野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 24日

アオバズク  Ⅱ


この十年アオバズクは撮っている、毎年撮りたいものだ。
直近2~3年は規制が厳しく楽しく撮れる場所ではない。
そこで実家の近くの屋敷林にアオバズクが居ると聞き出向いた。
誰もいない独りで撮る。

漢字名:青葉木菟
英 名:Brown Hawk-Owl
科 属:フクロウ目/フクロウ科
全 長:L29 cm
時 期:夏鳥


命名の由来:羽角(うかく)のあるふくろう類をウサギに見立てて「木兎」という。
      羽角はないがズクの類で、青葉のころに現れるから「青葉木菟」。
      (再掲載)
      山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より




その1

d0290240_13445013.gif



その2

d0290240_13450715.gif



その3

d0290240_13451510.gif



その4

d0290240_13482609.gif



その5

d0290240_13483517.gif



その6

d0290240_13484602.gif



その7

d0290240_13492350.gif



その8

d0290240_13493535.gif



その9

d0290240_13495229.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】





by ichibannori | 2017-07-24 16:00 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by ruolin0401 at 2017-07-24 21:33
富士への散歩道です。
当方ブログにコメントありがとうございます。
貴殿の写真には以前より興味があり覗かせていただいていました。
これから宜しく。
Commented by ichibannori at 2017-07-25 08:05
ruolin0401さん こんにちは
雨が降りだしそうな朝、散歩から帰りシャワーを。
すがすがしい気持ちになり今日も始まります。
もちろん朝ではの風景も撮ってきました。

鳥撮りは近場の夜明けの設定でのんびり撮って行こうと思っています。
名前
URL
削除用パスワード


<< 若いって、いいなあ      コヨシキリ Ⅰ >>