2017年 02月 15日

コイカル Ⅰ

わが県の大河の支流を遡ると毎年イカルの大群がやって来る。
その中にコイカルが混じっている。
みんなコイカルを追いかけているが、私はイカルを綺麗に撮りたいと毎年思う。
大群の中の一羽となると、どうしてもトリミングして絵が大きくなる。
それより少し引いて背景を選びたい。


漢字名:小桑鳲(コソウシ)、小鵤
英 名:Chinese Grosbeak
科 属:スズメ目/アトリ科
全 長:L19cm
時 期:旅鳥または冬鳥。年によりごく少数が繁殖している。
環 境:平地から山地の林。

命名の由来:鳴き声の「キーコーキー」を「イーカールー」と聴いてイカル。
      よく混同される「斑鳩(いかるが)」はハト類のこと。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_17184271.gif



その2

d0290240_17185172.gif



その3

d0290240_17185939.gif



その4

d0290240_17190779.gif



その5

d0290240_17191663.gif



その6

d0290240_17192536.gif



その7

d0290240_17201296.gif



その8

d0290240_17202428.gif



その9

d0290240_17203781.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日の一言】

リフレッシュ休暇中




by ichibannori | 2017-02-15 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< コハクチョウは清き流れにて  Ⅲ      あの青い鳥なんです Ⅲ >>