2017年 02月 26日

ベニマシコ Ⅺ

二月初旬までの絵
背景が葦の色でストレスが溜まっていたが。



漢字名:紅猿子
英 名:Long-tailed Rosefinch
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L15cm
時 期:漂鳥
環 境:平地から低山の草原、湿原、灌木林など

命名の由来:「ましこ」はサルの古名、
ニホンザルの顔のように、体が赤い鳥だから。

マシコと呼ぶ4種(ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、ベニマシコ)は、
分類学上別の属である。
(再掲載×10)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_16153528.gif



その2

d0290240_16154345.gif



その3

d0290240_16155213.gif



その4

d0290240_16160283.gif



その5

d0290240_16161428.gif



その6

d0290240_16162417.gif




その7

d0290240_16170262.gif




その8

d0290240_16171466.gif




その9

d0290240_16232086.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


何時もの日曜日だったらスポーツ観戦で休撮日、しかしベニ場は旬で覗かなくてはと、
フィールドに立つ、しかし様子が違うのだ。
元々逆光側は撮るつもりもなく、順光側で待機、ネコヤナギも芽吹き、アトリが留まる。
アリスイも元気だ。
そのうち一段と赤くなったベニマシコがやってきた。
今日も撮ってしまった。
明日も期待出来るか、ワクワクである。


d0290240_10271754.gif



アオジも黄色が増してきた

d0290240_10272706.gif




来年は無いかもしれないから

d0290240_10273555.gif



今シーズンのベニ雄を見てください、初めから赤かったがこのところ一段と赤が増してきました。

d0290240_10274594.gif





d0290240_10275258.gif




d0290240_10285641.gif






d0290240_10292881.gif




d0290240_10294340.gif



いま昭和のフォーク集、「山本潤子の翼をください」を聞きながら編集していたら
追加したくなりました。

d0290240_14312024.gif





by ichibannori | 2017-02-26 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< コイカル Ⅱ      アトリ Ⅵ >>