野鳥との出会い

ichibannor.exblog.jp
ブログトップ
2017年 04月 13日

チョウゲンボウ 1

この時期よく目にする、解説本によると留鳥または漂鳥といわれている。
しかし考えよう、我々がその時期になると、その場所に行く。
「漂鳥」さんと名乗る鳥友がいる、自分が動いて撮りを探すから「漂鳥」かな。
バーダーが漂鳥人間ではないかと思う。

漢字名:長元坊
英 名:Common Kestrel
科 属:ハヤブサ目/ハヤブサ科
全 長:L35cm 
時 期:留鳥または漂鳥
環 境:平地から高山の草地、農耕地、川原、埋め立地など。

命名の由来:下から見た飛ぶ姿がヤンマに似ている。
      ヤンマを方言で「ゲンザンボー」などと言うことから「鳥ゲンボー」とか。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_20564225.gif



その2

d0290240_20564929.gif



その3

d0290240_20565652.gif



その4

d0290240_20570431.gif



その5

d0290240_20571500.gif



その6

d0290240_20572521.gif



その7

d0290240_20581516.gif



その8

d0290240_20583156.gif



その9

d0290240_20584011.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】






by ichibannori | 2017-04-13 06:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ベニマシコ 34      ベニマシコ 33 >>