2017年 02月 08日

美しき湿原にミコアイサがよく似合う Ⅴ

漢字名:巫女秋沙 他に神子秋沙
英 名:Mergus albellus
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L42cm
時 期:冬鳥。
環 境:湖沼、池、河川など。河口や入り江などにも入る。


命名の由来:「秋沙」は日本で生まれた名。秋は季節、沙は「去る」
「間」などの説があるが本当の語源はわからない。
ミコアイサとは成鳥雄の羽衣の特徴を「白い衣を着て、
目の回りに黒い入れ墨をした巫女」に見立てて命名。
(再掲載×4)
山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1

d0290240_19285524.gif



その2

d0290240_19290244.gif



その3

d0290240_19291020.gif



その4

d0290240_19292027.gif



その5

d0290240_19292958.gif



その6

d0290240_19293736.gif



その7

d0290240_19300811.gif



その8

d0290240_19301786.gif



その9

d0290240_19302777.gif



上記の写真は在庫品です。




【今日のトピックス】


逆光のフィールドでは悪戦苦闘しているので今日も鳥撮りは休む。最近近くの湖沼に白鳥が飛来しているが、やはりいつもの川に限る。


まだPcが戻らずモニターの色合わせに悪戦苦闘しているため、
鳥撮りには気が向かず外を見ている。


d0290240_07223899.gif



d0290240_07224946.gif


d0290240_07225938.gif


d0290240_07230867.gif






by ichibannori | 2017-02-08 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 川の落差は滝に成るんです      ノスリ Ⅹ >>