2017年 01月 31日

ホオジロガモ Ⅰ

県北の大河に冬鳥としてやって来る、ホオジロガモ
楽しいしぐさ、荒川静香さんの「イナバウアー」にちなんで「イナバウアー鴨」とか。
かつては白鳥飛来地であった。しかし少し上流を見れば山を背景に数多くの白鳥も見られる。


漢字名:頬白鴨
英 名:Common Goldeneye
科 属:カモ目/カモ科
全 長:L45cm
時 期:冬鳥
環 境:内湾、港、河口、湖沼、池、河川など。

命名の由来:雄の頬が白いから「頬白鴨」。

山と渓谷社刊 「新刊 日本の野鳥」、「野鳥の名前」より



その1


d0290240_20274617.gif




その2

d0290240_20275802.gif




その3

d0290240_20280879.gif




その4

d0290240_20281767.gif




その5

d0290240_20283441.gif




その6

d0290240_20284373.gif




その7

d0290240_20291878.gif




その8

d0290240_20292781.gif




その9

d0290240_20293928.gif




上記の写真は在庫品です。




【今日は写真の整理】

小鳥の苦手な風の強い日、カモ達も風のないところに避難。
そんな日は撮り貯めた絵の整理に勤しむ。


あっという間の一月が過ぎようとしている、一月三日人生初めて救急車に乗る、
車の中は電子機器の多さに驚いた、救急隊のみなさんに感謝。

d0290240_07032330.gif



d0290240_07033886.gif



d0290240_07035244.gif



d0290240_07040347.gif



d0290240_07042185.gif





by ichibannori | 2017-01-31 12:00 | 野鳥 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< ベニマシコ Ⅵ      ホバリングはいつも旬です >>