野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 13日

フクロウ Ⅱ



静かになった森、運が良ければ親子を見つけられるようだ。


漢字名:梟
英 名:Ural Owl
科 属:フクロウ目/フクロウ科
全 長:L50cm
時 期:留鳥


命名の由来:フクロウの名前は鳴き声が由来。
      各地にさまざまな方言がある。
      1. 五郎助奉公
      2. ぼろ着て奉公
      3. 法法、五郎助奉公 など
  (再掲載×)
山と渓谷社刊 日本の野鳥、野鳥の名前  より



その1

d0290240_08411482.gif



その2

d0290240_08412307.gif



その3

d0290240_08413471.gif



その4

d0290240_08414340.gif



その5

d0290240_08415384.gif



その6

d0290240_08420201.gif



その7

d0290240_08424054.gif



その8

d0290240_08425106.gif



その9

d0290240_08430172.gif



上記の写真は在庫品です。





【今日この頃】

気象庁も困っているだろう。
九州では梅雨が明けたとこじつけたが。
わが関東では、今の気象変化が安定したら梅雨明けか、実は六月に明けたとか、考えるのか。
本当は梅雨がなかったと予想するが。
このところ鳥撮りしない日は、夜が明けたらウォーキング、コンデジとD500+18-300を交互に持ち出し、
試験のこの頃である。
今日コンデジでカワセミを撮ったが人に見せられるレベルではない。
やはり鳥撮りは一眼になるようだ。
連日、友からオイカワとササゴイの情報をいただくが川の水の流れもあり容易ではないようだ。
そこで先日の遠くから狙った「待宵草とササゴイ」をどうぞ。

d0290240_13540102.gif



by ichibannori | 2017-07-13 16:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 今年も蓮かわせみです  Ⅱ      ケリ Ⅴ >>