野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 04日

チョウゲンボウ Ⅱ

桜の回廊の中には大きな公共物がある。
その一部を利用してチョウゲンボウは巣を作る。
雛の餌か、抱卵中の雌のためか川沿いを餌探しをしている。
川沿いの土手には、からし菜が黄色く咲き、のどかなMFである。


漢字名:長元坊
英 名:Common Kestrel
科 属:ハヤブサ目/ハヤブサ科
全 長:L35cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:平地から高山の草地、農耕地、川原、埋め立地など。

命名の由来:下から見た飛ぶ姿がヤンマに似ている。
      ヤンマを方言で「ゲンザンボー」などと言うことから「鳥ゲンボー」とか。
(再掲載)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_14593361.gif


その2

d0290240_14594125.gif


その3

d0290240_14594904.gif


その4

d0290240_14595731.gif


その5

d0290240_15000797.gif


その6

d0290240_15001570.gif


その7

d0290240_15004968.gif


その8

d0290240_15010537.gif


その9

d0290240_15011891.gif


上記の写真は在庫品です。



【今日のトピックス】

天気予報と少し違う暗い曇天の朝
5時前に森に着く、見上げながら高い枝を見ると雌が止まっている。
ISO4000にし、絞りは開放、補正の+を上げるが、シャッタースピード1/20秒ではどうにもならず。
順光側に立ち位置を取る。
三脚、雲台を固め、レンズに手を置きブレ防止に努める、
シャッター速度も1/20から1/60まで上がり何とか撮ることが出来た。
以前のD300S、D3Sでは太刀打ちできなかったろう。
D500はすごい、自分で見てもノイズか気にならないISO4000
6時台にノルマも達成し、フィールドを去る。

d0290240_11055625.gif



d0290240_11061450.gif



d0290240_11062544.gif



d0290240_11064493.gif



d0290240_11070082.gif



d0290240_11071447.gif



d0290240_11072942.gif





by ichibannori | 2017-05-04 14:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 子供の日、五月晴れ記念 ツミ特別編      初夏のカワセミなんです Ⅰ >>