2017年 02月 18日

ホオジロガモ Ⅲ

鳥撮りは自己満足の世界
水辺の鳥は数多くは知りませんが珍しい鳥、
山野の野鳥と違って鮮やかな鳥に会うこともできます。
オシドリなんて人間が造ったロボットかと思うほど。
派手な鳥を入門編として数を増やしています。
その中にホオジロガモが居るんです。


漢字名:頬白鴨
英 名:Common Goldeneye
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L45cm
時 期:冬鳥
環 境:内湾、港、河口、湖沼、池、河川など。

命名の由来:雄の頬が白いから「頬白鴨」。
(再掲載×2)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_07353917.gif



その2

d0290240_07354960.gif



その3

d0290240_07355636.gif



その4

d0290240_07360493.gif



その5

d0290240_07361234.gif



その6

d0290240_07362084.gif



その7

d0290240_07363087.gif



その8

d0290240_07363939.gif



その9

d0290240_07364815.gif



上記の写真は在庫品です。





【今日のトピックス】

昨日の天気予報によると風もあり晴天では、鳥撮りは休もうと決めていた。
そこは早起きは三文の徳とは好く言ったものだ。
明るくなって外を見れば曇って風はなし、直線で500m、車で700mの近くのベニ場へ、
気温が高く軽装でフィールドに、今月になって四日目の鳥撮り、空を見れば雲の隙間から陽が
出るが全体的に明るい曇天、そのうち鳥はセイタカアワダチソウに乗り、半逆光側から
またもやシャッターを消耗してしまった。
一時間半の鳥撮り、今日も良かったんではないか。

d0290240_09371011.gif



d0290240_09371806.gif



d0290240_09372662.gif



d0290240_09373496.gif




d0290240_09374708.gif





by ichibannori | 2017-02-18 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< イカル Ⅰ      ベニマシコ Ⅸ >>