の武甲山が見える時期になった
d0290240_19582809.gif


その3  少しづつ空が青くなって来る
d0290240_20001843.gif


その4  この水深だったら白鳥も居ついてくれるだろう
d0290240_20013777.gif


その5
d0290240_20023568.gif


その6
d0290240_20025270.gif


その7
d0290240_20030609.gif


その8
d0290240_20031809.gif


その9   この日はオオタカと6時間
d0290240_20032783.gif




上記の写真は在庫品です。


【今日のトピックス】

暗い寒い朝、湿原を一周しても暗かった。
久しぶりの鳥友と会いフィールドへ向かったが、まだ暗い。
しかし、どうしたことかアリスイが迎えてくれた。暗いがカメラが何とかしてくれる。
その後アガゲラにも会え、後ろ姿のアカガシラサギを見ることが出来、アリスイ撮りに専念した。
曇天の今にも雨が降りそうな日であったが写真撮りとしては良い光線を得ることが出来た。


後ろ姿のアカガシラサギ
d0290240_15190912.gif



よく見かけるアカゲラ
d0290240_15192975.gif



d0290240_15193801.gif



ススキとセイタカアワダチソウは良い感じ
d0290240_15194683.gif



d0290240_15202378.gif




d0290240_15204354.gif




d0290240_15210240.gif



d0290240_15211591.gif







by ichibannori | 2017-10-06 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by popo119-32 at 2017-10-06 21:59
こんばんは(^_-)-☆
暗いがカメラが何とかしてくれる…ではなく
やはり腕が良いのでしょうね
素晴らしいです
Commented by ichibannori at 2017-10-07 06:24
popo119-32さん こんにちは
いろんなレンズを持っていますが、やはり明るいレンズ(F2.8)かが必要なようです。
以前ズームのF6.3では太刀打ちできませんでした。
名前
URL
削除用パスワード


<< 雀なんですが  Ⅳ      サプライズ  チョウゲンボウ >>